「FOMC議事録」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 反動増は起きているが

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 反動増は起きているが悪天候などの一時的要因からの回復はまちまち 2015年5月22日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、想定通り、事実上のゼロ金利政策が維持された。声明文と同会合の議事録からは、FOMC参加者は、1-3月期の経済の軟調さを認め、先行きの不透明感が増したことを懸念している。◆FOMC議事録では、やや長期的

2015年5月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日銀は夏も乗り切る

Market Flash日銀は夏も乗り切る2015年5月21日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-4523【海外経済指標他】~6月利上げは事実上排除された~・4月FOMC議事録はタカ・ハト入り混じる内容で市場の反応も限られた。議事録では「多くのメンバーが6月利上げの可能性は低いと判断」とし、その理由として「第1四半期の弱さが続く可能性」、「中国経済やギリシャ情勢を懸念」との記載があった。一方で原油価格が反発に転じ、USD高も一服感がみられている

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 一時的要因剥落後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 一時的要因剥落後悪天候などからの下振れの反動増と海外経済動向を見極めへ 2015年4月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆利上げ開始時期は経済情勢次第となっているが、3月のFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録では、FOMC参加者間において、GDP見通し、インフレ見通しと利上げペースに関する意見が収斂していないことが明らかにされた。◆経済情勢は、一時的な

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 昨年の反省を生かしてUSD/JPY115予想を据え置く

Global Market Outlook昨年の反省を生かしてUSD/JPY年末予想115を据え置く2014年8月21日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15576.4716,979.139,314.576,755.484,240.79103.87 円1.324

2014年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

みずほインサイト米 州2014 年 4 月 17 日FRB が注視する米金融市場動向欧米調査部シニアエコノミスト議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念03-3591-1219小野亮makoto.ono@mizuho-ri.co.jp○ 3月FOMC議事録には金融安定性に関わる議論が掲載されている。債券市場、株式市場、商品市場、貸付市場にそれぞれ気がかりな動きがみられるという○ 債券市場ではクレジット・スプレッドが縮小、株式市場では超割高株の動向が注目される。商品市場については具体的言及が

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期7月30~31日開催のFOMC議事録 ◆7月30日~31日開催のFOMCでは現行の金融政策が維持され、当該FOMCの議事録が公表された。いわゆるQE3(量的緩和策第3弾)の年内縮小開始はほぼ確定的になったとみられるが、FOMCメンバー内で引き続き意見が分かれ、開始時期は明らかにはならなかった。◆2013年前半の経済情勢の評価は、労働市場の改善などが指摘されたが、

2013年5月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討4月30日~5月1日開催のFOMC議事録とバーナンキ議長の議会証言 ◆4月30日~5月1日開催のFOMCでは金融政策が維持された。当該FOMCの議事録が公表され、Fedメンバーにおいて次回6月のFOMCから資産買い入れ規模の縮小・停止を求める声も一部でみられた。◆足下で警戒感は弱いものの、ディスインフレ傾向が鮮明になっている。さらにインフレ率の伸びが鈍化すれば、労働

2013年4月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

QE3はいつ縮小・停止するか~3月FOMC議事録の検証と米金融政策の展望~

QE3はいつ縮小・停止するか~3月FOMC議事録の検証と米金融政策の展望~

2013年2月25日大和総研フィードバック数:1社会/政治

FOMC議事録を読む:QE3の効果とコスト

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC議事録を読む:QE3の効果とコスト労働市場のみならず資産買い入れの効果とコストも論点 2013年2月22日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆1月開催のFOMC議事録が公表され、資産買い入れペースの縮小が論じられ、タカ派的 内容とみなされたことから、株価は下落、ドルは上昇した。◆労働市場の改善見通しが得られる前に資産買い入れペースを縮小させる点が注目され た。FOMC

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ