「FRB」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBは生産性低下をどのように捉えているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FRBは生産性低下をどのように捉えているのか FRB(連邦準備制度理事会)が年内に利上げを実施する可能性が高くなったが、利上げペースは非常にゆっくりとしたものになるという見方が大勢のようだ。ただし、米国でインフレ圧力が増しているとされる根拠は、雇用の回復で労働市場のスラック(余剰資源)が減少していることだけでなく、潜在GDPの下方修正が続き、供給側の要因からGDPギャップが縮小していることによる。FO

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは年内利上げの見方を維持(15年6月16、17日FOMC) ~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正~

米国 FRBは年内利上げの見方を維持(15年6月16、17日FOMC) ~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正~

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の出口に向けた課題と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国金融政策の出口に向けた課題と展望『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和の第3弾であるQE3は、2014年10月に終了した。FRBは市場にショックを与えないよう、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文を徐々に修正し、利上げに向けた環境整備を進めている。米国の労働市場の改善は進み、残る賃金上昇などの課題はばらつきがあって、さらなる改善には

FRB利上げ時期予想で注目される「影の金利」~異次元緩和下の日本の「影の金利」を推計してみた

FRB利上げ時期予想で注目される「影の金利」~異次元緩和下の日本の「影の金利」を推計してみた | ニッセイ基礎研究所 FRB利上げ時期予想で注目される「影の金利」~異次元緩和下の日本の「影の金利」を推計してみた 大山 篤之2014/9/4のThe Wall Street Journal(日本版)に、『投資家は「影のFF金利」に注意すべき ~利上げ時期の手掛かりにも』といった記事が掲載された。そこには、(1)2008年12月以降ゼロ~0.25%に据え置いているオーバーナイト物フェデラルファンド(

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは | ニッセイ基礎研究所 米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FRBは15年中の政策金利の引上げを目指し、これまで段階的に金融緩和政策の解除を実施している。FRBは、「物価の安定」に加えて、金融政策目標に

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に加速5月8日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した。4月の非農業部門雇用者数は前月対比で+22.3万人の増加1(前月改定値:+8.5万人)となり、市場予想の+22.8万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)は僅

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは景気・雇用判断を下方修正も正常化の準備完了 ~正常化開始は市場コンセンサスの9月よりも遅れる可能性~

米国 FRBは景気・雇用判断を下方修正も正常化の準備完了 ~正常化開始は市場コンセンサスの9月よりも遅れる可能性~

2015年4月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

G20声明とドル高に不満な米国~もはや国際協調なくしてFRBの成功もなし~

G20声明とドル高に不満な米国~もはや国際協調なくしてFRBの成功もなし~

2015年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBは事実上の追加緩和だ

FRBは事実上の追加緩和だ

利上げを急いでいないことを示唆したFRB~利上げ開始後には過度の懸念の反動も~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月19日利上げを急いでいないことを示唆したFRB~利上げ開始後には過度の懸念の反動も~ 米FRB(連邦準備制度理事会)は18日、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文から利上げの開始を“忍耐強く”待つとの文言を削除するなど、早ければ6月の利上げに道を開きました。ただし、経済判断・見通しを下方修正したことなどから、市場ではFRBが利上げを急いでいないとの見方が強まり、株価が大きく上昇したほか、国債利回りが低下し、米ドルが売られる

2015年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 インフレ率低下も現時点でFRBのスタンスに変化はみられない(15年1月27、28日FOMC) ~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続~

米国 インフレ率低下も現時点でFRBのスタンスに変化はみられない(15年1月27、28日FOMC) ~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続~

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか | ニッセイ基礎研究所 米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩米国の中央銀行であるFRBは、金融政策における政策目標として、多くの中央銀行が掲げる「物価の安定」に加えて、「雇用の最大化」を明示していることに特徴がある。FRBは、労働市場における失業のうち、景気悪化に伴う労働需要の減少、すなわち「労働市場の緩み」が原因で生じ

FRBの金融政策正常化と米国の個人消費

○米連邦準備制度理事会(FRB)は2015年中頃にも金融危機後初となる利上げを行い、肥大化したバランスシートの縮小に着手する見通しである(金融政策の正常化)。本レポートは、個人消費の周辺環境の現状を整理することを通じて、FRBの金融政策正常化に伴う金融環境の変化が景気に与える影響を展望する。○雇用・所得情勢に注目すると、雇用が改善する一方で賃金上昇が滞っている。背景には、非正規雇用化が進み、低賃金産業に従事する人々が増えたことがある。こうした環境の下で所得格差も拡大しており、消費のすそ野を担う中

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標)

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) | ニッセイ基礎研究所 【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩FOMCの声明文(10月28-29日分)では、物価動向について3通りの表現がみられた。本稿ではFRBが重視していると思われる物価指標について解説を行っている。声明文では、物価指数、市場が織込む期待インフレ率、サーベイに基づく長期の期待インフレ率について言及があった。FRBは足元の物価動向に加え、金

2014年11月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月英国消費者物価 ~FRBさん、どうぞお先に~

欧州経済指標コメント:10月英国消費者物価 ~FRBさん、どうぞお先に~

2014年11月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 原油安とドル高と円安とユーロ安とFRBとBOJとECB

GlobalMarket Outlook 原油安とドル高と円安とユーロ安とFRBとBOJとECB

2014年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

追加緩和効果も米経済データ次第 ~ドル高効果にシンクロしてこそ威力を発揮~

BOJ Watching追加緩和効果も米経済データ次第~ドル高効果にシンクロしてこそ威力を発揮~日本銀行分析レポート 発表日:2014年11月5日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223) 日銀の追加緩和が華々しかったせいで、日本の要因だけで円安・株高が続くという錯覚が起こりがちだ。実際は、 米経済の動向を窺いながら、FRBがどのようなペースで利上げに移っていくのかがドル高・円安の鍵を握る。 2013 年 4 月の緩和も、当時のQE3発動とシンクロした効

2014年11月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

量的緩和後の世界 ~緩和マネーの肌感覚~

US Trends量的緩和後の世界発表日:2014年10月30日(木)~緩和マネーの肌感覚~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ FRBはQE3の終了を決定。金融危機後に6年余りも続いた緩和マネーの追加供給がいよいよスト ップする。FRBの米国債保有シェアは今や20%近くに達する。大幅な需給悪化は想定されないが、 利上げ開始が視野に入るに連れ、需給要因の変化も徐々に長期金利の上昇圧力として働き始めよう。 ◇ 量的緩和の終了後も当面はFRBのバラン

2014年10月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3終了を決定、利上げは経済情勢次第とのスタンス変わらず(14年10月28、29日FOMC) ~FRBは再投資の継続により利上げまで緩和的な金融環境を維持する方針~

米国 QE3終了を決定、利上げは経済情勢次第とのスタンス変わらず(14年10月28、29日FOMC) ~FRBは再投資の継続により利上げまで緩和的な金融環境を維持する方針~

2014年10月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

FRBの新たな労働指標 ~スラック把握のご参考にいかがですか?~

FRBの新たな労働指標 ~スラック把握のご参考にいかがですか?~

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBが懸念している住宅部門の回復は依然鈍い(14年8月住宅着工件数) ~人手不足が制約要因だが、販売の拡大を背景に緩やかな増加傾向を維持する見込み~

米国 FRBが懸念している住宅部門の回復は依然鈍い(14年8月住宅着工件数) ~人手不足が制約要因だが、販売の拡大を背景に緩やかな増加傾向を維持する見込み~

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

米国の2014年4-6月期GDPと金融政策

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月31日米国では30日、予想を上回る4-6月期GDP(速報値)が発表されたほか、FRB(連邦準備制度理事会)が物価に対する判断をやや引き上げたことなどが明らかになりました。これらを受け、同国での利上げ開始の前倒しの可能性が市場の一部で懸念されたことなどから、10年国債利回りが上昇した(2.46%→2.55%)ものの、株価は小動きとなりました(ニューヨーク・ダウ工業株30種:前日比▲0.19%、S&P500指数:+0.01%)。ま

2014年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:米国回復は後半戦へ、限られるFRBの政策余地

BTMU Focus USA Weekly:米国回復は後半戦へ、限られるFRBの政策余地

2014年7月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米株市場最高値とFRB、FedビューかBISビューか

米株市場最高値とFRB、FedビューかBISビューか

2014年7月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用は数量・質ともに前月より改善(14年6月雇用統計) ~FRBの政策スタンスの早期変更には繋がらず~

米国 雇用は数量・質ともに前月より改善(14年6月雇用統計) ~FRBの政策スタンスの早期変更には繋がらず~

2014年5月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

クレジット市場の過熱にFRBは注目

クレジット市場の過熱にFRBは注目

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが「出口」に向かうと何が起きるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 黒田東彦日銀総裁が「異次元金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和政策を導入してから1年余りが経過した。日銀の金融政策の効果などもあり、日本経済は徐々に明るさを取り戻してきた。筆者は、2014年4月の消費税増税の影響はあくまで一時的なものに留まり、日本経済の拡大傾向が続くとみている。今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想どおりQE3の月額450億ドルへの縮小を決定(14年4月29・30日FOMC) ~成長率下振れも年内にQE3終了とのFRB方針に変更なし~

米国 予想どおりQE3の月額450億ドルへの縮小を決定(14年4月29・30日FOMC) ~成長率下振れも年内にQE3終了とのFRB方針に変更なし~

【米金融政策】改めて出口戦略を考える

【米金融政策】改めて出口戦略を考える | ニッセイ基礎研究所 【米金融政策】改めて出口戦略を考える 研究員 高山 武士2014年1月から資産買入策における購入額削減が開始され、QE3の終了が近づいている。量的緩和からの出口については、2011年6月にFOMCで「出口戦略の原則」が合意されている。現在は、この原則の作成当時とは状況が異なるものの、基本的な考え方は変わっていない。出口戦略(金融政策の正常化)は、「償還分の再投資停止→準備預金の吸収→利上げ→保有資産の売却」と進められることが想定され

2014年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

実質ゼロ金利政策の解除に向けて~問われるFRBの「市場との対話」~

実質ゼロ金利政策の解除に向けて~問われるFRBの「市場との対話」~

2014年2月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:一時的景気減速で試されるFRB

BTMU Focus USA Weekly:一時的景気減速で試されるFRB

米国・欧州主要国の景気概況(2014年1月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く中でFRBはテーパリングに着手【トピック】 出口戦略の「入口」に立ったFRB【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかな景気持ち直しの中で進むユーロ高【トピック】 労働政策の「修正」を公約したドイツの大連立政権【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く一方で強まる家計の負債依存【英国の主要経済指標】【その他のトピック】 EUとの加盟交渉が遂に始まったセルビア

けいざい早わかり 2013年度第12号:2014年の世界経済

Q1.世界経済は先行きどのように推移しそうですか? Q2.米国の政策不透明感は大丈夫でしょうか? Q3.欧州の債務問題・金融不安は再燃しませんか? Q4.中国の経済改革は進みますか? Q5.FRBのテーパリングは新興国に悪影響を与えますか?

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 国内最終需要の加速で13年10-12月期は前期比年率+3%強の成長率に ~持続性への懸念からFRBは慎重なペースでテーパリングを実施する見込み~

米国 国内最終需要の加速で13年10-12月期は前期比年率+3%強の成長率に ~持続性への懸念からFRBは慎重なペースでテーパリングを実施する見込み~

2013年12月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

FRBからのX'masプレゼント~QE3縮小の成功は米景気のアクセラレーターに~

FRBからのX'masプレゼント~QE3縮小の成功は米景気のアクセラレーターに~

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年12月16日~) ~FRBマジックはあるのか?~

Weekly Market Report(2013年12月16日~) ~FRBマジックはあるのか?~

2013年12月2日Dow Jonesフィードバック数:0マーケティング

WSJ日本版が選んだ2013年注目ニュース

この記事を複製もしくはプリントアウトして使用する場合、その用途は個人的もしくは非営利、その他これに準ずる範囲内での使用に限られます。社内での利用、もしくは顧客への配布用として使用される場合は、必ずwww.djreprints.com (英語のみ)で事前に使用許諾を取得して下さい。 特集:WSJ日本版が選んだ2013年注目ニュース(1) (右上から時計回りに)The Wall Street Journal / EPA / AP / Reuters / AP / AFP/Getty Images 

けいざい早わかり 2013年度第9号:不透明な米国の財政・金融政策

Q1.米国の財政協議はなぜ難航したのでしょうか? Q2.FRBはいつQE3の縮小に着手するのでしょうか?Q3.米国経済の先行きにどのようなリスクがありますか?Q4.米国の動向は世界経済にどのような影響を与えますか?

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは月額850億ドルのQE3を継続(13年10月29・30日FOMC) ~景気の現状判断維持はFOMCの予想を下振れていることを示す~

米国 FRBは月額850億ドルのQE3を継続(13年10月29・30日FOMC) ~景気の現状判断維持はFOMCの予想を下振れていることを示す~

米国・欧州主要国の景気概況(2013年10月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く中でFRBはQE3縮小を見送る【トピック】 不透明感を高める米国の財政問題【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直すユーロ圏景気【トピック】 景気持ち直しの萌芽がみられるイタリアとスペイン【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 生産・消費の両面で緩やかな回復が続く【英国の主要経済指標】

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大 | ニッセイ基礎研究所 緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大 土肥原 晋4-6月期GDPは1.7%と予想は上回ったものの低水準に留まる。1-3月期は1.1%へと下方修正されるなど年初以降の増税・歳出削減の影響は否めず、緩慢な成長が続いた。経済指標では強弱が混在する状況が続いている。住宅関連指標と自動車販売は概ね堅調であるが、いずれも金利上昇の影響が大きく今後の動向が注目される。また、7月ISM指数が

コモディティ・レポート (2013年7・8月)

I.コモディティ市況全般:国際商品市況は一進一退コモディティ市況は、5月以降、一進一退が続いている。6月後半には、FRBの資産買い入れ額の縮小などの思惑から、コモディティ全般が売られた。その後、持ち直し傾向が7月前半まで続いたものの、後半には原油や農産物を中心に下落した。もっとも、今後、世界景気の回復基調が強まれば、資源需要の増加基調に目が向けられる局面になるとみられ、市況が上向きに推移するコモディティが多くなると思われる。II.エネルギー市況:ブレント原油は105~110ドルを中心に推移国際指

米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大

米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大 | ニッセイ基礎研究所 米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大 土肥原 晋米経済では、「財政の崖」合意に伴う増税(給与税減税と高所得層の所得減税の失効)、強制歳出削減が重石となる中、FRBの異例の緩和策が自律的な回復を下支えしている。雇用や住宅市場が回復の動きを強め、住宅価格の上昇も持続的なものとなっている。以前は個人消費に抑制的に作用していた雇用と住宅が、雇用者増による所得効果や住宅価格上昇に伴う資産効果等で、消費を強める方向へと転じている。F

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook FRBが再びデフレファイターへ?

GlobalMarket Outlook FRBが再びデフレファイターへ?

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治海外

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

2013年3月4日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

アメリカ:最近の物価動向

今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向ポイント2013年3月4日 FRBが物価の尺度として使用しているPCE(個人消費支出)デフレーター(総合指数)の前年同月比の値をみると、12年半ば以降上昇していたが、10月以降は伸び幅を縮小させている(図1)。為替レートや原油価格など物価に影響を及ぼすいくつかの項目を取り上げ、インフレ率低下の要因を探ることとする。 為替レートは、輸入物価を通じてPCEデフレーターに影響を及ぼすと考えられる。昨年10月以降、ドルの名目実効為替レートはおおむね横

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ