調査のチカラ TOP > タグ一覧 > IP電話利用者

「IP電話利用者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年4月10日MM総研★フィードバック数:14モバイル

コミュニケーションアプリやソーシャルゲームについての調査です。

IP電話、ソーシャルゲーム利用に関するユーザー調査

IP電話、ソーシャルゲーム利用に関するユーザー調査 2013年04月10日■スマートフォン利用者のIP電話・メールアプリの利用率上位は「LINE」、「Facebook」、「Skype」 ■通話時間全体に占めるIP電話の割合は28% ■ソーシャルゲーム利用者のうち、有料コンテンツ購入者は12% ■ゲームのプレイ時間全体に占めるソーシャルゲームの割合は36%  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は4月10日、IP電話・メールアプリ(LINE、Facebook、Skypeなど)、ソーシャルゲー

インターネット電話に関する調査--通話料無料は今後のスタンダードに

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インターネット電話に関する調査を実施した。 前回の「インターネット電話に関する調査」ではインターネット電話の認知度や利用状況、実際にどんな人が通話しているのかを調べた。 今回の調査では、インターネット電話の利用による通話時間・通話料金の変化やインターネット電話無料サービスと通話無料サービスを比較した場合のニーズについて調査した。≪調査結果サマリー≫インターネット電話利用者の半数弱は通話時間が長くなり

メッセンジャーに関する調査--認知度は7割超えるが、「携帯電話メールが便利」の声も大きい

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インスタントメッセンジャー(IM)に関する調査を実施した。 1999年のiモード登場以降、日本市場では若い世代や女性の間で携帯電話メールがテキストのチャットのように使われてきた。そのため、日本市場では携帯電話メールとIMの違いを打ち出し、日々の生活の中でのコミュニケーションツールとして根付いていくのはこれからという現状だと考えられる。 一方、米国のIM市場はMSN、Yahoo!、AOL、Google

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ