「HITO」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月26日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

インテリジェンスの調査です。

女性1000人調査から見る女性管理職を増やすために今企業が行うべきこと~真の女性活躍推進に向けて~

【女性1000人調査】女性管理職を増やすために今企業が行うべきこと 政府は「2020年に指導的地位に占める女性の割合を30%にする」という目標を掲げている。企業にとってイノベーションが競争優位の源泉となる昨今、ダイバーシティ戦略の実現が重要であることは言うまでもない。そのダイバーシティ戦略実現において、最も身近な人的資源である女性の活躍を推進していくことは必然である。しかし、まだまだ指導的地位に立ち、活躍する女性は増えていないのが現状である。本調査においても管理職になりたくない女性は75.6%に

2014年9月10日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

データで語る雇用 日本の「起業」

日本を取り巻く雇用環境や日本の課題を、データとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「起業」。ベンチャーブームの終焉以降、その低調さが叫ばれる日本の起業。特に近年ではシリコンバレーの活況さと対比されることも多いが日本の起業は、実際どれほど低いのか。そしてそれはなぜ低いのか。データに基づく国際比較で日本の課題を抽出したい。世界各国と比較して、日本の起業活動はどの程度低いのだろうか。GEM(※)「2010 Global Report」で、起業活動の活発さを表す起業活動率を比較すると、日本は59カ国中

2014年5月28日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

データで語る雇用『日本の職業能力開発』

本記事では、日本を取り巻く雇用環境や日本の課題をデータとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「職業能力開発」。機関誌「HITO」vol.03『ミドルの未来』ではインタビュー記事などで、学び直しや継続的な職業能力開発の必要性はお伝えしているが、実際にどれくらいの層が学習をしており、それは年代や業界によって差があるのか? データをもとに日本の現状を確認したい。職業訓練・自己啓発は25~34歳をピークにに下落の一途平成19年就業構造基本調査(※1)によると、「直近一年間に職業訓練・自己啓発をした」層

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ