「HEMS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月27日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

次世代住宅関連主要設備機器市場に関する調査を実施(2017年)

2017年08月18日 次世代住宅関連主要設備機器市場に関する調査を実施(2017年) ~市場拡大に向けて“ZEHの普及”と“余剰電力の蓄電”がキーワードに~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の次世代住宅(スマートハウス、ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)関連主要設備機器市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年5月~7月2.調査対象:次世代住宅関連設備機器メーカー、ハウスメーカー、関連業界団体他3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用<次世

2015年6月1日東急不動産★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

HEMSの効果です。

マンションにおける省エネ行動・意識と電力消費量との関係を クラウド型HEMSを活用し産学連携で共同研究

NEWS RELEASERELEASE2015年5月29日東 京 都 市 大 学東急不動産ホールディングス株式会社株式会社東急不動産次世代技術センター株式会社ファミリーネット・ジャパンマンションにおける省エネ行動・意識と電力消費量との関係をクラウド型 HEMS を活用し産学連携で共同研究第 1 弾として、夏期エアコン電力消費量を分析、HEMS サービスによる「見える化」の省エネ効果を検証東京都市大学(所在地:東京都世田谷区、学長:三木 千壽)と、東急不動産ホールディングス株式会社傘下の株式会社東

2015年2月19日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭の省エネについてのレポートです。

家庭部門の低炭素化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家庭部門の低炭素化電力使用量削減の新たなステージへ ◆家庭部門におけるエネルギー消費量は40年間で2.1倍に増加した。2010年度以降、世帯・人口推移からみたエネルギー消費量は自然減に転じているが、家電ストック台数はなお増加傾向にあり、エネルギー消費を押し上げる一因となっている。快適性・利便性を享受しながらエネルギー消費の増加を食い止めるためには、家電ストックの高効率化(ハード面の対策)と高効率利用(

2014年7月18日楽天リサーチ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

節電や電力自由化についての調査です。

夏の節電に関する調査

『「電力自由化」の関心はシニア層に集中 節電意識は高レベルを持続』夏の節電に関する調査 2014年7月18日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、夏の節電に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2014年7月9日から11日の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~60代の男女1,000人を対象に行いました。■原発ゼロの今夏、約6割が電力不足の恐れがあることを認識。年代が高くなるにつれ

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度省エネルギー等普及基盤構築支援調査事業HEMSインターフェイス(ECHONET Lite規格)の普及支援調査事業 報告書

平成25年度省エネルギー等普及基盤構築支援調査事業HEMSインターフェイス(ECHONET Lite規格)の普及支援調査事業 報告書

2014年6月4日MM総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

全戸一括型マンションISPシェア調査(2014年3月末)

全戸一括型マンションISPシェア調査(2014年3月末) 2014年06月03日■ シェア首位はアルテリア・ネットワークスの「UCOM光レジデンス」 ■ 全戸一括型マンションISPの提供戸数は127.9万戸で拡大傾向 ■ HEMSやMEMSなど電力関連サービスの付加価値提供に注目  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は6月3日、2014年3月末時点の全戸一括型マンションISPシェア調査結果を発表した。近年、マンションのストック数は増加を続けており、それに合わせて集合住宅向けの全戸一

2011年5月9日IPA★フィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

Stuxnet等に関連して制御システムのセキュリティについての調査です。

2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査

「2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査」報告書の公開掲載日 2011年5月9日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、産業用の制御システムへのサイバー攻撃が国際的に拡がりつつある現状を鑑み、アジア3か国における脆弱性低減施策を含むセキュリティへの取組みと、スマートメーター(*1 )周辺の情報セキュリティ動向について「2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査」の報告書としてまとめ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ