調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ESPフォーキャスト

「ESPフォーキャスト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ESPフォーキャスト2015年6月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ前月調査並みだった。現在の景気拡大はさらに長続きする様相を呈している。その中で、景気に変調を来たすリスクとなる要因を尋ねたところ、2カ月前と同様に「中国景気の悪化」と「円高」が最も多かった。しかし

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

ESPフォーキャスト2015年2月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

ESPフォーキャスト2015年1月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)NEW!詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ前月調査並

ESPフォーキャスト2014年12月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)NEW!詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ前月調査並

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対する寄与度を高め

ESPフォーキャスト2014年10月調査

ESPフォーキャスト調査1〜3月期は年率1.71%成長見込む−「完全雇用」は失業率2.7%−■2017年5月調査を公表しました(2017年5月15日)民間エコノミストが見込む1〜3月期国内総生産(GDP)の伸びは年率1.71%となった。世界経済の復調を受けて輸出が伸び、2017年度の実質成長率予測も1.4%と、7カ月続けて上方修正された。雇用逼迫が強まり、日本経済は「完全雇用」に達している可能性もある。完全雇用に相当する失業率を聞いたところ、最も多かったのは「2%台後半」で、全フォーキャスターの

市場の潮の流れの変化に注目

わたしの意見 ― 水野 創市場の潮の流れの変化に注目(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 1ドル108円台、日経平均16千円台、米国発で市場が動いている(18日11時現在)。管理相場とはいえ、米国長期金利に連動し極端に低かった長期金利も底を打っている。昨年1年、踊り場なく円高修正、株高が続き、輸出採算改善、資産効果を通じてアベノミクス効果を浸透・実感させたが、年初の期待に反し、1月以来横ばい状態が続き、好循環に向けた推進

ESPフォーキャスト2014年9月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)NEW!詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ前月調査並

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)NEW!詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ前月調査並

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2014年1月) ~13年度成長率予想は下方修正も、シナリオには変化無し~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:ESPフォーキャスト調査(2014年1月)発表日:2014年1月15日(水)~13年度成長率予想は下方修正も、シナリオには変化無し~第一生命経済研究所担当経済調査部エコノミスト高橋 大輝TEL:03-5221-45243.53.02.5実質GDP予測(前期比年率、1月調査、%)実質GDP予測値総平均の推移(前年比、%)7.05.02013年度3.02014年度2015年度1.02.0-1.01.5-3.0高位8機関平均1.0-5.

ESPフォーキャスト2013年11月調査

ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期成

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ