「FTA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月9日JETROフィードバック数:0社会/政治

EU韓国FTAの効果と今後の課題

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 ジェトロ・ウェブサイト

2015年6月2日JETROフィードバック数:0社会/政治

付加価値貿易分析 発展途上国への展開??原産地規則への応用可能性

付加価値貿易分析 発展途上国への展開——原産地規則への応用可能性 製品の原産地を特定するうえで、当該国で発生した付加価値がその製品にどれほど含まれているかを基準とする方法がある。 国際産業連関表を用いることにより、製品価額に対する各国の付加価値源泉比率を求めることができる。 この国際産業連関表は各国の公式統計をベースとして作成されるので、原産地規則の適用に対する極めて客観的な参照値を提供することができる。 付加価値貿易研究が始まって既に10年以上が経つ。しかし、これまではもっぱら概念

2015年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

再考:中韓FTAによる日本、台湾の対中輸出への影響をどうみるか

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2015年3月29日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【欧州】米EU間FTAが目指す規制協力

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【欧州】米EU間FT

2015年3月18日財務省フィードバック数:0社会/政治

平成26年度中国研究会

産業(過剰生産能力への対応・イノベーション)日本企業の戦略、シャドーバンキング問題、中国の対外経済政策上海自由貿易試験区の現況、中国のエネルギー政策の動向中国の対外資源戦略:日米中関係と対アフリカ関係中国の労働市場を巡る変化と産業構造の転換中国の社会経済構造の動きと日中協力の可能性政府と市場の関係−社会主義市場経済体制下の中国における政府機能の再構築中国経済が抱えるマクロ的リスクとそのコントロール手段[1]現代中国を見る眼〜巨龍をどう捉えるか [2]歴史的視野から見た現代中国の経済発展[1]中国

2015年1月23日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

JETROの調査です。

在欧州日系企業実態調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 「在欧州日系企業実態

2014年12月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

中韓FTAは日本、台湾の脅威か~日本、台湾の対中輸出への影響を考える~

中韓FTAは日本、台湾の脅威か~日本、台湾の対中輸出への影響を考える~

中国とのFTA締結への動きはオーストラリア経済の追い風に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月19日中国とのFTA締結への動きはオーストラリア経済の追い風に オーストラリアのアボット首相と中国の習近平国家主席は17日、自由貿易協定(FTA)締結に向けての覚書を交わしました。2005年に始まった両政府間の交渉が、約10年を経て合意に至り、アボット首相は会談後の声明において「歴史的協定だ」と強調しました。今回合意された枠組みが完全に実施されれば、4年後にはオーストラリアの中国向け輸出の95%で関税が撤廃されると見られて

事業環境ランキングで9年連続首位に輝くシンガポール

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月5日事業環境ランキングで9年連続首位に輝くシンガポール 世界銀行が10月29日に発表した、世界の事業環境に関する調査結果をまとめた年次報告書「ビジネス環境の現状(Doing Business)2015」の、起業や経営の環境が整備されているかを示すランキングにおいて、シンガポールが9年連続の首位となりました。同レポートでは、複数の項目に関して調査が行なわれ、シンガポールは、特に商業契約、輸出入、建設許可取得に関わる、書類作成

2014年8月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

中国のASEANへの影響力拡大に日本はどう向き合うか

リサーチ TODAY2014 年 8 月 25 日中国のASEANへの影響力拡大に日本はどう向き合うか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創中国は、2003年にASEANと戦略的パートナーシップ協定を締結した。その後、中国・ASEANの双方は段階的に関税を引き下げ2010年にはFTAを発効。下記の図表のように、中国とASEANの貿易額は10年間で5.6倍となり、日本の対ASEAN貿易の伸びを大きく上回る。みずほ総合研究所は「中国の対ASEANアプローチ」と題するリポートを発表した1。これは2

2014年6月15日富士通フィードバック数:0社会/政治海外

アジア地域経済統合における2つの潮流と台湾参加の可能性

アジア地域経済統合における2つの潮流と台湾参加の可能性要旨これまでの10年間にアジアでの自由貿易地域形成は主に2国・地域間で行われてきており、FTAのネットワークも完成されつつある。しかし、アジア地域には規模の小さい経済が多く存在し、発展段階も多種多様であり、また外資企業の大量進出によってサプライチェーンやバリューチェーンも多数国・地域間にわたって構築されつつある。したがって、これまでのような2国・地域間のFTAから地域全体をカバーする地域統合の機運が生まれ、交渉の段階に入っている。特にTPPと

2014年4月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日豪EPA大筋合意の3つの意義~TPP交渉進展の梃子となるか?~

みずほインサイト政 策2014 年 4 月 8 日日豪EPA大筋合意の3つの意義TPP交渉進展の梃子となるか?政策調査部上席主任研究員菅原淳一03-3591-1327junichi.sugawara@mizuho-ri.co.jp○ 4月7日の日豪首脳会談により、7年に及んだ日豪EPA交渉が大筋合意に至った。今回の合意は、日本が「聖域」品目についても自由化を約束したことが最大の注目点である。○ 今回の合意には、3つの意義があると言える。①豪州市場での対等な競争条件を確保したこと、②安倍政権の国内

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(東アジア地域の広域経済連携による影響調査)

平成 24 年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(東アジア地域の広域経済連携による影響調査)最終報告書平成 25 年 3 月目次第 1 章 東アジア主要国の自由化政策 .................................................................. 1-11. インド ......................................................................................

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度海外産業事情等調査委託費経済連携協定(EPA/FTA)サービス貿易章における国際約束と国内規制の整合性調査

平成24年度海外産業事情等調査委託費経済連携協定(EPA/FTA)サービス貿易章における国際約束と国内規制の整合性調査

輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月17日輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド ニュージーランドは、オーストラリアやASEAN(東南アジア諸国連合)などとFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)を締結しており、貿易の自由化を進めることにより農産物を中心に輸出を拡大してきました。また、同国は先進国としては初めて中国とFTAを締結するなど、早くから中国市場に注目し、2008年のFTA発効以降、中国向けの輸出を大幅に増加させています。ニュージーラン

2014年1月10日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

海外進出企業調査 南米編です。

第14回 中南米日系進出企業の経営実態調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 第14回 中南米日系

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

成長戦略の一端を担う米国のFTA

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 成長戦略の一端を担う米国のFTA『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 米国は輸出を増やすために、米国企業の活動の舞台を海外企業と公平さを保つことを目指す通商政策の一つとしてFTAを選択してきた。米国のFTAの多くは、ブッシュ(子)政権の時期に交渉、締結されてきた。オバマ政権は、金融危機以降に輸出倍増戦略を発し、ブッシュ(子)政権時に締結されたFTAを批准し、TPP交渉や対欧州FT

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

脱アジアが鍵になる中国のFTA

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 脱アジアが鍵になる中国のFTA~TPP参加も一つの戦略に~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 米国がアジアにおける覇権のリバランスを図っている。中国は、それを再度リバランスすることに焦点を定め、経済大国の米国に対抗すべく日中韓FTAの締結交渉を進めており、その核心は日中経済の結合強化だった。一方で、中国は2013年5月に米国からTPP交渉への参加を打診されており、それに応える形

2013年11月17日富士通フィードバック数:0社会/政治海外

中国のアジア経済統合戦略:FTA、RCEP、TPP

中国のアジア経済統合戦略:FTA、RCEP、TPP要旨中国のFTA(自由貿易協定)戦略は、政治・経済・外交・安全保障政策を統合した戦略的な意味合いを持っている。これまで中国は、1)経済発展のスケールメリットの実現、2)自国経済成長に必要な資源の確保、3)「中国脅威論」の解消、4)「台湾独立」などの分離独立勢力の抑制、5)国際環境、特に周辺環境の改善といった目的に照らして12ヵ国・地域とFTAを締結したほか、7ヵ国・地域と締結交渉をしている。中でも、中国・ASEAN自由貿易協定は大きな成果を収めた

2013年10月24日JETROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【世界】工作機械:FTAが国内生産を後押し

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【世界】工作機械:F

日本の輸出構造~国際比較を通じた分析から見える日本の強さ~

○日本の輸出額は、2000 年代に入り、中国向けが急速に拡大したことなどから増加が続いたが、リーマン・シ ョックの影響を受けて2009年には大幅に落ち込んだ。2010年には輸出額は持ち直したものの、その後の世 界経済の減速や円高の影響もあり、足もとでは2 年連続で減少している。○日本の輸出額の世界輸出総額に占めるシェア(ドルベース)をみると、1980 年代前半には上昇が続いたが、 1986 年の9.9%をピークに長期的にみると緩やかに低下しており、2012 年には4.3%程度となっている。米 国

韓米FTAが韓国の民間医療保険市場に与える影響

韓米FTAが韓国の民間医療保険市場に与える影響 | ニッセイ基礎研究所 韓米FTAが韓国の民間医療保険市場に与える影響 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国は金大中氏が大統領に就任した1998年以降、FTAを推進する方向に政策を転換しており、1999年にチリを皮切りとしてFTA交渉をスタートし、2000年代半ば以降更に積極的に

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(東アジア域内のサプライチェーン実態とFTAの利用状況に関する調査)報告書

平成23年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(東アジア域内のサプライチェーン実態とFTAの利用状況に関する調査)報告書

日本経済ウオッチ TPPの概要と論点について

1.今月のグラフ ~赤字に転落した10~12月期の経常収支2.景気概況 持ち直しの動きがみられる3.今月のトピック:TPPの概要と論点について (1)FTA/EPAの締結動向 (2)TPP交渉の概要 (3)TPPに関する主な論点

日本のEPA戦略のあり方

2013年02月01日○世界貿易において開発途上国・新興国のプレゼンスが高まる中、WTOのドーハ開発ラウンド交渉は、先進国と開発途上国・新興国との利益の対立から行き詰っている。このため、二国間あるいは地域におけるFTA(自由貿易協定)が世界で積極的に締結されている。○FTAを締結する目的としては、関税の削減、撤廃を通じて貿易を活発化させ、経済成長につなげることが考えられる。さらには、競争を通じた国際競争力の強化、対内直接投資の増加などが挙げられる。このほか、グローバル化が進展する中で、競争相手よ

世界30ヶ国注目キーワード調査 Vol.6【2011年11月度】

プレスリリースホーム > プレスリリース 2011 > 世界30ヶ国注目キーワード調査 Vol.6【2011年11月度】 2011年12月22日アウンコンサルティング株式会社東証マザーズ(2459) 世界30ヶ国注目キーワード調査 Vol.6【2011年11月度】~検索数急上昇キーワードから見た各国のトレンドとは~ アジア圏を中心に、東京、沖縄、シンガポール、韓国、台湾、香港、タイの7拠点で展開し、戦略的なグローバルマーケティングを提供しているアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:245

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ