「ICT利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月18日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.9

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.9就労意欲が旺盛なシニアはICTサービスを積極的に利用!どれくらいのシニア(高齢者)が就労に意欲を持っているのか。また、就労に当ってICTがどのような役割を果たせるのか、モバイル社会研究所がおこなった結果を元に考えていく。 調査の結果は、以下の通り男性の半数、女性の3割が就労。現在無職の人の3割弱が就労に意欲あり。仕事のICT利活用には関係があり。(現在・過去問わず)正規社員はICT利用が活発。現在無職でも就労意欲がある人の中で半数以上がSNSの更新

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.2

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.2シニアのICT利用は多様化 〜使ってみたいサービス、キーワードは「健康」「安心」「家」シニア(高齢者)の約9割がICT端末を所有・利用しているが、ではどんなサービスを利用しているか12の例を挙げて尋ねた。その結果、「メール」が最も高く約6割が利用していた。次いで「情報の検索」「災害情報」「品物の注文」の順で利用が高く、3割を超えていた。その一方、「健康アドバイス」「安否確認」「ホームサービス」といったサービスはほとんど利用者がいなかった。しかしなが

2015年6月28日富士通フィードバック数:0企業情報システム

知創の杜 2015 Vol.4 農業とICT、交差の点と線─水と油の関係はこうして変わり始める─

知創の杜2015 Vol.4農業とICT、交差の点と線─水と油の関係はこうして変わり始める ─株式会社富士通総研FUJITSU RESEARCH INSTITUTE知創の杜2015_vol4.indd12015/06/0813:38:03富士通総研のコンサルティング・サービス社会・産業の基盤づくりから個社企業の経営革新まで。経営環境をトータルにみつめた、コンサルティングを提供します。個々の企業の経営課題から社会・産業基盤まで視野を広げ、課題解決を図る。それが富士通総研のコンサルティング・サービス

中高生のネット利用です。

中学1年~高校2年生9,468人の中高生対象「ICT利用実態調査」

中学1年~高校2年生9,468人の中高生対象「ICT利用実態調査」

2014年12月8日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

製品分野ごとの利用ベンダーがわかります。

企業ネット/ICT利用実態調査 2014

調査で見えた!クラウド/モバイルのベンダー別利用率 調査で見えた!クラウド/モバイルのベンダー別利用率 出典:日経コミュニケーション 2014年10月号pp.46-49 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)  日経コミュニケーションが実施した「企業ネット/ICT利用実態調査 2014」により、スマートデバイスやセキュリティ、クラウドサービスのベンダー別の最新利用動向が分かった。調査は2014年7月から8月にかけて実施した。対象は上場企業3200社である。スマートフ

2014年8月21日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

2020年がテーマです。

2020年のICTの在り方に関する調査

ユーザーは「クラウドに強い」ベンダーを選び、従来型ベンダーは存在を問われる ―2020年のICTの在り方に関する調査―2014年08月21日 日経BPコンサルティング(東京都港区)は、2020年にかけた企業ICTの利用トレンドと在り方を探るため、システム部門や経営・利用部門の勤務者を対象としたユーザー調査を7月に実施した(調査概要は下部参照)。 調査からは、企業情報システムが機器の所有からサービス利用に移り変わり、クラウドやモバイル利用が更に進展していく様子が伺えた。ICTベンダー企業は過去の利

2011年9月4日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

BPによる震災関連調査です。

調査で判明、「3.11」はICT利用企業をこう変えた

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。東日本大震災やその後の節電要請などは、ICT利用企業のICT戦略などをどう変えつつあるのか。日経BPコンサルティングは2011年5月、国内企業などの情報システム部門と経営者・経営系部門の勤務者を対象として、ICTに対する意識の変化を探る調査を実施した。設問項目はICTに対する基本方針や投資額、BCP(事業継続計画)、電力規制対応、ワークスタイルの変化などである。未曾有の東日本大震災は、多くの企業に災害対策の重要性を改めて気づかせた。従業員の自宅

2011年7月5日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

BPによるITへの震災影響についての調査結果です。

調査で判明、「3.11」はICT利用企業をこう変えた

調査で判明、「3.11」はICT利用企業をこう変えた

2011年6月21日日経BP★フィードバック数:3企業情報システム

BPが震災後のICTをテーマとした調査結果を発表しました。

ポスト3.11時代のICT利用意識調査

効率重視の集中システムを見直し、サービス利用が進む。適切なBCPに悩みながら、新たなワークスタイルも視野に ―ポスト3.11時代のICT利用意識調査―2011年06月21日 日経BPコンサルティング(東京都港区)は、東日本大震災後(ポスト3.11時代)に企業ICTシステムが向かう方向性を調べるため、全国の情報システムと経営系部門の勤務者を対象とした意識調査を5月に実施した(調査概要は下部参照)。 大震災を受けて、ICTシステムは「集中から分散」、「所有から利用」へという動きが見られた。当座は、災

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ