「GDP成長」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年7月23日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国製造業の回復:単なる上昇局面か、ルネサンスか?

世界の視点から 米国製造業の回復:単なる上昇局面か、ルネサンスか?2008-09年の世界同時不況後に製造業生産が堅調に回復したため、アナリストや政策立案者は製造業に再び関心を寄せている。本稿では、詳細にデータを検討した結果、米国が製造業ルネサンスを迎えているという主張には根拠がないことを示す。その一方、今後の米国経済全体の成長において製造業の寄与が大きくなることを裏付ける要因も存在する。 米国の「製造業ルネサンス」についてのエピソードが増える中、米国の国内総生産 (GDP) や世界の工業生産にお

2014年5月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1-3月期ユーロ圏GDP速報値 ~欧州でも第3の矢が大切~

EU Indicators欧州経済指標コメント:1-3月期ユーロ圏GDP速報値発表日:2014年5月15日(木)~欧州でも第3の矢が大切~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 1-3月期のユーロ圏の実質GDP成長率の速報値は4四半期連続のプラス成長を記録したが、前期比+0.2%、同年率+0.8%と前期(前期比+0.2%、同年率+0.9%)並みの成長にとどまった(左図)。公表済みの国別の内訳は、ドイツ(同+0.4%→同+0.8%)、スペイン(同+0.2

2013年8月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

内憂外患のブラジル経済~「5つのリスク」に対する現地の見方~

みずほインサイト米 州2013 年 8 月 5 日内憂外患のブラジル経済政策調査部上席主任研究員「5つのリスク」に対する現地の見方03-3591-1310西川珠子tamako.nishikawa@mizuho-ri.co.jp○ ブラジル経済は、低成長が続く一方でインフレ率は高止まりしている。6月には大規模な反政府デモが発生し、金融・為替市場が大幅調整するなど、経済・政治・金融ともに混迷を深めている。○ 本稿では、ブラジルが抱える「5つのリスク」(景気後退、通貨危機、政府債務危機、信用収縮、政治

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ