「FED」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第185回日本経済予測(改訂版)「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~ :2015年1-3月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+2.0%(前回:同+1.7%)、2016年度が同+1.9%(同:同+1.8%)である。今後の日本経済は、①アベノミクスによる好循環が継続すること、②米国向け

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第185回日本経済予測「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~ :2015年1-3月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+1.7%(前回:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である。今後の日本経済は、①アベノミクスによる好循環が継続すること、②米国向けを中心に輸

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?「FED vs. ECB」の軍配はどちらに? ◆7年10ヶ月振りの円安が日本経済に与える影響は?:為替市場で円安が加速している。5月26日の外国為替市場において、円相場は対ドルで7年10ヶ月ぶりの安値をつけた。本稿では、最初に大和総研のマクロモデルを用いて、「円安はわが国のマクロ経済にとってプラスであるが、格差拡大をもたらす」ことを指摘し

2015年5月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」からの正常化とは何を意味するのか-日銀の逆ザヤを財政資金で補填できなければ八方ふさがりに

﹁量的・質的金融緩和﹂︵QQE︶を実施して1年半が経過した2014年 月、日本銀行は物価上昇率2%の達成が困難となるなか、 追加緩和に踏みきった。 他方 、 ア メ リ カ の 連 邦 準 備 制 度 ︵F e d︶ は 同 じ 月 を も っ て、 イ ン グ ラ ン ド 銀 行︵ B O E ︶ は 年 末 を も っ て、 い ず れ も 大 規 模 な 資 産 買 入 れ ︵ L S A P ︶ を す でに 停 止 し て い る。 本 稿 で は、 L S A P か ら の ﹁正

2015年3月31日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

GlobalMarket Outlook 強い雇用統計・(忍耐)強くないFED

GlobalMarket Outlook 強い雇用統計・(忍耐)強くないFED

2015年2月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Financial Trends 追加緩和ある?なし?いつ? Q&A

Financial Trends追加緩和ある?なし?いつ?Q&A2015年2月18日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523Q:追加緩和の有無についてコンセンサスは?A:ブルームバーグが実施した調査(調査期間:2/5-10日)によると3/4程度のエコノミストが追加緩和を予想している。タイミングは展望レポートの発表及び評価が予定されている4月、7月、10月に集中。一方、追加緩和なしの予想も1/4程度とそれなりに存在する。日銀はいつ追加緩和に踏み切るか?35 調

2015年2月11日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

今後10年の世界経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年の世界経済日本経済中期予測(2015年2月)1章 ◆今後10年間(2015~24年)の世界経済の平均成長率は3.3%と予測する。◆米国経済は今後10年間で平均2.4%と見込む一方、欧州経済は1.3%にとどまる。◆Fedは2015年Q4から利上げを開始し、引き締めペースは従来よりも緩やかになろう。ただ、日欧の金融緩和が継続している状況下、Fedの政策変更がもたらす影響は増幅される可能性がある。

2014年12月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

2014年10月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook FEDが利上げするのをよそにQQEがまだまだ続く

GlobalMarket Outlook FEDが利上げするのをよそにQQEがまだまだ続く

2014年8月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 終わりそうで終わらない

Global Market Outlook終わりそうで終わらない2014年8月26日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15572.4217,076.879,510.14前日比-40.8375.65170.974,342.1189.31104.04 円1.3188

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

今後10年の日本経済を読む10の勘所

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年の日本経済を読む10の勘所日本経済中期予測(2014年8月)1章 ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年の日本の経済成長率は平均で実質1.5%、名目2.3%と予想する。前後半に分けると、消費増税の影響で個人消費が下押しされる前半の実質1.3%成長から後半は1.6%成長に加速しよう。◆労働需給のタイト化は賃金の伸びを支えるだろうが、国際競争の進展で構造的に賃金上昇が抑制さ

2014年4月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ドル高シナリオ再確認 USD/JPYは115に向けて離陸

Financial Trendsドル高シナリオ再確認USD/JPYは115に向けて離陸2014年4月9日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-45233月雇用統計の注目点は寒波からのリバウンドという、わかりきった雇用の「量」の回復ではない。労働参加率が3ヶ月連続で上昇したことに加え、就業率が2009年8月の水準まで回復するなど労働市場の質的改善を示唆するデータが得られたことだ。民間雇用者数がリーマンショック前の水準を凌駕したことからも示唆されるように、リセッション

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook FED内部は荒れ模様だが、そもそも利上げ観測が萎んでいる

Global Market Outlook FED内部は荒れ模様だが、そもそも利上げ観測が萎んでいる

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook FEDは粛々と

Global Market Outlook FEDは粛々と

米国経済(月次)予測(2013年12月)<Fed’s economists have already painted themselves into a corner>

米国経済(月次)予測(2013年12月)<Fed’s economists have already painted themselves into a corner>2014-01-06 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年1月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook BOJ>ECB>FED:JPY<EUR<USD

Global Market Outlook BOJ>ECB>FED:JPY<EUR<USD

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 「お言葉に甘えて」 FEDが「ハト」なら安心して円ショート構築

Global Market Outlook 「お言葉に甘えて」 FEDが「ハト」なら安心して円ショート構築

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook データ重視姿勢を貫くFED

Global Market Outlook データ重視姿勢を貫くFED

2013年9月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 結局、リスク性資産に心地良い風が吹く

Global Market Outlook結局、リスク性資産に心地良い風が吹く2013年9月24日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:26 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン(円)終値14732.611214.8715,401.388,635.296,557.374,172.082,

2013年8月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 「今後のデータ次第」から「今後のマーケット次第」へ

Global Market Outlook「今後のデータ次第」から「今後のマーケット次第」へ2013年8月29日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン終値13459.711116.5114,824.518,157.906,430.063,960.462,098.51

2013年8月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook FED泣かせの雇用統計

GlobalMarket Outlook FED泣かせの雇用統計

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 黒田総裁は「躊躇なく調整する」と言っている。バーナンキ議長は「縮小もありうる」と言っている。

Global Market Outlook黒田総裁は「躊躇なく調整する」と言っている。バーナンキ議長は「縮小もありうる」と言っている。2013年6月27日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:11 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値13213.551098

2013年6月21日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

FEDはデフレファイターでもある

FEDはデフレファイターでもある

2013年5月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討4月30日~5月1日開催のFOMC議事録とバーナンキ議長の議会証言 ◆4月30日~5月1日開催のFOMCでは金融政策が維持された。当該FOMCの議事録が公表され、Fedメンバーにおいて次回6月のFOMCから資産買い入れ規模の縮小・停止を求める声も一部でみられた。◆足下で警戒感は弱いものの、ディスインフレ傾向が鮮明になっている。さらにインフレ率の伸びが鈍化すれば、労働

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ