「IRA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

米国「長寿年金」の動向-適格長寿年金契約(QLAC)に関する税制の確定を受け、401(k)、IRA等、年金プランからの投資が期待される-

米国「長寿年金」の動向-適格長寿年金契約(QLAC)に関する税制の確定を受け、401(k)、IRA等、年金プランからの投資が期待される- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 米国「長寿年金」の動向-適格長寿年金契約(QLAC)に関する税制の確定を受け、401(k)、IRA等、年金プランからの投資が期待される-米国「長寿年金」の動向-適格長寿年金契約(QLAC)に関する税制の確定を受け、401(k)、IRA等、年金プランからの投資が期待され

NISA~誰が為の制度か~

NISA~誰が為の制度か~ | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月初旬、金融庁はNISA(少額投資非課税制度)の昨年12月末までの利用状況(速報値)を発表した。それによると、制度スタートから2年目を迎えたNISAの開設口座数は824万件、投資総額は2兆9,797億円になったとのこと。一見、順調そうにみえるが、証券業協会が発表した12月末時

2014年4月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

米国の個人退職勘定(IRA)と日本への示唆

リサーチ TODAY2014 年 4 月 17 日米国の個人退職勘定(IRA)と日本への示唆常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国では401Kプラン等の企業年金と並んで、個人退職勘定(IRA)が国民の資産形成手段として重要な役割を果たしている。下記の図表(左)のようにIRAは1974年に創設されて以降、2012年末で約5.5兆ドル(約550兆円)の資産残高を有しており、図表(右)のように米国の退職後資金運用市場の約28%を占める規模にまで成長している。みずほ総合研究所は先月、米国のIRA

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 小松原 章基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 | ニッセイ基礎研究所 米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 小松原 章基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国の退職貯蓄残高は2013年6月現在で20兆8,950億ドルと家計金融資産残高の34%を占めており、社会保

2013年4月4日日本総研フィードバック数:1社会/政治

【特集 社会保障と経済成長をどう両立するか】急がれる確定拠出型年金の拡充

急がれる確定拠出型年金の拡充―厚生年金基金制度改革の前提条件―調査部 理事 翁 百合目   次1.有識者会議のエッセンスと評価2.厳しい厚生年金基金制度の持続可能性(1)基金を運用する確定給付型企業年金の限界(2)現状の基金の財政状況と先送りの構造3.早期是正の仕組みと限界(1)現行の二つの早期是正の仕組み(2)実効性ある早期是正制度の導入は可能か4.検討すべき個人型の確定拠出年金の拡充(1)日本の確定拠出年金の現状(2)アメリカのIRA(個人退職者勘定)の最近の動向(3)ドイツのリースター年金

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ