「IPA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年2月18日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2016

情報セキュリティ10大脅威 2016個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など69組織108名から構成される「10大脅威選考会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 10大脅威の10年史過去10年の「10大脅威」を振り返り、社会的背景、脅威や攻撃手法の移り変わりとの関係を解説しています。第2章 情報セキュリティ10大

2015年4月8日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAの調査結果を読み解いています。

企業が悩むセキュリティ対策の実態

今回は、「パスワード」と「モバイル端末の業務利用」について取り上げる。いずれも、他社の状況が気になる話題だろう。主な業務システムにおいて、一般ユーザーの認証方法にID/パスワードを利用しているかどうかを聞いたところ、98.7%が「利用している」と回答した。  企業を狙うサイバー攻撃が後を絶たない。2014年中、情報処理推進機構(IPA)に報告された標的型攻撃メールは500件を超える。今回は、「2014年度情報セキュリティ事象被害状況調査」が明らかにした、企業を狙ったサイバー攻撃の実態をまとめた

2014年8月13日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

注意喚起「ウェブサイトの改ざん回避のために早急な対策を」

注意喚起「ウェブサイトの改ざん回避のために早急な対策を」 2014年8月13日独立行政法人情報処理推進機構一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター注意喚起「ウェブサイトの改ざん回避のために早急な対策を」~昨秋以降ウェブサイト改ざんの報告は月平均400件前後で横ばい。脆弱性未解消のウェブサイトが少なからず残存している可能性が~ IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)およびJPCERT/CC(一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター、代表理事:歌代 和

アメリカの動向をまとめています。

米国クラウドサービス市場に関する最近の動向

JETRO/IPA New York「ニューヨークだより」2013年3月号省庁・団体情報詳細ニューヨークだより 2013年3月号「米国クラウドサービス市場に関する最近の動向」 クラウドコンピューティングとは、2008年ころから用いられるようになったITの利用形態であり、一般には、サーバーなどの機器やソフトウエアなどのコンピューティング資源を自ら保有するのではなく、インターネットを通じて必要に応じて調達し、利用することを指す。米国では、企業や政府機関などにおいて、その経済性や柔軟性の利点から、徐々

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ