「GMS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月11日メディアフラッグフィードバック数:0マーケティング

「外国語POPの需要」についてヒアリング調査

革命的フィールドワークで市場に新しい価値を創造する[ミステリーショッパー(覆面調査)/ラウンダー/企画制作]03-5464-8321(法人専用)メールでのお問い合わせはこちら TOPインフォメーション「インバウンド増大で小売店の外国語POP需要が拡大! スーパー・GMSへの調査で60%超が「必要」と回答」をリリースしました。「インバウンド増大で小売店の外国語POP需要が拡大! スーパー・GMSへの調査で60%超が「必要」と回答」をリリースしました。<PDFファイルはこちらからダウンロードし

2015年3月1日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

「非正規社員をたくさん雇う」トップ500社

「非正規社員をたくさん雇う」トップ500社1位イオン22万人超、労働集約型企業が目立つ 田中 久貴2013年東洋経済新報社入社。データ事業局にて主に上場会社の財務データの収集・編集を行っている。 イオンの店内レジの様子。セルフレジなど省力化も進めているが、現場を支えているのはアルバイト・パートだ(撮影:今井康一) アルバイト・パートや派遣社員、期間従業員など、いわゆる「非正規労働者」の増加が続いている。総務省の労働力調査によると、日本の非正規労働者数は2014年11月に初めて2000万人を

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(二次)超々臨界圧(USC)石炭火力のメコン河流域地域(GMS)諸国への普及に向けた事業スキームの構築と二国間オフセット・クレジット制度の構築に関わる提言

平成24年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(二次)超々臨界圧(USC)石炭火力のメコン河流域地域(GMS)諸国への普及に向けた事業スキームの構築と二国間オフセット・クレジット制度の構築に関わる提言

2013年11月15日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「タイプラスワン」の可能性を考える-東アジアにおける新しい工程間分業

「タイプラスワン」の可能性を考える―東アジアにおける新しい工程間分業―調査部 上席主任研究員 大泉 啓一郎   要 旨1.タイプラスワンとは、タイの産業集積地で事業展開している日本企業が、その生産工程のなかから労働集約的な部分を、カンボジアやラオス、ミャンマーのタイ国境付近にある経済特区(SEZ)に移転するビジネスモデルをいう。2.タイプラスワンは、2000年以降、世界貿易でみられるようになった工程間分業から派生したビジネスモデルである。ただし、国境に位置する中小都市を対象とする点で従来のものと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ