「FOMC参加者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けた環境作りが進む

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げに向けた環境作りが進む政策金利の見通しは下方修正 2015年3月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年3月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を削除し、6月以降の利上げ開始の環境を整えた。利上げは経済情勢次第ということになる。◆声明文における

2014年12月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 慎重に声明文を変更

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 慎重に声明文を変更最初の利上げと同時に2回目以降の利上げも主要テーマか 2014年12月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆12月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文を、金融政策の正常化を開始するまで「忍耐強く」なれる、という表現に変更したが、過去の声明文を引用する形で「相当な期間継続する」との文言も残した。◆

2014年9月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年9月号:米金融政策の正常化を意識し始めたドル円相場、欧米の景気・金融政策格差を反映するユーロ相場

為替相場展望2014年9月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆米金融政策の正常化を意識し始めたドル円相場・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆欧米の景気・金融政策格差を反映するユーロ相場・・・・・・・・・・・・・・・・・p.4◆ドル円、ユーロ相場の見通し・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年8月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の長期金利低下の「謎」を探る

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 8 月 25 日No.2014-028米国の長期金利低下の「謎」を探る調査部 研究員 井上 肇《要 点》 今年に入り、米国の長期金利が低下した理由の一つとして、FRB の超低金利政策の長期化観測、より具体的には、①昨年に比べて早期利上げ観測が抑制されたこと、②市場参加者が利上げペースは緩やかとの見方を強めたこと、を指摘できる。もっとも、2015 年中の利上げが見込まれるなかで、FRB の超低金利政策の長期化観測に

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ続くQE3縮小の完了と同時期に政策の先行きが見通せるか ◆6月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月あたり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に完了するだろう。◆経済の現状判断は労働市場の改善などを背景に上方修正さ

2014年4月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

失業率に限界、米国利上げは2016年の可能性も

リサーチ TODAY2014 年 4 月 25 日失業率に限界、米国利上げは2016年の可能性も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創FRBは今年3月のFOMCで金利政策に関するフォワードガイダンスから閾値を撤廃し、幅広い経済指標に注目しながら定性的判断に基づいて金利政策を運営する方針に切り替えた。米国の労働市場は失業率という従来の指標では捉えきれない幅広い課題を抱えている。そこで、みずほ総合研究所は、特に注目される3つの特殊失業問題に焦点をあて、米国の利上げに関する見通しを発表している1。

2014年4月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook お心遣いありがとうございます?

Global Market Outlookお心遣いありがとうございます?2014年4月10日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:50 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金(円)終値14300.1216,437.189,506.356,635.614,442.68前日比0.43181.0415

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3の月額550億ドルへの縮小とフォワードガイダンスの変更を決定(14年3月18、19日FOMC) ~FOMC参加者の金利予想が不安要因に~

米国 QE3の月額550億ドルへの縮小とフォワードガイダンスの変更を決定(14年3月18、19日FOMC) ~FOMC参加者の金利予想が不安要因に~

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:不透明感低下した米国の金融政策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:不透明感低下した米国の金融政策資産買い入れ規模(QE3)の縮小開始が決まる ◆12月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3の資産買い入れ規模を、2014年1月から縮小することが決定された。月あたりの購入額が100億ドル減額される。背景は、財政の逆風にもかかわらず、雇用環境や個人消費などの改善が続いたことだと考えられる。◆声明文の現状認識に大きな変更はなく、若

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3の次をどうするのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:QE3の次をどうするのか フォワードガイダンスに変更なく、将来の利上げペースは緩やかに ◆9月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で政策変更はなかった。市場では今回でのQE3(量的緩和第3弾)縮小開始決定が織り込まれつつあったため、やや意外感のある決定であったと言えよう。◆FOMC参加者の経済見通しでは、2013年、14年の実質GDP成長率が下方修正された。また、

2013年9月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

9月FOMCのガイドブック~QE3の行方以上に「2016年ショック」に注意~

みずほインサイト米 州2013 年 9 月 13 日9 月 FOMC のガイドブック市場調査部シニアエコノミストQE3 の行方以上に「2016 年ショック」に注意03-3591-1219小野亮makoto.ono@mizuho-ri.co.jp○ 9月FOMCはQE3の縮小を始めるだろう。ただQE3への依存が強いMBS市場に配慮し、MBSの縮小幅は小さいだろう。なお、シリア情勢を理由に縮小を先送りする可能性もある。○ 金利ガイダンスの変更もあり得るが「閾値は不変」(2012年12月会合後のバーナ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ