「Endpoint」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年12月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

65% の企業が IT セキュリティ教育に社内リソースを使用

本リリースは、2013年 9 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。今春、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した2013 Global Corporate IT Security Risks surveyにより、多くの企業が IT セキュリティに関する従業員教育を行う際に、外部の IT コンサルタントや IT セキュリティに関するプロへの業務委託を行うのではなく、自社内の IT 部

2013年7月31日カスペルスキーフィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

52%の企業が不注意な従業員を機密データ保護への脅威とみなす

~不注意な従業員によって、企業は機密情報を守るための特別なポリシーの策定を迫られている~本リリースは、2013年 6 月 12 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。2013 年 2 月に、調査会社の IDC が世界中の大手企業を対象に実施した Worldwide Security Products の調査で、半数を超える企業が、企業の機密データにとって従業員の不注意さがセキュリティ上の脅威となっていると回答しました。それらの企業は、この問題を 2013 年の優先事項と認

2013年6月17日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

脅威に対して本当に効果的な技術を採用している企業は5社中2社にとどまる

本リリースは、2013年 3 月 20 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。不要な通信やマルウェアに対する保護対策の必要性は今やほとんどの企業で認識されています。Kaspersky Lab とビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が 共同で実施した調査では、世界の 82% の企業がマルウェア対策製品を導入し、80% がスパム対策技術を使用しているとの結果が出ています。しかし、情報を盗むサイバー犯罪者たちのテクニックがますます高度に

2012年度版Webセキュリティレポート

サイバー防御を統合し、 今日だけでなく将来にわたって高度な脅威を阻止 世界最先端のエンドポイント保護ソリューションが登場。 ウェビナーNext Generation Endpoint: Hype or Hope?(次世代の Endpoint: 幻想か希望か) 現在最もよく見られる高度な脅威は、標的型攻撃とゼロデイ脆弱性の 2 つです。攻撃はさまざまな方法で環境に潜り込もうとしています。エンドポイントセキュリティソリューションによって、攻撃チェーンのあらゆるポイントで脅威を検出して阻止

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ