「ETF」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月9日投資信託協会フィードバック数:0大型消費/投資

投資信託に関するアンケート調査結果-2016年

2017年のトピックス「投資信託に関するアンケート調査結果-2016年」(NISA、iDeCo等制度に関する調査)の公表について投資信託協会では、毎年、投資信託に関するアンケート調査を実施しております。この度、「NISA、iDeCo等制度に関する調査」を2016年11月下旬から12月上旬にかけて全国の20~79歳の男女、20,000人を対象にインターネット調査を実施しました。 本調査では、NISA、iDeCo等の制度に関する項目の他、J-REIT及びETFの浸透状況や今後の購入意向などについても

2016年12月28日投資信託協会★フィードバック数:0大型消費/投資

投資信託に関するアンケート調査結果-2016年

2016年のトピックス「投資信託に関するアンケート調査結果-2016年」の公表について投資信託協会では、毎年、投資信託に関するアンケート調査を実施しております。本年は9月中旬から下旬にかけて全国20,000人に対しアンケート調査を実施しました。 今回、初のインターネット調査となっております。詳しくは、下記リンクからご覧ください。投資信託に関するアンケート調査報告書-2016年(平成28年)NISA、iDeCo等の制度に関する項目の他、J-REIT及びETFの浸透状況や今後の購入意向などについての

2016年9月21日GMOクリック証券フィードバック数:0大型消費/投資

2016年8月CFD売買代金ランキング

プレスリリースGMOクリック証券2016年8月CFD売買代金ランキングを発表 GMO インターネットグループのGMO クリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、2016 年8 月の当社CFD 売買代金ランキングを発表いたします。総合ランキングでは、「日本225」が21カ月連続首位となり、「原油」、「米国30」が続きました。ETF・ETNランキングでは、「米国VIブル2倍ETF」が首位となり、外国株ランキングでは、中国で人気のスマートフォン向け対話型アプ

2016年5月17日GMOクリック証券フィードバック数:0社会/政治

2016年4月CFD売買代金ランキング

プレスリリースGMOクリック証券2016年4月CFD売買代金ランキングを発表 GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、2016年4月の当社CFD売買代金ランキングを発表いたします。3月14日より、米国株式市場上場のETF(上場投資信託)及びETN(指標連動証券)を原資産とするCFDの取り扱いを開始し、「VIXレバ2倍ETF」や「米国30レバ3倍ETF」、「原油レバ3倍ETN」の取引が活況となりました。 総合ランキン

2015年5月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀のETF購入は日本株の下支え、ETFも拡大だ

日銀のETF購入は日本株の下支え、ETFも拡大だ

2015年5月1日日本取引所グループフィードバック数:0大型消費/投資

2015年4月の売買状況

ツイート4月の日本取引所グループの現物市場とデリバティブ市場における売買状況(概算)をお知らせいたします。2015年4月の東証市場第一部の1日平均売買代金は、2兆8,355億円となり、7か月連続で2兆5,000億円を超えた。2015年4月のETF市場の売買代金は、5兆1,867億円となり、先月に引き続き5兆円を超えた。原油価格の変動を受けて、原油関連のETF・ETN5銘柄(1671,1690,1699,2038,2039)の売買代金は985億円と高水準で推移した。 2015年4月のデリバティブ合

ETF受益者情報調査結果(2015年1月)

ETF受益者情報調査結果(2015年1月)

2015年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀のETF購入と株式市場~日本株の下支え効果の検証と内包するリスク~

みずほインサイトマーケット2015 年 4 月 23 日日銀のETF購入と株式市場市場調査部エコノミスト日本株の下支え効果の検証と内包するリスク03-3591-1420大塚理恵子rieko.otsuka@mizuho-ri.co.jp○ 市場に日銀の追加緩和期待が燻るが、国債の買入れの持続可能性が議論される中でETF購入の強化が日銀の更なる追加緩和策として有力視されつつある。○ 日銀は、昨年の追加緩和以降にETF購入の頻度・金額とも増加させており、株価下落局面で一定の下支え効果を発揮している。日

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

追加緩和決定、日銀の奇襲攻撃 ~長期国債の保有残高を年間30兆円増加させる方針~

BOJ Watching日本銀行分析レポート追加緩和決定、日銀の奇襲攻撃発表日:2014年10月31日(金)~長期国債の保有残高を年間30兆円増加させる方針~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)意外なタイミングで日銀が追加緩和に打って出た。消費者物価の伸び率が 10 月以降に 1%を割りそうなときに、それを容認しないというメッセージを送る格好で、追加緩和を打ったのである。これは、期待インフレ率を高める効果を持つ。日銀の追加緩和は、政府が 12 月に消費税増

拡大された日銀の「量的・質的金融緩和」

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月31日日銀は10月31日の金融政策決定会合で、物価の下押し圧力が残り、これまで着実に進んできたデフレ心理からの脱却が遅延するリスクがあるとして、その顕在化を未然に防ぐべく、「量的・質的金融緩和」の拡大を決定しました。市場では、政策の現状維持が有力視されていたことから、予想外と受けとめられ、株価が急上昇したほか、為替が大きく円安に振れ、日経平均株価は前日比4.8%高の16,413円、円相場は1米ドル=111円台となりました。今

日銀がサプライズの追加金融緩和

日銀がサプライズの追加金融緩和2014年10月31日<日銀が追加金融緩和>日銀は、10月31日の政策委員会・金融政策決定会合において、以下の通り量的・質的金融緩和の拡大を決定しました。賛成5:反対4という僅差での決定でした。(1)マネタリーベース増加額の拡大マネタリーベースが、年間約60~70兆円→80兆円(約10~20兆円追加)に相当するペースで増加するよう金融市場調整を行う。(2)資産買入れ額の拡大および長期国債買入れの平均残存年限の長期化①長期国債について、保有残高が年間約50兆円→約80

市場の動向から注目集まる“金”

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月13日金価格は2012年10月以降、主要な金の需要国であるインドや中国の景気低迷などによる金需要の縮小懸念を受け、軟調な展開となっていました。2013年の中国の金輸入が過去最高水準となるなど、実需面では金の需要増がみられましたが、先行きへの思惑で取引される先物市場やETF(上場投信)市場を通じた金売りが、金価格に悪影響を及ぼしたとみられます。加えて、米国景気の回復傾向を背景に米ドルへの信認が回復したことで、金よりも米国債が選好

日銀、言葉なきメッセージ

日銀、言葉なきメッセージ | ニッセイ基礎研究所 日銀、言葉なきメッセージ 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月31日、日本銀行は金融政策決定会合で「金融政策の維持」を決定した。市場にはETF(上場投資信託)の買入増額を期待する声もあるが、会合後の記者会見でも黒田総裁からそのような

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

GlobalMarket Outlook ETF・REITは10月に躊躇なく調整へ

GlobalMarket Outlook ETF・REITは10月に躊躇なく調整へ

2013年4月15日大和総研フィードバック数:4社会/政治

大株主になりつつある公的機関

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本銀行(以下、日銀)は2013年4月の金融政策決定会合においてETFの買入れ拡大を決定した。保有残高を年間約1兆円に相当するペースで増加するよう買入れを行うことで、2012年末には約1.5兆円であった保有残高は、2014年末までに約3.5兆円になる見込みである。金融政策とは別に、日銀は過去に買入れた国内株式を約1.2兆円(2012年9月末簿価)保有している(図表参照)。金融政策の一環として行われるE

2013年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 気が早いが「次の一手」は? それはETFだろう

Global Market Outlook 気が早いが「次の一手」は? それはETFだろう

2009年1月14日楽天証券★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天証券による個人投資家の意識調査です。

楽天証券 楽天DI 新春特大アンケート

楽天グループのインターネット証券「楽天証券」で投資家になろう! はじめに新年明けましておめでとうございます。個人投資家の市場見通しを分析する本年最初の「個人投資家サーベイ楽天DI」は、年末にご協力をいただきました「新春特大アンケート」の集計結果も含めてのご案内です。年末の慌しい時にも関わらず1,736名ものお客様にご協力をいただけましたことを、楽天DI関係者一同になり替わりまして、心より御礼申し上げます。また今年も更なる内容充実を目指して工夫・改良を重ねてまいる所存ですので、引き続き温かいご支

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ