「IPO」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

新規株式上場(IPO)意向調査(2017年)

2017/4/27新規株式上場(IPO)意向調査(2017年)IPOの目的、「社内管理体制の強化」「売り上げの拡大」の割合が浮上〜 企業所在地は「東京」が4割で最多も地方企業の割合増加 〜はじめに2016年11月の米大統領選でドナルド・トランプ氏が当選すると、減税や財政出動、インフラ投資の拡大といった同氏の経済政策への期待からドル高が進んだ。相対的に円安となったことで国内株式市場も上向き、2017年に入ってからも堅調に推移している。そのため2017年のIPOは、前年のLINE、九州旅客鉄道(JR

2016年8月12日zuuonline★フィードバック数:0キャリアとスキル

IPO長者番付「巨額の冨」を手にした経営者トップ10(2015年版)

2016年は「公募割れ」が目立つIPO長者番付「巨額の冨」を手にした経営者トップ10(2015年版)(写真=Thinkstock/Getty Images) 2015年に新規株式公開した企業92社のうち、約9割が公開価格を上回わる初値をつけた。全般的に小型化傾向が見られたが、これらの上場でIPO長者も出てきている。「2015年IPO長者番付」として、上位10人を紹介しよう。なお、ランキングは普通株を対象とし、特殊ケースと見られる日本郵政3社は除外している。第10位 サンバイオ 代表

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス

未上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス 細野 薫(学習院大学) /滝澤 美帆(東洋大学) 概要本稿では、1990年代後半以降の日本企業を対象として、非上場企業のIPO(新規株式公開)による資金調達の決定要因、および、資金調達後の企業パフォーマンスを分析した。この結果、規模、ROA、全要素生産性(TFP)が高く、負債比率および費用比率が低い企業はIPOをする確率が高いこと、また、IPOをした企業は、その後、非IPO企業に比べて、設備投資比率、研究開発費比率、ROA、TFP、

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:1ビジネス

平成23年度ベンチャー企業等における発行種類株の価値算定モデルに関する調査報告書

平成 23 年 10 月 31 日経済産業省経済産業政策局新規産業室 御中「平成 23 年度ベンチャー企業における発行種類株の価値算定モデルに関する調査」報告書有限責任監査法人トーマツ目ⅠⅡⅢⅣⅤ次はじめに11.本調査業務の背景22.本調査業務の実施方針3我が国及び諸外国における種類株式の制度比較41.日本52.米国293.英国574.カナダ665.各国比較(日米比較)80米国における種類株式の発行実例891.発行実例調査の概要902.価格倍率分析933.優先権の設定状況1034.ストック・オプ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ