「IAS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年上半期「メディアクオリティレポート」

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) IAS、ディスプレイ広告の不正インプレッション、ブランドセーフティ、ビューアビリティについて2017年上半期の調査結果を発表 日本の不正インプレッションは8.4% でブランドリスクは6.7%、人間に閲覧されている広告は全体の54.8%インテグラル・アド・サイエンス(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中 太郎、以下 IAS)は本日、2017年上半期(H1)の「メディアクオリティレポー

2017年上半期メディアクオリティレポート

「2017年上半期メディアクオリティレポート」は、IASが計測した数十億もの膨大なインプレッションデータの分析から導き出された、ディスプレイ&動画を含む世界各国のデジタル広告キャンペーンのメディア品質および指標を網羅した総合的レポートです。IASをご利用いただいている広告主様、代理店様、メディアパートナー様、テクノロジーベンダー様に、本当の意味での「有意義なデータと透明性」を提供することを目的とし、IASでは年2回、同レポートを発表しています。 Sed ac dapibus augue.

国内インターネット広告における「ブランドセーフティ」「ビューアビリティ」についての広告評価を調査

提携情報、調査発表、人事報告などニュースリリース CCI、国内インターネット広告における「ブランドセーフティ」「ビューアビリティ」についての広告評価を調査あわせてBEYONDX PMPにてビューアブルインプレッション課金型メニューをリリース●良質なWEBサイトでの広告コミュニケーションがブランド向上のカギに 株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI) は、国内のインターネット広告における「ブランドセーフティ」「ビューアビリティ」について

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ