「FCV」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』燃料電池車(FCV)の認知が大幅上昇。すべての次世代車に対する購入意向が高まる デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本の消費者における「電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識調査」を実施、動向を分析したものを発表する。なお、本調査は2010年以降、毎年継続して実施している。 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社マーケティング&コミュニケーション高橋 祐太、和崎 麻由奈03-5220-8600

2015年3月28日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州経済産業局のレポートです。

九州地域における次世代自動車関連部素材の市場動向及び参入可能性調査

平成26年度有効競争レビュー「九州地域における次世代自動車関連部素材の市場動向及び参入可能性調査」  九州地域は、150 万台超の生産能力を有する国内有数の自動車生産拠点であり、自動車産業は、九州地域の経済を支えるリーディング産業となっています。 我が国の自動車産業を取り巻く環境が大きく変化する中、引き続き自動車産業が九州経済のけん引役であり続けるためには、地域のサプライヤーを含めた自動車産業の一層の基盤強化を図り、グローバルな競争力を強化することが重要です。 また、平成26年には燃料電池自動車

2015年2月8日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

今後の成長が見込まれる水素関連産業

浜銀総研News Release2015年2月6日今後の成長が見込まれる水素関連産業―業容拡大を図る県内企業もみられ始めた ―------------------------------ 要 旨 -----------------------------○国は、化石資源への依存度低減などを目的に水素社会の実現を目指している。現状の国内における水素供給体制には課題があるが、課題解決を進めることで水素の利用が本格的に拡大していくとみられる。そのため、水素の利用拡大に伴って、水素関連産業も大きく成長し

2015年1月9日国際環境経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会を拓くエネルギー・キャリア(7)「水素社会」へのシナリオとエネルギー・キャリアの開発、利用目標

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える水素社会を拓くエネルギー・キャリア(7)「水素社会」へのシナリオとエネルギー・キャリアの開発、利用目標 前回に記した「水素社会」へのシナリオをまとめると【図1】のようになる。これは、シナリオの絵姿を示したという程度のもので、グラフの示す数値関係はきわめてラフなものと理解していただきたい。後述するように、このシナリオを左右する大きな変動要因もある。ラフな絵姿を表す別の方法としては、それを加味したシナリオの幅や複数の絵姿を示すというやり方もあるのか

トーマツの調査です。

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査 デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡)は日本の消費者における電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識調査を実施、その動向を分析した。 2014年11月25日 EVに対する認知度・購入意向は、いずれも2年連続で伸びず・ EV認知度:2年連続で伸びず(2012年87.2%⇒2013年85.0%⇒2014年82.6%)・ EV購入意向:認知度に連動、伸びず(2012年17.9%⇒20

市場データです。

日本の燃料電池自動車の販売台数予測

日本の燃料電池自動車の販売台数予測2020年に年間約5万台、経済波及効果は約8千億円 日本におけるFCV市場は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年前後に本格化。 ただし本格化に向けては、水素社会関連ステークホルダーによるチャレンジが不可欠。 2030年までの燃料電池自動車普及台数・経済波及効果2014年11月17日デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(以下DTC、本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡)は、燃料電池自動車(以下、FCV)について、日本に

2014年11月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第8回 水素サプライチェーン、実証から実装へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し 水素社会の兆し 第8回水素サプライチェーン、実証から実装へ ◆水素のように関連する産業の裾野が広い場合には、要素技術を組み合わせた実物大レベルでの実証試験が不可欠となる。日本は水素・燃料電池に係る社会実証を30年以上にわたって積み重ね、着実に技術やノウハウを蓄積してきており、実証から実装へとフェーズが移行する時期となっている。◆水素の需給を見ると、水

NEDOのレポートです。

NEDO水素エネルギー白書

NEDO水素エネルギー白書情報を更新しました書籍版の案内を追加しました。また、PDF版を一部修正し、差し替えました。主な更新箇所・FCVの国内一般販売開始に関する情報を反映しました(全体)。・図表の体裁を統一しました(全体)。・主な自治体の取り組み情報を更新しました(2-2-5)。・フランスの取り組みを新たに追加しました(3-1-5)。 NEDOは、将来の水素社会の実現に向け、水素エネルギーに関する社会の理解を一層深める観点から、「NEDO 水素エネルギー白書」を取りまとめました。白書では

2014年7月7日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第4回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し ◆水素エネルギーの利用に関する取組みは継続して進められてきており、国による主要な事業費用の合計は2003~2013年度で3,000億円以上に及ぶ。水素の需要・供給それぞれの技術にある程度の目途が立ち、水素社会の実現に向けて動き出そうとしている。◆電気自動車は、車両購入に対する国の助成や、充電インフラ整備に対する官民それぞれの補助によって市場環境が整い

2013年12月26日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素エネルギーの活用に向けた日本の取組みと将来展望

技術動向レポート 水素エネルギーの活用に向けた日本の取組みと将来展望(1/2) 環境エネルギー第2部 エネルギーチーム チーフコンサルタント 齋藤 文 今後、身近に利用できるようになる新しいエネルギー「水素」について、水素利用の意義や日本の取組み、将来の水素エネルギーの利用について、現時点での展望をまとめた。 はじめに 最近「水素」という言葉を耳にする機会が増えてきた。「水素」といえば「理科の実験」というイメージがあるという人も多いのではないだろうか。水の電気分解で陰極(マイナス極)に発生する、

2013年10月23日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界全体の水素インフラの市場規模予測

2013年10月21日日経BPクリーンテック研究所・市場予測全世界の水素インフラ市場規模は2050年に約160兆円2030年以降は燃料電池自動車が急速に普及  日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は2013年10月21日、世界全体の水素インフラの市場規模予測を発表しました。世界の70カ所の水素インフラ・プロジェクトの調査や各国政府のエネルギー政策などの情報を元に算出したところ、全世界の水素インフラ市場は、2050年に約160兆円に達することが分かりました。水素インフラとは、燃料電池自動車(F

2013年3月14日経済産業研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望柴田 恒雄 (トーコ代表(前 パナソニック燃料電池事業化プロジェクトリーダー)) 安藤 晴彦 (RIETIコンサルティングフェロー/一橋大学特任教授・資源エネルギープロジェクトディレクター) 地球温暖化とともにエネルギー問題が我が国の最重要課題となる中で、家庭で発電と給湯ができる家庭用燃料電池「エネファーム」に世界の注目が集まっている。水素を活用する燃料電池は、炭素のサイクルから脱する「水素社会」構築のカギを握る最重要技術であり、次世代自動

あなたが欲しい近未来車は?

2011年12月15日あなたが欲しい近未来車は?~ 東京モーターショー2011を振り返る ~東京モーターショーの開催にあわせて、出展されているコンセプトカーの評判を一般生活者にアンケート調査した。それぞれの傾向を見ていくと、クルマ+αの価値が明確となる結果となった。■調査概要調査期間 2011年12月9日~2011年12月14日 対象 18歳~69歳男女1,300人調査協力 株式会社マーシュ調査方法 インターネットによるWebアンケートガリバー自動車研究所 所長のワンポイント2009年の前回を上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ