「GDP成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

調査レポート「2050年の世界」

PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表 先進国から新興国への経済力シフトは長期にわたり継続‐インド、インドネシア、ベトナムが著しく成長 最新のPwC調査レポートの予測(購買力平価ベース)によると、2042年までに世界経済の規模は倍増中国はすでに購買力平価(PPP)ベースのGDPが米国を抜き世界最大の経済大国に。市場為替レート(MER)ベースでも2030年までに世界最大となる2050年までにインドは米国を抜き世界第2位、インドネシアは第4位の経済大国となり、日本、ドイツなどの先進国を抜く見

アフリカ経済についてのレポートです。

African Economic Outlook 2015

最新情報テーマ《ここをクリックしてテーマをお選びください》提供団体別連携ページ《ここをクリックして情報提供者をお選びください》ページを共有する推薦図書アフリカ開発銀行は、OECD 開発センターと国連開発計画(UNDP)と共同で、African Economic Outlook (AOE) 2015を発行しました。以下は内容のサマリーとなります。======================================================アフリカのGDP成長率は2015年には4.5%

2015年6月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドGDP】1-3月期は前年同期比+7.5%~インフレ沈静化で消費が牽引役に

【インドGDP】1-3月期は前年同期比+7.5%~インフレ沈静化で消費が牽引役に | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】1-3月期は前年同期比+7.5%~インフレ沈静化で消費が牽引役に 経済研究部 研究員 斉藤 誠インドの2015年1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.5%の増加と、前期(同+6.6%)とBloomberg調査の市場予想(同+7.2%)を上回った。1-3月期の景気回復は、GDPの約6割を占める個人消費が牽引役になった。消費者物価指数は1-3月平均で前年比5.3%と、年

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

景気底割れ回避に腐心する中国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の低調な1-3月期のGDP統計の結果を受け、当社では2015年の米国の実質GDP成長率の見通しを2.8%から2.3%に下方修正した。ただし米国の停滞は一時的なものと予想され、6月の利上げの可能性は低いにせよ、「年内のある時期に利上げ開始が適当」というイエレンFRB議長の発言からも、FRBが金利正常化に着手するタイミングは徐々に近づいている。一方、1-3月期に6年ぶりの低成長となった中国では、その後

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風ECBは資産買取プログラムを粛々と継続 ◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率(速報値)は、前期比+0.4%に加速した。ドイツ、フランス、イタリア、スペインの主要4ヵ国がほぼ5年ぶりにそろってプラス成長となったが、原油価格下落という追い風を得た個人消費が牽引役となり、ユーロ圏における景気回復が広がりを持ってきたと判断される。ただ、原油安、ユーロ安、金利低下

【タイGDP】1-3月期は前年同期比+3.0%~輸出不振で回復ペースが鈍る恐れも~

【タイGDP】1-3月期は前年同期比+3.0%~輸出不振で回復ペースが鈍る恐れも~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】1-3月期は前年同期比+3.0%~輸出不振で回復ペースが鈍る恐れも~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠タイの2015年1-3月期の実質GDP成長率1 は前年同期比(原系列)+3.0%の増加と、前期の同+2.1%から回復したが、Bloomberg調査の市場予想(同+3.4%)を下回った。また、前期比(季節調整値)は+0.3%と、前期(同+1.1%)から鈍化した。1-3月期の成長率

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP二次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期GDP二次速報設備、在庫の下振れでコンセンサスを下回る 2015年3月9日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+1.5%(前期比+0.4%)と、一次速報(前期比年率+2.2%、前期比+0.6%)から下方修正された。一次速報からはほぼ修正されないと見込んでいた市場コンセンサス(前期比年

成長加速などに伴ない、持ち直しが見込まれるメキシコ・ペソ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月25日成長加速などに伴ない、持ち直しが見込まれるメキシコ・ペソ 2月20日に発表されたメキシコの2014年10-12月期のGDPは市場予想どおりの前年同期比+2.6%と、伸びが2四半期連続で高まり、12年10-12月期以来の水準となりました。そして、14年の通年での成長率は前年比+2.1%と、13年の成長率を0.7ポイント上回りました。14年10-12月期は、米国を中心とした外需を支えに、製造業が前年同期比+4.6%、商業も

米国・欧州主要国の景気概況(2015年2月)

I.米国経済【景気概況】 14年10~12月期GDPは前期比年率+2.6%に成長鈍化【トピック】 年明けの個人消費は一時的に弱含む可能性【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直している【トピック】 ECBは3月からの量的緩和実施を表明【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 14年10~12月期GDP成長率は前期比+0.5%に低下【英国の主要経済指標】

2014年12月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

敗戦から70年、財政再建の道筋を示せるか

新春特別コラム:2015年の日本経済を読む 敗戦から70年、財政再建の道筋を示せるか 2015年は太平洋戦争での敗戦からちょうど、70年の節目の年である。1945年8月15日正午、無条件降伏を盛り込んだポツダム宣言受諾の聖断を前日に下した天皇は、国民にラジオ放送により終戦の詔勅を発した。敗戦直前まで、政府は戦費調達のために大量の戦時国債を発行した。戦争中に政府が命令や契約の形で国民に支払いを約束した「戦時補償債務」は累積し、1945年頃には政府債務(対GDP)は約200%に達していた。これは明ら

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 3大国の景気に懸念

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 3大国の景気に懸念12月はイベントが多いが、ポジティブサプライズは期待薄 ◆ユーロ圏の7-9月期のGDP成長率(速報値)は前期比+0.2%と予想よりはやや強く、これで6四半期連続のプラス成長となった。内訳は未発表だが、消費と外需が牽引役となった一方、投資が落ち込んだと推測される。財政懸念を乗り越えた国々や、東欧の小国には景気堅調な国があるが、ドイツ、フランス、イタリアの3大国の景気停滞

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>2014-09-09 関連論文ツーリズム先進地域・関西をめざして [ 2016年度/人口減少下における関西の成長戦略 ]Abstract/Keywords研究の目的 ツーリズム先進諸国との比較・分析を踏まえ、観光資源豊富な関西地域にとってツーリズムが重要な成長分野であることを ”産業”、”雇用機会”、”文化発信”等の各視点から客観的に捉えると共に、今後基幹産業として育成していく上での様々な課題をハード・ソフト

輸出主導の“好成長”を示したトルコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月11日10日に発表されたトルコの1-3月期のGDP成長率は前年同期比+4.3%と、4四半期連続での4%台乗せとなりました。同成長率は市場予想を0.1ポイント上回っただけですが、中身を見ると、輸出が+11.4%を記録し、内需に偏っていた成長の牽引役が外需に拡がったという点で、“好成長”となりました。トルコでは、汚職疑惑などを背景とした政治面での不透明感の高まりや、通貨安などへの対応として今年1月に実施された大幅利上げなどに伴ない

メキシコの景気見通しと改革に向けた動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月29日23日に発表されたメキシコの今年1-3月期のGDP成長率は前年同期比+1.8%と、前四半期の+0.7%から加速したものの、市場予想を下回りました。また、これを受け、同国財務省が2014年通年の成長率見通しを下方修正(前年比+3.9%→+2.7%)しました。しかし、これらの発表後もメキシコ・ペソは堅調に推移しました。1-3月期の成長率が予想を下回った主な理由は、財政改革に伴なう増税の影響を受けた個人消費の鈍化や、輸出などを

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 14年1QのGDP成長率が年率+1.2%でFRB予想の達成はまた困難に ~悪天候と昨年後半の一時的な押し上げの反動により1QのGDP成長率は大幅に減速する公算~

米国 14年1QのGDP成長率が年率+1.2%でFRB予想の達成はまた困難に ~悪天候と昨年後半の一時的な押し上げの反動により1QのGDP成長率は大幅に減速する公算~

2014年4月6日日経BPフィードバック数:0社会/政治

オリンピック開催の経済効果は?

オリンピック開催の経済効果は?開催前後のGDP成長率で見るその実態アレックス・ザバヴァ、フランチェスコ・ロマーノ、前島 直紀 オリンピック開催後もその経済効果は持続するのだろうか? 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの経済効果は、招致委員会などの発表によると日本全国で約2兆9600億円。開催までの経済効果は、インフラ投資などある程度立証されているといえる。 果たしてそれは開催後も持続するのだろうか? それともはかない夢なのだろうか? それを明らかにするために、世界各国のオリン

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP二次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年10-12月期GDP二次速報市場予想からは下振れしたが、サプライズはなし ◆2013年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+0.7%(前期比+0.2%)と、一次速報(前期比年率+1.0%、前期比+0.3%)から下方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+0.9%、前期比+0.2%)との比較でも、やや下振れした格好だが、内容について大きなサプライズはなく、当社の景気判断に

2014年2月19日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し

PRESS RELEASE2014年2月17日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し-消費税率引き上げを克服して拡大は持続- 当社は、2013年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカなど先進国が堅調に推移することで、全体を牽引していくと考えられます。日本経済は回復の持続により、雇用環境も改善に向かい、デフレ脱却も視野に入りつつあります。消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減に見舞われても、景気拡大は持続していくと考えられ

日本経済(週次)予測(2013年12月16日)<10-12月期、景気は引き続き着実に回復している>

日本経済(週次)予測(2013年12月16日)<10-12月期、景気は引き続き着実に回復している>2013-12-16 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.33 [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済,中国経済,月次レポート 11月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりの前月比減少も、10-11月平均は7-9月平均比+1.3%の伸び。10-12月期は緩やかな伸びとなろう。 12月の貿易収支は2カ月ぶりの黒字

超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から

超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から2013-12-18 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.30 <一部明るい兆しもあるが、総じて停滞している関西経済 先行きはリスク要素多く不透明感が強い> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords 〈予測のハイライト〉 1.2016年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.7%(前期比+0.4%)と2四半期ぶりのプラスとなった。内需は+0.

2013年11月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP1次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年7-9月期GDP1次速報前期からは減速したが、4四半期連続のプラス成長 ◆2013年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.9%(前期比+0.5%)と4四半期連続のプラス成長となり、市場コンセンサス(前期比年率+1.7%、前期比+0.4%)をわずかに上回った。各需要項目とも概ね事前予想に沿った内容となったが、民間在庫品増加の寄与が前期比+0.4%ptと大きかったことが、市場予想から上振

アジア経済概況(2013年9・10月)

I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・7-9月期のGDP成長率は前年比7.8%に加速2.中国の主要指標解説:生産者物価の推移3.台湾経済の概況・・・7-9月期のGDP成長率は前年比1.6%に減速4.韓国経済の概況・・・7-9月期のGDP成長率は前年比3.3%に加速II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・景気の拡大が一服している2.インドネシア経済の概況・・・7-9月期の成長率は前年比5.6%に減速3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・1-9月

2013年9月27日JETROフィードバック数:0大型消費/投資海外

フィリピンにおける生活関連サービス産業および不動産業の現状について

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 フィリピンにおける生

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き始めた景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 動き始めた景気回復個人消費が牽引して4-6月期成長率はユーロ圏、英国ともに上振れ ◆ユーロ圏の4-6月期GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と予想を上振れした。内訳は未発表だが、7四半期ぶりのプラス成長には個人消費と政府消費が貢献したと推測される。背景には、失業懸念後退と景気・所得見通し改善を理由とする消費者マインドの持ち直しが存在する。7月の新車登録台数が前年比プラス

アジア経済概況(2013年7・8月)

I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・4-6月期のGDP成長率は前年比7.5%に鈍化2.中国の主要指標解説:成長率鈍化の背景3.台湾経済の概況・・・4-6月期のGDP成長率は前年比2.3%に持ち直す4.韓国経済の概況・・・4-6月期のGDP成長率は前年比2.3%に加速II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・景気の拡大が一服している2.インドネシア経済の概況・・・4-6月期の成長率は前年比5.8%と弱含み3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・1

日本経済(週次)予測(2013年7月8日)

日本経済(週次)予測(2013年7月8日)<6月日銀短観調査から:センチメントの改善が本当に設備投資拡大につながるか?>2013-07-08 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.33 [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済,中国経済,月次レポート 11月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりの前月比減少も、10-11月平均は7-9月平均比+1.3%の伸び。10-12月期は緩やかな伸びとなろう。 12月の貿易

アジア経済概況(2013年5・6月)

I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・景気回復のペースは緩やか2.中国の主要指標解説:期待される都市化政策による景気の押し上げ3.台湾経済の概況・・・1-3月期のGDP成長率は前年比1.7%に減速4.韓国経済の概況・・・1-3月期のGDP成長率は前年比1.5%と横ばいII.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・1-3月期のGDP成長率は前年比5.3%に減速2.インドネシア経済の概況・・・1-3月期の成長率は前年比6.0%と横ばい3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベト

2013年5月15日大和総研★フィードバック数:4社会/政治

今後30年の予測です。

超高齢日本の30年展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 超高齢日本の30年展望持続可能な社会保障システムを目指し挑戦する日本―未来への責任 ◆日本を長期展望すると、実質GDP成長率は2010年代1.5%、2020年代1.5%、2030年代1.0%と見込まれる。これはマンアワー生産性が2010年代1.7%、2020年代1.8%、2030年代2.0%の経済。先行き約30年間を均すと、名目賃金は2.5%程度、消費者物価は1.5%程度で上昇しよう。経常収支対GDP

2013年4月26日大和総研フィードバック数:10社会/政治海外

100兆元を超えた中国の貨幣供給量

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年3月末の中国の広義マネーサプライ残高(M2、中国では‘広義貨幣供应量余額’と呼ばれており、マネーストックよりマネーサプライが訳語としては近い)が103兆6,100億元(直近レートで約1,600兆円)、対前年同期比15.7%増と、初めて100兆元の大台を突破(破百、超百)したことから、改めて中国国内で、歴史的に高い伸び率を続け高水準となっているマネーサプライが話題になっている。M2の対名目GD

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ