「IMF」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ協議はいよいよ最終局面へ ~残された課題は多いが、危機バネが働くことを再認識~

EU Trendsギリシャ協議はいよいよ最終局面へ発表日:2015年6月23日(火)~残された課題は多いが、危機バネが働くことを再認識~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ギリシャ支援協議は22日に開かれた緊急のユーロ圏財務相会合・欧州首脳会議でも結論は見送られたが、会合直前に提出されたギリシャ側からの新たな財政再建計画に対してEU高官から前向きに評価する発言が相次いでおり、週内合意に向けて協議の前進が期待される。◇ ギリシャ側は新提案でも年金給付

2015年6月2日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年5月29日 人民元為替週間レポート

人民元週間レポート2015年5月29日発行みずほ銀行(中国)有限公司中国為替資金部【人民元為替概況】■今週の回顧実需のドル売りが強まり元高が進行する中、ドル上昇要因も強く、人民元相場はレンジを抜けられず。•週前半は好調な米経済指標を背景にドル指数は上昇し、人民銀行(PBOC)仲値は6.12台まで上昇。実勢相場は月末要因もあり実需筋によるフローが多く見られた一方で、投機筋のドルロングポジションも見られ、ドル買いとドル売りフローが拮抗する中、ドル人民元は6.1950-6.2050でもみ合い。木曜日(

2015年5月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

返済期限が迫るギリシャ ~もしギリシャがIMFに返済しなかったら?~

返済期限が迫るギリシャ ~もしギリシャがIMFに返済しなかったら?~

2015年4月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスはどの程度包括的か

アベノミクスはどの程度包括的か過去2年間、日本はデフレ脱却と経済再生を目指し、野心的ないわゆるアベノミクスに取り組んでいる。一方、世界中の政策立案者や研究者は格差について議論している。本稿では、成長と所得分配双方を考慮した指標を用いて、アベノミクスが包括的な成長に与える影響について評価する研究を紹介したい。我々の分析の主要な政策的含意は、日本において成長を促進し格差を縮小するためには、構造改革の本格的な実施が必要であるということである。 日本も、先進国で近年拡大しつつある格差と無縁ではない。事例

IMFの世界経済見通し~米国の成長率予測は下方修正も日欧は上方修正

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月15日IMFの世界経済見通し~米国の成長率予測は下方修正も日欧は上方修正 IMF(国際通貨基金)は4月14日に最新の世界経済見通しを発表し、2015年の世界の成長率予測を今年1月の見通しと同じ3.5%で維持したものの、米ドル高を中心とした為替相場の変動と原油安を受けて、世界経済は変化しつつあるとしました。2016年の世界の成長率予測については、新興国経済が好転するとの見込みを背景に3.8%に上方修正し、世界経済の成長は加速し

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月25日のギリシャの総選挙は、政府債務の削減、緊縮財政路線の修正を掲げた「急進左派連合(SYRIZA)」

IMFの世界経済見通し~下方修正ながら2015、16年に成長率は緩やかに加速

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月21日IMFの世界経済見通し~下方修正ながら2015、16年に成長率は緩やかに加速 IMF(国際通貨基金)は1月20日に最新の世界経済見通しを発表し、多くの国・地域での成長見通し悪化が、足元の原油価格下落による成長押し上げ効果を打ち消すとして、2015年の世界の成長率予測を3.5%に下方修正しました。2016年の世界の成長率予測についても3.7%と下方修正したものの、世界経済の成長は加速していく見通しとなっています。先進国の

IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月8日IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速 IMF(国際通貨基金)は10月7日に最新の世界経済見通しを発表し、先進国において過剰債務などの世界金融危機の影響がいまだ継続していることや、一部の新興国において潜在成長率が低下していることを受けて、2014年の世界の成長率予測を3.3%に下方修正しました。2015年の世界の成長率予測についても下方修正したものの、3.8%に加速していくとし

先進国の中でも高い成長が見込まれる英国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月18日15日に発表された、英国の4-6月期のGDP成長率(改定値)は前年同期比+3.2%と、2007年10-12月期以来の高い伸びとなりました。同国では、2013年以降、景気回復が順調に進んでおり、IMF(国際通貨基金)のGDP成長率予想は、2014年:前年比+3.2%、15年:+2.7%と、先進国の中でも高いものとなっています。こうした高い成長の主な牽引役は、個人消費です。IMFは、堅調な個人消費の主な背景として、世界的な金

IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月25日IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず IMF(国際通貨基金)は7月24日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.4%に下方修正しました。下方修正の要因としては、寒波の影響に伴なう米国景気の落ち込みや、中国など主要新興国の成長鈍化が挙げられています。しかし、米国景気の落ち込みは一時的なものであることに加え、中国などでは景気下支え策が打たれていることなどから、201

2014年7月10日国際通貨基金フィードバック数:0社会/政治

IMFを通じた日本の技術支援活動に関する年次報告書, 2013年度

IMFを通じた日本の技術支援活動に関する年次報告書, 2013年度

2014年5月9日財務省フィードバック数:0社会/政治

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)平成26年4月末における我が国の外貨準備高は、1,282,822百万ドルとなり、平成26年3月末と比べ、3,476百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は46,788百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)2014年4月9日IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引 IMF(国際通貨基金)は4月8日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.6%、2015年の予測を3.9%と前回1月時点の予測からそれぞれ0.1ポイント引き下げました。先進国の生産活動は上向くものの、新興国では一部の国で金融情勢の逼迫化から成長が鈍化する可能性があるほか、ウクライナ情勢の緊迫化が成長の重石となることを理由としています。先進国

IMFの世界経済見通し~先進国の成長加速が世界経済を牽引

IMFの世界経済見通し~先進国の成長加速が世界経済を牽引

2014年1月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界との繋がりを示す国際収支統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界との繋がりを示す国際収支統計アメリカ経済を知る! 第9回 2014年1月16日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美国際収支統計とは、一定期間における国の国際取引を記録した統計です。言わば複式簿記のようなものであり、国際収支統計によって、個人や企業、政府機関を含めた、一国と他国との投資や財・サービスの取引が分かります。国際収支統計は、国際通貨基金(IMF:Interna

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度消費者行政推進調査等委託費(消費者の生活向上に資する新たな流通の在り方に関する調査研究)

消費者の生活向上に資する新たな流通の在り方に関する調査研究報告書株式会社野村総合研究所平成 24 年 3 月目 次1.調査研究の背景と目的32.調査方法4①調査項目の概要4②調査フロー5③研究会について63.調査結果8◎調査結果の概要8①消費財流通業に関連するマクロ経済環境(ⅰ)日本及び世界の人口動態、マクロ消費、需要の基本基調1111(1)日本及び世界の人口動態11(2)消費財流通関連の市場規模17(3)国際商品マーケットの価格動向20(ⅱ)新興国市場の成長状況27(ⅲ)日本・世界の流通構造の

2013年7月8日財務省フィードバック数:14社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年6月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年6月末現在)平成25年6月末における我が国の外貨準備高は、1,238,713百万ドルとなり、平成25年5月末と比べ、11,530百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は42,849百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際

2013年6月10日財務省フィードバック数:18社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年5月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年5月末現在)平成25年5月末における我が国の外貨準備高は、1,250,243百万ドルとなり、平成25年4月末と比べ、7,721百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は41,811百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2013年4月8日財務省フィードバック数:31社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年3月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年3月末現在)平成25年3月末における我が国の外貨準備高は、1,254,356百万ドルとなり、平成25年2月末と比べ、4,453百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は39,803百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2013年3月9日財務省フィードバック数:18社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年2月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年2月末現在)平成25年2月末における我が国の外貨準備高は、1,258,809百万ドルとなり、平成25年1月末と比べ、8,490百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は39,506百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2013年2月10日財務省フィードバック数:20社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年1月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年1月末現在)平成25年1月末における我が国の外貨準備高は、1,267,299百万ドルとなり、平成24年12月末と比べ、826百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は36,000百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金融

2013年1月11日財務省フィードバック数:27社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年12月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年12月末現在)平成24年12月末における我が国の外貨準備高は、1,268,125百万ドルとなり、平成24年11月末と比べ、2,723百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は35,926百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他

2012年11月8日財務省フィードバック数:9社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年10月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年10月末現在)平成24年10月末における我が国の外貨準備高は、1,274,160百万ドルとなり、平成24年9月末と比べ、2,840百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は27,950百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国

2012年10月9日財務省フィードバック数:7社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年9月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年9月末現在)平成24年9月末における我が国の外貨準備高は、1,277,000百万ドルとなり、平成24年8月末と比べ、3,758百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は27,428百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2012年9月10日財務省フィードバック数:9社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年8月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年8月末現在)平成24年8月末における我が国の外貨準備高は、1,273,242百万ドルとなり、平成24年7月末と比べ、465百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は25,401百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金融機

2012年8月8日財務省フィードバック数:12社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年7月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年7月末現在)平成24年7月末における我が国の外貨準備高は、1,272,777百万ドルとなり、平成24年6月末と比べ、2,230百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は23,776百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2012年7月9日財務省フィードバック数:9社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年6月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年6月末現在)平成24年6月末における我が国の外貨準備高は、1,270,547百万ドルとなり、平成24年5月末と比べ、7,169百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は23,503百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2012年6月8日財務省フィードバック数:6社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年5月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年5月末現在)平成24年5月末における我が国の外貨準備高は、1,277,716百万ドルとなり、平成24年4月末と比べ、11,826百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は19,706百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際

2012年5月10日財務省フィードバック数:12社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年4月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年4月末現在)平成24年4月末における我が国の外貨準備高は、1,289,542百万ドルとなり、平成24年3月末と比べ、839百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は18,779百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金融機

2012年4月9日財務省フィードバック数:10社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年3月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年3月末現在)平成24年3月末における我が国の外貨準備高は、1,288,703百万ドルとなり、平成24年2月末と比べ、14,174百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は18,779百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際

2012年2月8日財務省フィードバック数:9社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年1月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年1月末現在)平成24年1月末における我が国の外貨準備高は、1,306,668百万ドルとなり、平成23年12月末と比べ、10,827百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は16,358百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ