調査のチカラ TOP > タグ一覧 > GDPデフレーター

「GDPデフレーター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2014年7~9月期のGDP(1次速報)予測

2014年10月31日11月17日に公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率は、4~6月期に急減した反動により前期比プラスに転じるものの、伸び率は前期比+0.4%(年率換算+1.6%)と小幅にとどまったと見込まれる。駆け込み需要の反動減の動きが落ち着いた後も、景気の持ち直しペースが鈍いことが示されることになりそうだ。個人消費は、反動減は一巡しつつあるが、実質賃金の減少による落ち込みに加え、夏場の天候不順の影響によって伸び率は緩やかにとどまったようだ。設備投資も、前期に落ち込んだ反動でプラ

2014年8月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年4~6月期1次QE予測

Q E 予 測2014 年 7 月 31 日2014 年 4~6 月期 1 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年4~6月期の実質GDP成長率は前期比▲1.5%(年率▲6.0%)と大幅なマイナス成長を予測。消費増税に伴う駆け込み需要の反動により、個人消費が大幅減(前期比▲4.1%)○ 輸入の駆け込みの反動から外需がプラス寄与に転じたほか、公共事業の早期執行により公的需要も増加。一方、消費増税

2014年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI-

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI-CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI- 日本大学経済学部教授 小巻 泰之総合政策研究部 研究理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レ

2013年10~12月期のGDP(1次速報)予測

2014年01月31日2月17日に公表予定の2013年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれ、景気持ち直しが続いていることを確認する結果となろう。中でも高い伸びが見込まれるのが個人消費と設備投資である。公共投資も引き続き増加しており、この結果、内需の寄与度は+1.0%まで高まったと予想される。一方、輸出が緩やかな伸びにとどまった半面、輸入は順調に増加しており、外需寄与度は前期比-0.5%と2四半期連続で大きめのマイナスとなったと見込まれる。名

デフレ脱却宣言はいつ出るのか

デフレ脱却宣言はいつ出るのか | ニッセイ基礎研究所 デフレ脱却宣言はいつ出るのか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府は12/24に発表した12月の月例経済報告で、物価の判断を「底堅く推移している」とし、4年2ヵ月ぶりに「デフレ」の文言を削除した。ただし、日本経済がデフレに再び逆戻りするリスクを完全には排除できないことから

GDPデフレーターで測るデフレ

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年7~9月期のGDP(1次速報)予測

2013年10月31日11月14日に公表予定の2013年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれる。景気持ち直しは続いているが、今年前半と比べると、そのテンポは弱まったとみられる。持ち直しテンポが鈍化した要因は、今年前半の景気をけん引してきた輸出と個人消費がいずれも前期比でマイナスに転じたためである。輸入の増加は続いており、外需寄与度は前期比-0.5%と大きくマイナスに転じたと見込まれる。一方、公共投資は大幅に増加したとみられるほか、設備投資の増加

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI-

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI- | ニッセイ基礎研究所 CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI- 日本大学経済学部教授 小巻 泰之総合政策研究部 研究理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■要旨金融政策で消費者物価指数(以

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ