「ISA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

NISA~誰が為の制度か~

NISA~誰が為の制度か~ | ニッセイ基礎研究所 NISA~誰が為の制度か~ 金融研究部 常務取締役 部長 前田 俊之3月初旬、金融庁はNISA(少額投資非課税制度)の昨年12月末までの利用状況(速報値)を発表した。それによると、制度スタートから2年目を迎えたNISAの開設口座数は824万件、投資総額は2兆9,797億円になったとのこと。一見、順調そうにみえるが、証券業協会が発表した12月末時点でのデータでは休眠口座の占める割合が5割を超えており、関係者からは期待外れだとの声も聞こえてくる。

2014年5月29日日本証券業協会★フィードバック数:0大型消費/投資海外

ISAなどイギリス、アメリカでの実態調査です。

英国・米国における個人の中長期的・自助努力による資産形成のための投資優遇税制等の実態調査

「英国・米国における個人の中長期的・自助努力による資産形成のための投資優遇税制等の実態調査」報告書 本協会では、NISA(少額投資非課税制度)の普及・促進及び恒久化、ジュニアNISA創設に向けて、英国のISA(Individual Savings Account)及び米国の529プラン等について、財務省・規制機関、金融機関・業界団体等の市場関係者からのヒアリング、調査を行い、報告書として取りまとめました。英国のISAは、NISAのモデルとなっている制度で、英国民の資産形成手段として成人人口の半数

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISA創設の背景と活用法

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 NISA創設の背景と活用法『大和総研調査季報』 2013 年秋季号(Vol.12)掲載 2014年1月からNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)がスタートする。金融機関のNISA口座獲得競争が行われており、NISA向け金融商品の準備も着々と進んでいる。昨年来の株価高騰も相まって、証券税制の改正がこれほど注目されるのは珍しい。NISAは、これまでの上場株式等の譲渡益、配当等に対する10%税率に代わって、

イギリスの個人貯蓄口座(ISA)の現状と展開

イギリスの個人貯蓄口座(ISA)の現状と展開

認知度や利用意向を聞いています。

日本版ISAに関する意識調査

日本版ISAに関する意識調査

2013年3月15日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

日本版ISAはリスクマネー創出に必要だ

日本版ISAはリスクマネー創出に必要だ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ