「FTSE」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

FOMCと米国リート市場

FOMCと米国リート市場2014年12月19日<12月のFOMC>12月16日-17日(現地、以下同様)に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)は、利上げ開始時期や利上げペースが示唆される可能性があるとして市場で注目されていました。その声明文においては、「初回の利上げまでは辛抱強くなれる」とし、さらにイエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長は記者会見で「今後数回のFOMCで利上げが始まる可能性は低い」と述べました。12月上旬に発表された米国の雇用統計において雇用者数の大幅な増加が報告さ

量的金融緩和の終了と米国リート市場

量的金融緩和の終了と米国リート市場2014年10月30日<市場動向>米国リート市場は、9月に大手リートによる増資が相次いだことや、米国の早期利上げ観測の強まりを背景とした長期国債利回りの上昇などが嫌気されて下落しました。しかし、10月に入り、IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの下方修正などを受けて長期国債利回りが低下に転じたことが支援材料となり、市場は反発に転じると、9月の下落分を取り戻し、足元では再び市場最高値*を更新しています。*FTSE NAREIT®エクイティREIT・インデック

米国優先リートの投資環境

米国優先リートの投資環境2014年9月18日※当社一部ファンドにおける米国リートの運用委託先であるコーヘン&スティアーズ・キャピタル・マネジメント・インク(C&S)のコメントを基に、大和投資信託が作成したものです。<市場動向>米国時間の9月12日(金曜日)から16日(火曜日)までの3営業日間、米国普通リート市場が2.6%下落する中、米国優先リート市場は0.1%の下落にとどまりました。3 営業日間の騰落率米国優先リート▲0.1 %米国普通リート▲2.6 %※各市場の騰落率の計算には、それぞれ以下の

マーケットレター【底打ちしつつある米国リート市場】

底打ちしつつある米国リート市場2014年1月31日<市場動向>米国リート市場は、昨年12月中旬を底に持ち直しつつあります。背景としては、12月に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)において量的金融緩和の縮小が決定されたものの、縮小幅を小幅にとどめたことに加え、当面はゼロ金利政策を継続する姿勢があらためて示されたことで市場の金融政策に対する懸念が後退し、長期国債利回りが低下に転じたことが挙げられます。1月に入ってからも、雇用統計こそ市場予想を下回る内容となったものの、多くの経済指標が米国の

米国リート市場の現状と見通し

米国リート市場の現状と見通し2013年11月27日<リート市場の現状>米国リート市場は、長期金利の上昇がリートを含む金利感応度の高い投資資産のパフォーマンスに影響をもたらすとの懸念を背景に、株式市場のパフォーマンスを下回る状況が続いています。リート市場は2013年5月下旬以降、量的金融緩和の縮小懸念を背景に米国長期金利が急上昇したことから、相対的な利回り面の魅力が低下するとの見方が台頭し、値下がり基調が続いてきました。しかし、9月に入ると、中旬に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)におい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ