「FTSE」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

米国リート市場の動向と今後の見通し

米国リート市場の動向と今後の見通し2015年4月17日<市場動向~利上げ時期をめぐる不透明感が上値を抑制>米国リート市場は1月に過去最高値をつけた後は、足元では、一進一退の展開となっています。上値を抑えている要因の1つとして、米国の利上げ時期をめぐる不透明感が挙げられます。市場予想を下回る内容の経済指標も増えており、利上げ時期が先送りされるとの見方から長期国債利回りはやや落ち着いた動きとなっていますが、金融当局者からは早期の利上げを示唆する発言も多く、利上げ時期をめぐる市場の思惑は変化しやすい状

量的金融緩和の終了と米国リート市場

量的金融緩和の終了と米国リート市場2014年10月30日<市場動向>米国リート市場は、9月に大手リートによる増資が相次いだことや、米国の早期利上げ観測の強まりを背景とした長期国債利回りの上昇などが嫌気されて下落しました。しかし、10月に入り、IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの下方修正などを受けて長期国債利回りが低下に転じたことが支援材料となり、市場は反発に転じると、9月の下落分を取り戻し、足元では再び市場最高値*を更新しています。*FTSE NAREIT®エクイティREIT・インデック

米国優先リートの投資環境

米国優先リートの投資環境2014年9月18日※当社一部ファンドにおける米国リートの運用委託先であるコーヘン&スティアーズ・キャピタル・マネジメント・インク(C&S)のコメントを基に、大和投資信託が作成したものです。<市場動向>米国時間の9月12日(金曜日)から16日(火曜日)までの3営業日間、米国普通リート市場が2.6%下落する中、米国優先リート市場は0.1%の下落にとどまりました。3 営業日間の騰落率米国優先リート▲0.1 %米国普通リート▲2.6 %※各市場の騰落率の計算には、それぞれ以下の

最近の米国リート市場動向について

最近の米国リート市場動向について2014年9月16日<市場動向>米国リート市場は9月5日(現地、以下同様)に過去最高値を更新した後、下落に転じ、9月の月間騰落率は9月15日までに▲4.7%(米ドルベース)となっています。特に9月12日の下落率が▲3.2%と大きくなっており、月間の下落分の大半を占めています。9月12日は、8月の小売売上高の伸びが前月比+0.6%と加速したことが発表されたほか、消費者センチメントも市場予想以上に改善したことが確認されたため、早期利上げ観測が強まり、米国債が売られて長

年初来高値を更新する米国リート市場

年初来高値を更新する米国リート市場2014年4月23日<市場動向>米国リート市場は、昨年12月中旬を底に上昇に転じた後、堅調な推移が続いており、年初来高値を更新しています。主な背景としては次の3点が挙げられます。1点目は米国の金融政策に対する不透明感の後退です。昨年12月にFRB(米国連邦準備制度理事会)は量的金融緩和の縮小を決定し段階的な縮小を図っていますが、金融政策の修正については慎重に進める姿勢を強調するとともに利上げ時期についても想定される時期を示唆するなど、金融政策の方向性を提示するこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ