「HICP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「-0.2%」ユーロ圏の2014年12月の消費者物価指数 (HICP、前年同月比)

ご参考資料この数字はなんだ?Vol.81ナンバー・ナンダー2015年1月8日ユーロ圏の2014年12月の消費者物価指数(HICP、前年同月比)-です90.6.2%欧州連合統計局(Eurostat)が7日に発表した2014年12月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)の速報値は前年同月比0.2%減となり、前月の0.3%増からマイナスに転じました。HICPの伸びが約5年ぶりにマイナスとなったことに加え、その下げ幅が市場予想よりも大きかったことで、域内経済のデフレ懸念は一段と強まりました。今回は、ユーロ

2014年1月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBの緩和メニューはなにか、ECBの日本化か

リサーチ TODAY2014 年 1 月 27 日ECBの緩和メニューはなにか、ECBの日本化か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創1月9日のECB政策理事会では金融政策が据え置かれたものの、フォワードガイダンスに関する文言が強化され、マネーマーケットとインフレが政策判断上の重要な評価軸であることが示された。マネーマーケットでは既にタイト化の兆しが見られ、インフレ率も1%割れが当面続くと見込まれることから、この二つの評価軸からは、早晩ECBが追加緩和に踏み切ると予想される。みずほ総合研究所

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

イタリア経済・金融概況(2013年3月)

平成25年3月14日(Mar 14, 2013)イタリア経済・金融概況(四半期報)経済調査室   Economic Research OfficeMain Economic & Financial Indicators (ITALY)(大幸 雅代 masayo_taiko@mufg.jp)概   況実質GDP成長率イタリアは景気後退が続いている。2012年第4四半期の実質GDP成長率は前期比▲0.9%と、6期連続のマイナス成長となり、マイナス幅も前期から一段と悪化した。債務問題に起因する企業マイ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ