「IOT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月14日IPA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査

組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査結果を公開 2017年5月2日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター概要 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(以下、IPA/SEC)は、組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査結果を公開しました。調査の背景と狙い IoT(Internet of Things)時代の到来により、デバイス、家電、自動車、工場の設備といった社会環境を構成するシステムが、ネットワークに接続され、利用

2017年5月4日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査

約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」 GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」約6割が、「月末の設定はやめた方がいい」調査結果サマリー大型連休前のプレミアムフライデーは、約4割が「早帰りをあきらめている」ゴールデンウィークに近い、4月の「プレミアムフライデー」は、「特にいつもと退社時間は変わらないとあきらめている」という人が最も多く、37.3%でした。「なんとしても15時退社したい」人は4.2%、「でき

2017年4月29日トロンフィードバック数:0企業情報システム

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ- IoT関連機器の組込みOSのAPIでも、TRON系OSがトップ - 〒141-0031東京都品川区西五反田2-12-3 第一誠実ビル9FYRPユビキタス・ネットワーキング研究所内TEL:03-5437-0572(窓口)FAX:03-5437-2399(窓口)E-Mail:office@tron.org

2017年4月26日富士通★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル革新の動向・実態調査

ホーム >プレスリリース >世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施 PRESS RELEASE 2017年4月18日富士通株式会社世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施デジタル革新の取り組みのうち34%において、売上向上などの成果を確認当社は、世界的なデジタル革新の動向・実態の調査を目的に、世界15カ国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象として実施した「グローバル・デジタル革

2017年4月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)

2017年04月14日 デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年) ~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~2017年3月2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事業者3.調査方法:郵送アンケート調査

日本の農業、5年でどう変わった?

IoT,インフォグラフィック,農作物,農場経営:人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあり、小売チェーンや私鉄、銀行などの他業界企業が農業ビジネスに参入しています。いま、日本の農業はどんな状況なのでしょうか。農林水産統計部が提供する最近5年間のデータをまとめてみると、意外な一面も見えてきました!意外とIT化が進んでいる!と感じた方も多いのではないでしょうか。データをみると、確かに農業人口や耕作地の減少といった傾向はあります。しかし

2017年4月20日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査

2017年4月12日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査結果を発表国内企業のIoTへの取り組みは緩やかに前進、経営者の姿勢が鍵に『ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2017』(4月26〜28日、東京コンファレンスセンター・品川) において、知見を提供 ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のIoTへの取り組みに関する調査結果を発表しました。

2017年4月12日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内M2M市場に関する調査を実施(2017年)

2017年04月10日 国内M2M市場に関する調査を実施(2017年) ~M2Mは利用分野の拡大で需要が増加、IoTビジネスも大きく伸長の見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のM2M市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年3月2.調査対象:国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)、プラットフォームベンダー、ユーザ企業等3.調査方法:当社専門

2017年4月11日日経BP★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ビジネスパーソンが期待する新技術ランキング

2017年3月14日2017年に期待する新技術は、1位「再生医療」、2位「IoT」 日経BP総研がビジネスパーソンを対象に調査 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)の日経BP総合研究所(日経BP総研)は3月14日、「ビジネスパーソンが期待する新技術ランキング」を発表しました。同ランキングは、新技術によるイノベーションへの期待が高まるなか、ビジネスパーソンの新技術に対する期待度を、アンケート調査に基づいて評価したものです。調査した新技術は63件。書籍『日経テクノロジー展望2017 世界を

2017年3月10日東京商工会議所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査結果を取りまとめました 平成29年3月2日東京商工会議所地域振興部東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業を中心とする会員企業の足元の状況を把握することを目的として、このたび標記調査結果を取りまとめました。 労働力減少が確実となる中、個々の企業の生産性向上こそが日本の経済成長の原動力となりますが、中小企業の経営基盤は脆弱であり、生産性は大企業の平均値を大きく下回る状況です。 このような中、今期、当所では生産性向上委員会(委員長=ライオン(株)相

2017年3月9日東京商工会議所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査結果を取りまとめました 平成29年3月2日東京商工会議所地域振興部東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業を中心とする会員企業の足元の状況を把握することを目的として、このたび標記調査結果を取りまとめました。 労働力減少が確実となる中、個々の企業の生産性向上こそが日本の経済成長の原動力となりますが、中小企業の経営基盤は脆弱であり、生産性は大企業の平均値を大きく下回る状況です。 このような中、今期、当所では生産性向上委員会(委員長=ライオン(株)相

2017年:17のトレンド予測

フロスト&サリバン 「2017年:17のトレンド予測」2017年に起こるイノベーション、企業が注目すべき投資機会とはフロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース 2017年2月21日フロスト&サリバンは、2017年のビジネスや産業、経済に最も大きな影響をもたらすことが予測されるトレンド「2017年:17のトレンド予測」を発表しました。この17のトレンド予測では、2017年に予測されるビジネスや経済の世界的なトレンドを特定すると同時に、企業が今後投資すべき分野について示しています。世界に驚

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散2017.01.26【カリフォル

2017年2月12日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

情報セキュリティ10大脅威 2017 最終更新日:2017年4月27日職場に迫る脅威! 家庭に迫る脅威!? 急がば回れの心構えでセキュリティ対策を「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者などからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 情報セキュリティ

2017年2月10日インプレス★★フィードバック数:0マーケティング

インターネット白書2016

小売希望価格:電子書籍版 2,000円(税別)印刷書籍版 3,200円(税別)B5判/モノクロ/本文344ページ(印刷書籍版)発行日:2016年1月29日ISBN:978-4-8020-9069-8巻頭1-1 メディアとアプリケーション1-2 広告とマーケティング1-3 Eコマースとファイナンス1-4 クラウド/データセンター事業者1-5 VC投資1-6 ビジネス関連統計資料2-1 国内通信事業者2-2 海外通信事業者2-3 通信行政と業界改革2-4 通信関連統計資料3-1 ドメイン名3-2 I

2017年2月6日ガートナーフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Worldwide Semiconductor Revenue Forecast to Grow 7.2 Percent in 2017

Gartner Says Worldwide Semiconductor Revenue Forecast to Grow 7.2 Percent in 2017Worldwide semiconductor revenue is forecast to total $364.1 billion in 2017, an increase of 7.2 percent from 2016, according to Gartner, Inc. This represents a complete

2017年2月2日インプレスR&D★★フィードバック数:0ライフスタイル

『インターネット白書2017』

インターネット白書2017 IoTが生み出す新たなリアル市場編者:インターネット白書編集委員会AI、ブロックチェーン、VR、ドローン、コネクテッドカー、5G、LPWAほか、 インターネットによる真の産業変革はこれから始まる! 「The Internet for Everything」を掲げ、インターネットによる技術・ビジネス・社会の変革を伝える業界定番の年鑑。21年目を迎える2017年版は36人の専門家が寄稿。LPWAと5Gという、2つの通信のイノベーションや、AI、ブロックチェーン、VR、コネ

2017年1月17日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コネクテッドカーに関する調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「コネクテッドカーに関する調査」 - 完全自動運転の必要性は運転の好き嫌いで変化  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,745名に対し、コネクテッドカー(近未来の自動車)に関するインターネット調査を実施した。調査結果より、自動運転の必要性や未来の車に必要なテクノロジーについて発表した。 【概要】・自動運転レベル3(システムが要請した時のみドライバーが対応する)の必要

2017年1月17日ノークリサーチ★★フィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業におけるIT活用の展望その1:業務システム/IoT/RPA編

2017年中堅・中小企業におけるIT活用の展望その1:業務システム/IoT/RPA編

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

2016年12月26日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 IoTのセキュリティが今年のトップである。モノのインターネットの略であるが、その本質は世界のすべてのものがインターネットにつながるところにある。このIoTがBOTと化して攻撃に利用されることの危惧等にかねてから警鐘が鳴らされてきたところだ。さらに、ランサムウェアや標的型攻撃メールに代表されるサイバー攻撃は今や茶飯事となり、情報流出等の被害はとどまるところを知らない。サイバー空間はいたるところが攻撃対象とされる脅威遍在の

2017年1月11日Parks Associatesフィードバック数:0デジタル家電海外

Top 10 Consumer IoT Trends in 2017

Thursday, December 15, 2016Parks Associates announces “Top 10 Consumer IoT Trends in 2017” and players to watch in the new yearNew industry research shows U.S. households own an average of 10 connected devices in 2016Parks Associates released a new w

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

会員が注目した2016年記事ランキング(データ分析編)

関連キーワードExcel | BI(ビジネスインテリジェンス) | ビッグデータ | データ分析 | Hadoop | IoT(Internet of Things) | 機械学習

2016年12月25日東洋経済新報社フィードバック数:0企業情報システム

全上場企業3635社についてデジタル技術の活用状況を調査

T O Y O K E I Z A I I N C . s i n c e 18 9 5Press Release〒103-8345 東京都中央区日本橋本石町 1- 2 -1 http://toyokeizai.net/2016/12/1588%の企業が、AI 等の重要性を認識 『会社四季報 2017 年新春号』はビッグデータ、IoT、AI の活用状況・目的を調査 株式会社東洋経済新報社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山縣裕一郎)が、全上場企業 3635 社についてデジタル技術の活用

InfoCom ICT経済報告 2016年7-9月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年12月15日ICT財生産は4四半期ぶりに増加(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学篠﨑彰彦氏、神奈川大学飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ごとに公表しております。本日、ICT経済概況につい

2016年12月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

次世代型モニタリングの可能性調査を実施(2016年)

2016年12月12日 次世代型モニタリングの可能性調査を実施(2016年) ~IoT関連テクノロジーを活用した次世代型モニタリングは、テスト導入から普及段階へ~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の次世代型モニタリングの可能性調査を実施した。1.調査期間:2016年8月~11月2.調査対象分野:ITベンダー、ユーザ企業・団体(地方自治体・公共団体、各種製造業、建設業、運輸・倉庫業、サービス業等)3.調査方法:電話調査を主体に、一部弊社専門調査員による直接面談調査及び文献調査を併

2016年12月18日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

社長が選ぶ 今年の社長 2016

従業員数が10人以上の企業経営者(経営トップ)を対象に、2016年の最優秀経営者が誰だと思うかを尋ね、その結果を「社長が選ぶ 今年の社長」としてまとめました。調査は、11月11日から18日までインターネット調査会社を通じて行いました(有効回答404)。この調査は2008年から実施しており今回が9回目です。結果概要2016年の「今年の社長」は、孫 正義氏(ソフトバンクグループ代表取締役社長)となりました。9月に約3.3兆円を投じて半導体設計の英アーム・ホールディングスを買収し、さらに10月には1

2017年サイバー・セキュリティ動向予測

Menu 製品およびサービスに関する お問い合わせ(日本) >> チェック・ポイント、2017年サイバー・セキュリティ動向予測を発表 Check Point Press Releasesチェック・ポイント、2017年サイバー・セキュリティ動向予測を発表標的がモバイル、IoT、重要インフラ、クラウドなどへ深化拡大の傾向2016年11月30日ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:ピータ

2016年12月8日日立製作所フィードバック数:0マーケティング

第三回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。 2016年12月2日株式会社日立製作所株式会社博報堂「第三回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を実施パーソナルデータの利活用に関する生活者の意識変化をとらえるとともに、新たにIoTや人工知能などの最新技術

2016年12月6日CompTIA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「Tech on the Horizon: From VR to Bots」(近未来のテクノロジー:VRからBotへ)

[] CompTIA日本支局(所在地:東京都千代田区三崎町3-4-9 水道橋MSビル7F)は、導入前の段階にあるテクノロジーの検証をまとめた調査レポート「Tech on the Horizon: From VR to Bots(近未来のテクノロジー:VR からBot へ)」を11月7日(月) に発表いたしました。調査の中では、一般的に振興テクノロジー(AI、ロボット、IoTなど)の発展は雇用喪失につながるのではないかと危惧されておりますが、ITリテラシーの高いプロフェッショナルとエグゼクティブた

2016年11月30日エスキュービズム★フィードバック数:0企業情報システム

IoTに関する行動・意識調査

IoTに関する行動・意識調査結果~6割が「IoTという言葉は流行語」、各社の取り組み状況、2年後の予想等~株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長 薮崎 敬祐(やぶさき たかひろ)、)は、10月18日に開催されました「S-cubism IoT conference」(https://usable-iot.com/iotconference/)において、来場者約680名にIoTへの取り組みについてアンケートを行いました。【結果の概要】IoTに取り組みの状況は?実際にIoTに取り組

2016年11月8日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 ? エンドポイントの増加

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – エンドポイントの増加調査に対し500名を超えるITセキュリティプロフェッショナルが回答「セキュリティアップデートの随時適用は、どの組織においてもリスクを低減するための最も効果的な方法です。しかし、いまだに多くの企業の課題となっています。導入されるデバイスの多様化が進むにつれ、アップデートの入手や管理はさらに難しくなります。組織はインシデントが発生する前の今こそ、戦略導入の必要があるのです。」 ティム・アーリン Tripwire IT

2016年10月20日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2017

国内企業のIT予算は堅調に増加 AI、IoTなどの新技術に対する投資意欲も拡大 ― ITRが「IT投資動向調査2017」の結果を発表 ―2016年10月19日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2016年8月から9月にかけて実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。 2001年の調査開始から16回目を数える今回の調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向、重視するIT戦略などに加えて、全110項目に

2016年10月3日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス

DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス

2016年9月21日FFRIフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Monthly Research 「Black Hat USA 2016 サーベイレポート」

世界トップレベルのセキュリティ・リサーチ・チームを作り、コンピュータ社会の健全な運営に寄与します。 Monthly Research 「Black Hat USA 2016 サーベイレポート」 Black Hat USA は世界最大級のセキュリティカンファレンスです。その発表内容は高度で新規性が高い脅威実証や防御技術が中心でした。多くの研究発表の中からFFRIリサーチャーが注目した研究発表を紹介します。FFRIリサーチャーが注目した研究発表CANSPY: A Platform For Audit

2016年9月6日Tripwireフィードバック数:0企業情報システム

IoTに関するセキュリティリスクへの備えがある企業は調査対象の3分の1以下

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > 調査:IoTに関するセキュリティリスクへの備えがある企業は調査対象の3分の1以下 調査:IoTに関するセキュリティリスクへの備えがある企業は調査対象の3分の1以下オレゴン州ポートランド、2016 年 8 月 25 日 – エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダである Tripwire, Inc.は、Black Hat USA 2016 に参加した 220 人超の情報セキュリティプロフ

2016年9月4日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

国内ストレッチャブルデバイス市場に関する調査(2016年)

2016年08月29日 国内ストレッチャブルデバイス市場に関する調査を実施(2016年) ~「ストレッチャブル」(伸縮性)が、ウェアラブルデバイスの普及促進の鍵へ~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のストレッチャブルデバイス・部材市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年4月~7月2.調査対象:導電性ペーストメーカー、導電性繊維メーカー、回路基板メーカー、機能性素材・ウェアメーカー等3.調査方法:当社専門調査員による直接面談取材をベースに、文献調査を併用<ストレッチャブルデ

2016年8月14日レオパレス21フィードバック数:0ライフスタイル

2016年 ひとり暮らしに関する実態調査

[レオパレス21] ,ひとり暮らし ルームシェア 節約 祝日 実態調査 レオパレス21 IoT 広瀬すず 山の日 ディーン・フジオカ

2016年8月11日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)

報道資料平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)の公表総務省は本日、平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)を公表しました。 総務省は、我が国の情報通信の現況及び情報通信政策の動向について国民の理解を得ることを目的として、「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)を毎年作成・公表しています。昭和48年の第1回公表以来、今回で44回目の公表となります(※1)。今回の白書では、特集テーマを「IoT・ビッグデータ・AI 〜ネットワークとデータが創造

2016年8月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査(2016年)

2016年08月05日 クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査を実施(2016年) ~IoTにも牽引され、拡大するクラウド基盤サービス~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年5月~7月2.調査対象:国内クラウド基盤サービス提供事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスとは>本調査に

2016年8月8日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造/流通における国内第3のプラットフォーム活用動向分析

~IoT搭載製品を使った収益モデルや、オムニチャネル戦略による新たなカスタマーエクスペリエンス提供が本格始動~製造/流通における国内第3のプラットフォーム活用動向分析結果を発表 2016年の製造業と流通業による第3のプラットフォームへの投資は前年比二桁成長を予測 大手製造業の5割以上が「生産工程」と「保守領域」でIoTを導入と回答し、8割以上の大手流通業が、オムニチャネルに取り組んでいると回答 ユーザー企業は、市場優位性を獲得するべく、第3のプラットフォームを武器に、新たなビジネスモデル展

2016年7月27日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

山手線「女性が快適な駅トイレ」ランキング

山手線「女性が快適な駅トイレ」ランキングパウダーコーナーや洋式設置率を独自調査! 高山 惠1976年生まれ。東京都出身。短大卒業後から現在まで、フリーライターとして雑誌やWEBなどで執筆。足と時間を使った調査系の取材が好物で、モットーは「フットワークは誰よりも軽く」。 トイレの設置数はターミナル駅が多いが、混雑を考えた「入りやすさ」では意外な駅が上位にランクインする(撮影:小佐野景寿) 今回は、昨日に続くJR山手線「トイレランキング」の女性編。調査対象は男性編同様、山手線29駅のJR改札内

2016年7月4日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

工場管理のIoT関連技術、特許総合力トップ3は日立、オムロン、新日鉄住金

工場管理のIoT関連技術、特許総合力トップ3は日立、オムロン、新日鉄住金 弊社はこのほど、2016年5月末までに日本の特許庁に出願された「工場管理のIoT関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 近年、工場における生産性向上や、部品寿命管理の効率化などを目的として、IoT関連技術が注目を集めています。本ランキングでは、「工場管理のIoT関連技術」全般について調査することを目的に、関連特許3,878件につ

2016年7月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2016年の国内IT市場は、14兆5,683億円、前年比成長率マイナス0.4%を予測 2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年のIT市場規模は15兆2,413億円を予測 企業分野における2016年は、小規模企業以外でプラス成長に転じる。特に大企業では銀行、小売、公共/公益分野が堅調、前年比成長率1.3%を予測 2017年以降2019年をピークに各企業規模でプラス成長を維持すると予測 IT

2016年5月18日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2016年4月)

求人情報を探すエージェントサービススカウトサービス転職成功ガイドイベントDODA専門サイト登録情報設定ヘルプ表示切替求人情報を探す紹介求人を見るエージェントサービススカウトサービス選考状況を見るエージェントサービス求人応募転職成功ガイドイベントDODA専門サイト登録情報設定ヘルプ表示切替ログアウト転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ) 求人情報を探す エージェントサービス スカウトサービス 転職成功ガイド イベント ヘルプ転職活動の準備転職求人倍率レポート(2016年4月)全体:求

2016年5月10日経済産業省★★フィードバック数:0大型消費/投資

ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査

「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を取りまとめました 経済産業省は、IoT を含む非常に幅広い分野への応用が期待されているブロックチェーン技術に関して調査報告書として取りまとめ、「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を公表しました。 1.背景 ビットコイン等の価値記録の取引に使用されているブロックチェーン技術は、その構造上、従来の集中管理型のシステムに比べ、『改ざんが極めて困難』であり、『実質ゼロ・ダウンタイム』なシステムを『安価』に構築

2016年5月9日ガートナーフィードバック数:0マーケティング

日本におけるモノのインターネットに関する調査

2016年4月26日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるモノのインターネットに関する調査結果を発表国内企業のIoTへの取り組み姿勢は慎重体制づくりを急ぐベンダーとユーザー企業の間に温度差『ガートナー インフラストラクチャ&データセンター サミット 2016』(4月26〜28日、東京コンファレンスセンター・品川) において、知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のモノのインターネット (IoT) への取り組

2016年5月6日IPAフィードバック数:0キャリアとスキル

IT人材白書2016

プレス発表 「IT人材白書2016」を発行~ 日本と欧州におけるIT人材の動向比較。フリーランスとして働くIT技術者の実態を調査 ~2016年4月22日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は4月22日(金)、IT関連産業の人材動向、産学におけるIT教育の状況、IT人材個人の意識などについて、最新の動向や実態を把握することを目的とした調査を実施し、「IT人材白書2016 多様な文化へ踏み出す覚悟」として取りまとめ、4月27日(水)に発行することを

2016年5月4日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠

Skip to main content Skip to Footer2016年4月21日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠 消費財メーカーがどのように成長機会を捉え、消費者との関係を維持すればよいかが明らかに【シンガポール発:2016年2月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の調査によると、消費財メーカーはデジタル・コマースを全面的に活用しなければ、アジア・パシフィック地域にお

Global Tech Trends 2016

テクノロジーに大きな変革をもたらす事象への理解を深めるため、デロイトでは毎年Global Tech Trendsを発行しております。今回で7回目となるTech Trends 2016は、今後1年半~2年の間にビジネスに大きなインパクトを与えるだろう8つのトレンドに焦点をあて、また各トレンドが計画・設計・導入される段階において企業内統制の立場からサイバーリスクをどう捉えておくべきか考察しております。 Tech Trends 2016 日本語版レポート資料はこちらからダウンロードいただけます。

2016年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ市場に関する調査結果 2016

2016年03月31日 ビッグデータ市場に関する調査結果 2016 ~国内でのビッグデータ関連への投資額は535億円~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内民間企業のビッグデータに関連したIT投資実態と今後の展望について調査を実施した。1.調査期間:2015年12月~2016年2月2.調査対象:国内の企業、団体、公的機関等3.調査方法:各種文献調査、民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート<本調査におけるビッグデータ市場>本調査では国内のビッグデータ市場規模について、民

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ