「IT予算」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月20日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2017

国内企業のIT予算は堅調に増加 AI、IoTなどの新技術に対する投資意欲も拡大 ― ITRが「IT投資動向調査2017」の結果を発表 ―2016年10月19日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2016年8月から9月にかけて実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。 2001年の調査開始から16回目を数える今回の調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向、重視するIT戦略などに加えて、全110項目に

2016年8月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業情報システム部門の変化に関する調査

~第3のプラットフォームへの対応が進む~国内企業情報システム部門の変化に関する調査結果を発表 競争力強化や業務プロセス改革などを目的とした「戦略的IT投資」を推進する専任組織を設置する企業は70%を超え、その中でも、情報システム部門内に設置する企業が45%に上る 戦略的IT投資をすでに実施/実施予定の企業では、情報システム部門は拡大傾向にあるが、IT予算の不足、IT戦略の方向性が不明確、情報システム部門の人材不足などが課題となっている IT専門調査会社 IDC J

2016年8月11日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業情報システム部門の変化に関する調査

~第3のプラットフォームへの対応が進む~国内企業情報システム部門の変化に関する調査結果を発表 競争力強化や業務プロセス改革などを目的とした「戦略的IT投資」を推進する専任組織を設置する企業は70%を超え、その中でも、情報システム部門内に設置する企業が45%に上る 戦略的IT投資をすでに実施/実施予定の企業では、情報システム部門は拡大傾向にあるが、IT予算の不足、IT戦略の方向性が不明確、情報システム部門の人材不足などが課題となっている IT専門調査会社 IDC J

2016年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

2016年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る IT予算の拡大傾向が強い産業分野は、金融と通信/メディア 「セキュリティ」はIT投資領域においてもIT部門の課題においても第1位 IT部門が管理しないIT予算は過半数の企業にあり、営業/販売部門が持つ企業が多い IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIO

2015年3月3日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナーの調査です。

2015年度国内IT投資動向

2015年3月3日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン、2015年度国内IT投資動向を発表2015年度もビジネスの「成長」「変革」のためのIT投資が増加する傾向は変わらない一方で、IT部門が把握していないビジネス部門によるIT投資の存在も浮き彫りに ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2015年度国内IT投資動向」を発表しました。ガートナーが2014年10月から12月にかけて国内企業703社を対象に実施した調査 (2014

2015年1月21日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

世界のCIO 2,810人へのサーベイ

2015年1月21日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、世界のCIO 2,810人へのサーベイ結果を発表先行事例より導き出された「CIOがデジタル・リーダーとなるための3つの逆転思考」を提言ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) のエグゼクティブ プログラムは本日、世界のCIO 2,810人へのサーベイ結果を発表しました。このサーベイは、4,000人を超えるCIOメンバーを主な対象として1999年から毎年実施しているもので、CIOが抱える次年度

JUASの調査の速報です。

企業IT動向調査2015 IT予算の速報値

企業IT動向調査2015 IT予算の速報値

2014年12月3日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRの調査です。

IT投資動向調査2015

国内企業のIT投資意欲は増加基調を保ちつつも、成長率は鈍化 投資マインドは「攻め」よりも「守り」重視 ― ITRが「IT投資動向調査2015」の結果を発表 ―2014年12月3日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、国内企業を対象に2014年10月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から14回目を数える今回の調査では、国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2014年度にど

JUASの恒例調査です。

『企業IT動向調査2014』の概要

ニュース『企業IT動向調査2014』の概要を発表いたしました! 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)は、ITユーザー企業の投資動向やIT戦略動向などを定点観測する「企業IT動向調査2014」を実施しました。12年度に引き続き、今年度も、 IT戦略立案や予算策定の一助となるために、全体の概要発表に先駆け、「IT予算」の速報値を1月に発表しました。また、4月9日には「企業IT動向調査2014」の概要を発表しました。なお、報告書の発行は4月下旬を予定しております。『企業IT動

2013年12月3日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRの調査です。

IT投資動向調査2014

5年ぶりの高水準となった国内企業のIT投資意欲2014年度はやや減速も、引き続き成長率はプラス水準を維持 ― ITRが「IT投資動向調査2014」の結果を発表 ―2013年12月3日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、本日、国内企業を対象に2013年10月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から13回目を数える今回の調査では、国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2013年

2013年10月9日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資についての調査です。

ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析

平成25年10月9日 一般社団法人 電子情報技術産業協会「ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析」調査結果の公表について JEITAが日米企業の「非IT部門」を対象にIT投資の意識調査を実施 〜 ITに対する期待や投資傾向の差が明らかに! 〜● IT/情報システム投資:「極めて重要」が日本は約16%に対して米国では約75% ● IT予算の増減見通し :「増える」が日本は約40%に対して米国では約80% ● IT予算が増える理由 :日本は「業務効率化、コスト削減」がトップ、米国は「製品・サー

企業のIT予算についての速報です。

「企業IT動向調査2013」(IT予算、速報値)

「企業IT動向調査2013」(IT予算、速報値)

2012年12月5日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

「最重要視するIT課題」といった調査項目も含まれます。

IT投資動向調査2013

低成長化が鮮明になった国内企業のIT投資 2013年度は大企業を中心に投資意欲に減速の懸念― ITRが「IT投資動向調査2013」の結果を発表 ―2012年12月5日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2012年10月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から12回目を数える今回の調査では、国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2012年度にどのような動きを見せたか、また、経済の減速懸

2012年5月31日アイティメディア★フィードバック数:19企業情報システム

IT投資の効果についての記事です。

ビッグデータ活用とソフトウェア投資は売上増のカギとなるか?

実に173年ぶりに首都圏で見られる金環日食と東京スカイツリーの開業に沸いたこの5月だが、日本経済に目を向けると、英米系格付け会社によ る日本国債の格下げ、テレビ事業を主力とする国内電機大手3社が合計で2012年3月期は1兆6千億円を超える赤字の発表、4月の貿易収支が 1979年以降で最大の5202億円の赤字など、引き続き厳しい状況であることを再認識させられるニュースが報じられた。 国内市場の飽和感や円高デフレへの懸念、グローバルでの競合の激化など依然として経営の先行きは不透明な状況が続いている。

2012年4月17日アイティメディア★フィードバック数:11企業情報システム

TechTargetがIT投資動向についての調査結果を発表しました。

2012年度IT投資動向についての読者調査リポート

TechTargetジャパンは2012年3月19日から4月2日まで、会員を対象に「2012年度IT投資動向についての読者調査」を実施した。調査結果からはユーザー企業のIT予算の増減や投資先、IT製品導入のプロセスなどが分かった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。関連する記事IT投資はタブレット/スマートフォン、モバイルセキュリティに集中……しかし? 2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再

2012年2月8日アイティメディアフィードバック数:12キャリアとスキル

米国CIOの転職理由は? 給与満足度との関係は?

前編「2011年はCIOの年収がダウン──CIOの適正年収は?」では、CIOをはじめとする米国のIT幹部の年収が明らかとなった。後編となる今回は、彼らがこの待遇をどう思っているのか、転職理由や給与満足度から分析する。関連記事昇給ゼロ時代にITスタッフのモチベーションを維持向上させるには予算削減はITイノベーション実現のチャンス景気低迷下でのアウトソーシング活用の6つのコツ日本のIT投資、本格回復は2013年から――ガートナー予測調査リポート:景気低迷時でもIT予算の使い道は変化せず

2011年12月15日日経BP★フィードバック数:9企業情報システム

日経コンピュータによるIT投資動向調査です。

「12年度のIT予算を増やす」が3割強

「12年度のIT予算を増やす」が3割強

2011年9月13日アイティメディア★フィードバック数:4企業情報システム

キーマンズが震災についての調査結果を発表しました。

企業における震災影響及びIT製品検討状況

キーマンズネットでは、2011年3月11日に起きた「東日本大震災」を受け、2011年の4月に続き、2011年7月6日〜 2011年7月13日にかけて「震災の影響」に関するアンケートの第2回目を実施した(有効回答数:1154)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.2%、一般部門が28.9%、顧客に販売するベンダ・SIerが30.9%という構成比であった。地域別で見ると、震災の影響が大きかった東北5県(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)が3.4%、北海道・その他東北(北海道、秋田県

2011年6月27日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRがJIPDECの調査について速報を発表しました。

「企業IT利活用動向調査」の速報

東日本大震災の影響により、国内企業の3分の1が今年度IT予算の見直しに着手 今後のIT投資意欲は弱含みも、プロジェクトの中止・停止は一部にとどまる ― 「企業IT利活用動向調査」の速報を発表 ―2011年6月27日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長:牧野力)からの依頼に基づき、国内企業500社を対象に実施した「企業IT利活用動向調査」の一部結果を本日、速報として発表いたします。 調査結

2011年5月18日アイティメディア★★★フィードバック数:5企業情報システム

キーマンズが企業のITへの震災影響の調査結果を発表しました。

企業における東日本大震災の影響

キーマンズネットでは、2011年3月11日に起きた東日本大震災を受け、2011年4月19日〜 2011年4月21日にかけて「企業における東日本大震災の影響」に関するアンケートを実施した(有効回答数:1005)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の37.5%、一般部門が33.6%、顧客に販売するベンダ・SIerが28.9%という構成比であった。地域別でみると、震災の影響が大きかった東北5県(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)が3.8%、北海道・その他東北(北海道、秋田県、山形県、新潟県

2010年11月29日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRから投資動向調査の速報が発表されました。

IT投資動向調査

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2017年3月30日(木)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 下落傾向に歯止めがかかった国内企業のIT投資2011年度のトレンドは「IT基盤の構造改革」― ITRがIT投資動向調査の速報を発表 ―2010年11月26日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2010年9月から10月にかけて実施した国内IT投資動

2010年3月15日ガートナー★フィードバック数:17企業情報システム

ガートナーによるCIO調査です。

ガートナー、世界のCIO 1,600人の調査結果

2010年3月9日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、世界のCIO 1,600人の調査結果を発表 CIOが注目するテクノロジ・キーワードは「軽量化」〜経済環境の影響を受け、CIOはテクノロジへの考え方を急変〜  ガートナーのEXPでは毎年、3,700人に上るCIOメンバーを中心に、CIOが抱える次年度の課題を調査しています。2009年10〜12月に行われた調査では、2010年のCIOの課題について全世界で1,600人以上のCIOから回答を得ました。これらのCIOは世界41カ国のあらゆる

JUASによる投資動向の調査です。やはり縮小傾向が出ています。

企業IT動向調査2009

企業IT動向調査2009社団法人日本情報システム・ユーザー協会(略称:JUAS)は、『第15回 企業IT動向調査2009』アンケート調査を2008年10月から2008年11月にかけて実施いたしました。 本調査は、過去14年間継続して実施しており、今回で第15回目にあたります。企業のIT部門、社内IT利用部門を対象に、アンケート調査とインタビュー調査を行い、企業におけるIT投資、IT利用の現状と経年変化を明らかにするとともに、年度ごとに重点テーマを設定し分析を行っております。 2008年度は、前年

2009年3月9日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資の削減の幅が大きいです。

世界不況下の国内IT投資 2009年4月以降のIT予算は20%~30%削減

プロフェッショナルのためのビジネスキュレーションサイト 旬な話題をビジネス、テクノロジー、トレンドなど多角的に解説。日経BP社のメディア横断ダイジェストです。ビジネス デジタル IT ライフ テクノロジー 環境 建設 医療 世界不況下の国内IT投資2009年4月以降のIT予算は20%~30%削減回復早いのは「インフラ」「保守・開発」2009.03.03  『日経マーケット・アクセス』が国内企業・団体などのシステム担当者を対象に実施した調査によると、情報システム投資が最も冷え込むのは2009

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ