「IPCC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「科学技術動向」2015年5・6月号

「科学技術動向」5・6月号の公表についてレポート1「フォーサイト:政策立案への貢献に向けて~第6回予測国際会議報告~」では、当研究所主催の予測国際会議(2015年3月開催)の概要について紹介しています。会議では、科学技術イノベーション政策立案への貢献に向けたフォーサイトの在り方について議論し、社会のニーズに対応したファーサイトの継続が必要とされました。レポート2「東南アジア教育大臣機構(SEAMEO)における予測活動」では、2013年1月から実施したSEAMEOにおけるフォーサイトに関する検討結

CCS(二酸化炭素の回収と貯留)の現状と展望

2015.02.18CCS(二酸化炭素の回収と貯留)の現状と展望  地球温暖化防止を目的とした「排ガスからのCO2回収技術の開発研究」が国際的に開始されたのは1990年代初頭である。1992年アムステルダムで開催された第1回CO2回収に関する国際会議(The First International Conference on Carbon Dioxide Removal)では、実証あるいは商用規模の様々なCO2回収技術とともに、EOR(原油増進回収)、地中貯留、及び海洋処分などの利用・貯留技術

2014年11月30日気象庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

太平洋域における海洋酸性化に関する情報提供の開始について~海洋酸性化が顕著に進行していることが分かりました~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 太平洋域における海洋酸性化に関する情報提供の開始について~海洋酸性化が顕著に進行していることが分かりました~ 報道発表日概要 気象庁観測船の観測データに加え、国際的な二酸化炭素に係わる観測データも取り入れた、太平洋域における海洋酸性化に関する定期的な監視情報の提供を開始します。今回の解析により、太平洋域では海洋酸性化の指標である水素イオン濃度指数(pH)は、1990年以降、約0.04(10年あたり0.016)低下しており、海洋酸性化が進行してい

2014年11月5日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動についてのレポートです。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書の公表について(お知らせ) 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第40回総会(平成26年10月27日~31日、於 デンマーク・コペンハーゲン)において、IPCC第5次評価報告書統合報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表されるとともに、統合報告書本体が採択されました。 図表を含めた本文については、下記の添付資料をご参照ください。 添付資料連絡先 環境省地球環境局総務課研究調査室(代表:03-3581-3351)(直

2014年10月6日三重県★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

三重県のレポートです。

三重県気候変動影響レポート2014

「三重県気候変動影響レポート2014」~ここまで進んできた温暖化~ をとりまとめました三重県では津地方気象台と国立環境研究所の協力を得て、県内における「気候の変化」「気候による影響」の情報を中心とした「三重県気候変動影響レポート」をまとめました。県民や事業者の皆様には、県内における気候変動の現状について事実を知っていただき、引き続き省エネルギーや再生可能エネルギーの導入等による温室効果ガスの排出削減に取り組んでいただくとともに、すでに現れている地球温暖化によると思われる事象に適切に対処していく「

2014年8月3日気象庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気象庁のレポートです。

気候変動監視レポート2013

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 「気候変動監視レポート2013」の公表について報道発表日概要「気候変動監視レポート2013」を気象庁ホームページで公表します。本文気象庁では、気候、海洋、大気環境の各分野の観測や監視、解析結果をとりまとめた「気候変動監視レポート」を毎年公表しています。今般、当該分野における2013年の状況やこれまでの長期的な変化傾向について、「気候変動監視レポート2013」として取りまとめましたので、本日、気象庁ホームページで公表します。 本年のレポートでは、顕

2014年3月5日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動と災害リスク IPCC報告と国際交渉の現状に関して

気候変動と災害リスク IPCC報告と国際交渉の現状に関して

2013年10月20日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地球温暖化影響に関するアンケート調査

国民は地球温暖化の影響をどのように捉えているのか地球温暖化影響に関するアンケート調査を実施2013年9月5日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)は、地球温暖化に関する国民の関心度や理解度を把握するため、「地球温暖化影響に関するアンケート調査」を行い、このたびレポートとしてまとめましたのでご案内いたします。 近年、地球温暖化の影響については国内でも数多くの研究が行われている一方で、温暖化の影響に関する国民の関心度や理解度を把握した事例は

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

IPCCが6年ぶりに報告書を公表

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月27日、スウェーデンのストックホルムにおいて、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)から、地球温暖化に関する「第5次評価報告書 第1作業部会報告書(自然科学的根拠)」が公表された。報告書によれば、地球温暖化の原因は人間活動の可能性が極めて高く、今世紀末に気温は最高で4.8度高く、海面水位は最大で82センチ上昇するとしている(図表)。本報告書は、国際機関や各国の環境・エネルギー政策決定者が政策

2013年9月29日気象庁フィードバック数:0社会/政治

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について報道発表日概要気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第36回総会及び第1作業部会第12回会合(平成25年9月23日~9月26日、於 スウェーデン・ストックホルム)において、IPCC第5次評価報告書第1作業部会報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表されるとともに、第1作業部会報告書本体が受諾されました。本文本文については、下の「資料

2013年9月6日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化についての意識調査です。

地球温暖化影響に関するアンケート調査

地球温暖化影響に関するアンケート調査調査の背景と目的気候変動に関する政府間パネル(IPCC)*1 では、2013年9月から2014年にかけて第5次評価報告書(AR5)を公表予定であり、地球温暖化影響についての最新情報が整理・提供される見込み。地球温暖化対策は社会の大きな変革を必要としており、その推進のためには地球温暖化の影響について国民各層の適切な理解を促し、国の温暖化政策への受容性を高めることが不可欠と考えられる。国民に対して地球温暖化の影響についての効果的な情報提供を行うには、国民の関心度や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ