「IT投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業情報システム部門の変化に関する調査

~第3のプラットフォームへの対応が進む~国内企業情報システム部門の変化に関する調査結果を発表 競争力強化や業務プロセス改革などを目的とした「戦略的IT投資」を推進する専任組織を設置する企業は70%を超え、その中でも、情報システム部門内に設置する企業が45%に上る 戦略的IT投資をすでに実施/実施予定の企業では、情報システム部門は拡大傾向にあるが、IT予算の不足、IT戦略の方向性が不明確、情報システム部門の人材不足などが課題となっている IT専門調査会社 IDC J

2016年8月11日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業情報システム部門の変化に関する調査

~第3のプラットフォームへの対応が進む~国内企業情報システム部門の変化に関する調査結果を発表 競争力強化や業務プロセス改革などを目的とした「戦略的IT投資」を推進する専任組織を設置する企業は70%を超え、その中でも、情報システム部門内に設置する企業が45%に上る 戦略的IT投資をすでに実施/実施予定の企業では、情報システム部門は拡大傾向にあるが、IT予算の不足、IT戦略の方向性が不明確、情報システム部門の人材不足などが課題となっている IT専門調査会社 IDC J

2016年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

2016年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る IT予算の拡大傾向が強い産業分野は、金融と通信/メディア 「セキュリティ」はIT投資領域においてもIT部門の課題においても第1位 IT部門が管理しないIT予算は過半数の企業にあり、営業/販売部門が持つ企業が多い IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIO

2016年7月8日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 IT支出動向および予測を発表 2016年の国内IT市場は14兆5,683億円、前年比成長率マイナス0.4%を予測 2015年~2020年の年間平均成長率は0.8%、2020年の市場規模は15兆2,413億円を予測 予測期間前半は、大型案件が継続する銀行とオムニチャネル関連の投資が進む小売がけん引 東京オリンピック/パラリンピックに向けて、第3のプラットフォームを活用した社会インフラ整備が進み、2019年をピークに多くの産業分野で堅調なIT投資を予測

2016年2月2日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

2016年IT投資動向

関連キーワードクラウドコンピューティング | 情報漏えい対策 | オブジェクトストレージ | 標的型攻撃

2016年1月18日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2016年のIT市場動向を占う

2015、2016年度は増加基調と予測矢野経済研究所では、2015年12月に 国内企業のIT投資に関する調査結果 2015 を発表した。当該調査結果では、2014年度の国内民間企業のIT市場規模を前年度比3.6%増の11兆3,180億円と推計した。2015年度は11兆6,350億円(前年度比2.8%増)、2016年度は11兆7,630億円(同1.1%増)と増加傾向としているが、2017年度は前年度比0.6%減の11兆6,900 億円と予測している。2015年度はまだ1-3月が残っているが、プラス

2016年1月15日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内IT市場 地域別予測

2015年の国内IT市場は、大都市圏とそれ以外の地域での格差が広がる 2015年は、前年のPC更新需要の反動が大きく響き、東京都、関東地方、東海地方、近畿地方以外は、すべてマイナス成長 大都市圏以外の地域では、第3のプラットフォームを活用した戦略的IT投資が増えず、格差の拡大が懸念される。地方創生のためのITなど、公的資金を活用した積極的な取り組みが期待される IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人

2016年1月11日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:2016年に注目すべき10のIT戦略テーマ ~「攻めのIT」と「守りのIT」~

ホワイトペーパー2016年に注目すべき10のIT戦略テーマ ~「攻めのIT」と「守りのIT」~執筆者: 金谷 敏尊 | 発行号: 2016-01ITRでは、毎年行っているIT投資動向調査の結果、クライアント企業から受ける質問や依頼されるブリーフィングの内容、および各種のITプロジェクト支援の成果を加味し、多くの大手企業にとって重要と考えるIT戦略テーマを選定している。本稿では、2016年に向けてITRが抽出した10の戦略テーマの概要、予測およびキーワードを提示する。中期IT戦略や次年度のIT投資

2015年4月13日大和総研★フィードバック数:0企業情報システム

農業とIT、IoTについてのレポートです。

日本の農業の効率性改善の鍵はIT

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の農業の効率性改善の鍵はITIoT時代のIT投資と「稼ぐ力」:農業分野 ◆世界上位国と比較すると、日本は農業従事者1人あたりの農用地が小さく、1人あたりの農業GDPも少ない。また、日本において生産額の大きい品目であっても、世界の水準と比較すると必ずしも生産性が高いわけではない。高齢化で従事者数が減少していくとみられる日本で農業の労働生産性を向上させるには、農産物の付加価値を高めると同時に、効率よく

2015年3月20日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大和総研のレポートです。

IoT時代のIT投資と「稼ぐ力」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆コンピュータの計算処理能力、記憶容量、無線を含めた情報通信網の拡大・高速化や端末の小型化といったITの進化が続いている。IoTやビッグデータといったITを活用したコンセプトは、これまでのビジネスを変革する可能性を秘めており、さまざまな産業分野での応用が期待されている。◆米国のIT投資額は2012年で約4,426億ドルであり、民間企業設備投資に占める割合は約39%に及ぶ。米国政府もITを活用することを

2015年2月25日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ERPのモバイル対応に関する調査

2015年3月3日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン、2015年度国内IT投資動向を発表2015年度もビジネスの「成長」「変革」のためのIT投資が増加する傾向は変わらない一方で、IT部門が把握していないビジネス部門によるIT投資の存在も浮き彫りにガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2015年度国内IT投資動向」を発表しました。ガートナーが2014年10月から12月にかけて国内企業703社を対象に実施した調査 (2014年

2015年2月24日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

JEITAの調査です。

国内企業における「攻めのIT投資」実態調査

平成27年 2月23日 一般社団法人 電子情報技術産業協会JEITA、国内企業における「攻めのIT投資」実態調査を実施 〜 攻めのIT投資を42%の企業が実施。その効果と成功の要件が明らかに 〜●「攻めのIT投資」に「極めて積極的」な企業が約14%、「積極的」な企業が28% ● 「攻めのIT投資」を行った企業の半数以上が売上、利益ともに増加 ● 成功要因はトップのリーダーシップ、IT投資の見える化、ITガバナンス、利用部門がIT投資へ関与 ● 「守りのIT投資」の企業でも、より積極的なIT投資の

2020年までにIT需要が急増へ

デジタル化はビジネスの世界を一変させた。今や、商品の売買から事務・契約手続き、決済に至るまで、ビジネスのあらゆる場面にITが浸透しており、ITはビジネスの成長をもたらすエンジンとなる。 今日の企業にとって、ITは単なるツールにとどまらず、競争力の源泉となっている。例えば、eコマースにおいて、購買履歴などの顧客データに基づいて顧客の潜在ニーズを探りあて、最適な商品をレコメンドする仕組みが既に実現されており、ITは企業の収益拡大に貢献している。 ビジネスのアナログからデジタルへの移行がさらに進むこと

日本の分析です。

第17回世界CEO意識調査 日本分析版

主要調査結果(日本分析版)「新たな地域の市場」と回答したCEOの割合が、他地域のCEOと比べてかなり高い割合になっている。この結果は、製造業、サービス業など業種を問わず、アジアを中心に日本企業が海外進出を積極的に進めていることと符合している。従来と同様に中国をはじめとするアジア地域を重視する傾向が続いているが、時系列で見た場合、各国の経済情勢などの変化を反映している。社会に与える影響の測定・報告に関する認識に差 世界市場での競争が激しさを増す中で日本企業がその競争に勝ち抜いていくためには、イノベ

2014年3月18日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

IT導入の支援制度についての調査です。

2014年中堅・中小企業におけるIT投資支援制度の活用実態レポート

2014年中堅・中小企業におけるIT投資支援制度の活用実態レポート

2014年3月7日野村総合研究所★フィードバック数:0企業情報システム

NRIのプレゼン資料です。

企業のIT投資が伸び悩む中で2極化するIT利活用

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 CSRの取り組みTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2014年2月28日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

ユーザー企業の情シス対象の調査です。

ユーザー企業のIT活用実態調査(2013年)

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 CSRの取り組みTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2014年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ASEAN主要4ヶ国の日系製造業現地法人のIT投資に関するアンケート調査結果2013

2014年01月28日 ASEAN主要4ヶ国の日系製造業現地法人のIT投資に関するアンケート調査結果 2013 ~2013年のIT投資額は800万円、2012年比40%増~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてASEAN4ヶ国(タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア)の日系製造業現地法人のIT投資に関するアンケート調査を実施した。1.調査期間:2013年10月~11月2. 調査対象企業:ASEAN4ヶ国(タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア)の日系製造業現地法人71社※当該国に進出

2013年11月5日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

消費税増税とSMBのIT投資についてのアンケートです。

2013年消費税率改正が中堅・中小企業のIT投資に与える影響と対策に関する調査報告

2013年消費税率改正が中堅・中小企業のIT投資に与える影響と対策に関する調査報告

2013年11月4日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

国内企業の業種別IT投資に関するに関する調査結果 2013

2013年10月30日 国内企業の業種別IT投資に関する調査結果 2013 ~2013年度のIT投資は、製造業が前年度比1.7%減、非製造業が同3.2%増と予測~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施し、業種別(製造業9業種、非製造業10業種)の分析をまとめた。1.調査期間:2013年7月~10月2.調査対象:国内の企業、団体、公的機関等3.調査方法:民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート、および文献調査<本調査にお

2013年8月15日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

Data Center & Reader's Choice 2013

クラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、モバイルコンピューティングなどのトレンドを支える新しい技術とアプリケーションは、コンピュータに対する需要を促進している。これらの需要は、IT部門のデータセンター戦略と購入判断にも影響を与えている。 米TechTargetでは、これらの技術に照準を合わせて「Data Center & Reader's Choice 2013」調査を行い、読者の向こう1年間の関心事と戦略を探った。関連記事「クラウド」「モバイル」に勢い、2013年のIT投資動向小規模企

2013年6月16日ノークリサーチ★★フィードバック数:8企業情報システム

SMBの調査です。

2013年版中堅・中小企業におけるIT投資の実態と展望に関する調査報告

2013年版中堅・中小企業におけるIT投資の実態と展望に関する調査報告

2013年3月30日経済産業研究所★フィードバック数:6企業情報システム

IT投資についての論文です。

日本企業におけるIT投資の効果:ミクロデータに基づく実証分析

日本企業におけるIT投資の効果:ミクロデータに基づく実証分析 金 榮愨(専修大学)権 赫旭(ファカルティフェロー)概要本稿は『情報処理実態調査』を『企業活動基本調査』に接続した企業レベルデータを用いて、日本企業におけるIT投資の動きとその効果を調べ、日本経済でIT化が進まなかった理由を探るために実証分析を行った。これらの分析により得られた結論は以下の通りである。(1)ITサービスの付加価値弾力性は17%から18%である。(2)日本企業におけるIT関連費用の付加価値弾力性は2000年代半ばから上昇

2013年2月10日アイティメディア★フィードバック数:17企業情報システム海外

トップは「データ保護」とのことです。

2013年IT優先度調査

米TechTargetが世界各国の3282人のIT管理者を対象に実施した「2013 IT Priorities Survey」(2013年IT優先度調査)によると、2013年に優先される課題の多くは、ここ数年間重視されてきたものとほぼ変わらないようだ。ただし、クラウドサービスやコンシューマーITをより一層活用するための対策が始まりつつあることも、調査結果からははっきりと読み取れる。関連記事高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには「仮想化」「タブレット」――読者調査

企業におけるIT担当組織とその経営への貢献についての調査です。

IT組織の成功要因に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2012年11月6日矢野経済研究所★フィードバック数:7企業情報システム

IT投資についての調査・予測です。

国内企業のIT投資に関する調査結果2012

2012年11月06日 国内企業のIT投資に関する調査結果 2012 ~増収増益予想に支えられ、国内民間企業のIT投資は増額の見通し~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.調査期間:2012年7月~10月2.調査対象:国内の企業、団体、公的機関等3.調査方法:民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート、および文献調査併用<本調査における国内民間企業のIT市場規模>本調査では国内民間企業のIT市場規模について、経済産

2012年6月29日アイティメディア★フィードバック数:16企業情報システム

企業の情報系システムについての分析です。

企業のデータ分析力を支える3本柱

前回は日米のIT投資を比較し、今後国内企業がビジネスを活性させるためのIT活用を行うには、これまでの基幹系システムから情報系システムに対する投資が鍵となると述べた。情報系システムをうまく活用するためには、ハードウェアなどのインフラもさることながら、ソフトウェアの活用が重要となるとも述べた。 今回は情報系システムに関する現状と、今後どのような対応をするべきかを考えてみたい。情報系システムの現状図1 主要なIT動向に対する重要度(出典:ITR) アイ・ティ・アール(ITR)では、2001年度から継続

2012年6月27日ノークリサーチ★★フィードバック数:15企業情報システム

中小企業での情シス部門の実態です。

2012年中小企業のIT管理/運用人員規模に関する調査報告

PRESS RELEASE(報道関係者各位)2012年6月27日2012年 中小企業のIT管理/運用人員規模に関する調査報告調査設計、分析および執筆: 岩上由高株式会社ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター1705:代表伊嶋謙ニ 03-5244-6691 URL:http//www.norkresearch.co.jp)は、中小企業のIT活用における管理/運用の人員 規模に関する調査報告を発表した。人員一名でIT管理/運用を引き受ける「ひとり情シス」

2011年12月15日日経BP★フィードバック数:9企業情報システム

日経コンピュータによるIT投資動向調査です。

「12年度のIT予算を増やす」が3割強

薄日は差すが、曇りがち――。2012年度のIT投資動向を天気予報で例えると、こうなるだろう。 日経コンピュータはユーザー企業のCIO(最高情報責任者)やシステム部長を対象に、「IT投資動向調査」を実施した。調査期間は2011年10月13日から10月30日、有効回答数は189である。「薄日」の根拠となるのが下の図だ。ユーザー企業の3割強が、2011年度と比べて2012年度はIT予算が増えそうだと予測している。 前年度末に発生した東日本大震災や夏の電力不足の影響で、IT業界では2011年度のIT投資

2011年11月9日矢野経済研究所フィードバック数:1企業情報システム

日本企業の海外拠点でのIT投資規模に関する調査結果 2011~日本企業による海外拠点でのIT投資規模は2,047億円、製造業が9割を占める~

2011年11月09日 日本企業の海外拠点でのIT投資規模に関する調査結果 2011 ~日本企業による海外拠点でのIT投資規模は2,047億円、製造業が9割を占める~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、日本企業の海外拠点でのIT投資状況に関する調査を実施した。1.調査期間:2011年7月~9月2.調査対象:海外に拠点を持つ日本企業3.調査方法:電話によるアンケート調査にFAX、郵送アンケートを併用、文献調査調査結果サマリー◆ 日本企業による海外IT投資規模は2,047億円、更に拡大す

2011年10月12日矢野経済研究所★フィードバック数:3企業情報システム

国内IT市場規模です。

国内企業のIT投資に関する調査結果 2011-東日本大震災を乗り越え、国内民間企業のIT投資は上昇見込み-

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2011年9月13日アイティメディア★フィードバック数:18デジタル家電

TechTargetがタブレットについての調査結果を発表しました。

メイン用途はWeb閲覧? 米調査の企業58%が1年以内にタブレットを導入予定

タブレット端末がITの領域に進出したのは明らかだ。米TechTargetが読者を対象に実施した年次調査でも、タブレットの成長と普及はほとんど驚異的といえる状況が浮かび上がった。組織のIT部門は、将来的にノートPCを代替する端末として利用する可能性を視野に入れ、積極的にタブレットに先行投資し、信頼性の高いビジネスアプリケーションを探し求めている。関連記事IT投資はタブレット/スマートフォン、モバイルセキュリティに集中……しかし?米調査が示す、数年で急加速する企業のモバイル導入率タブレット端末のリス

2011年9月9日アイティメディア★フィードバック数:24企業情報システム

TechTargetがIT投資についての調査結果を発表しました。

IT投資はタブレット/スマートフォン、モバイルセキュリティに集中……しかし?

モバイル端末のセキュリティがようやく真剣に受け止められるようになってきた。何年も前から製品が販売され、業界の専門家はモバイルポリシーおよびモバイル接続のセキュリティ対策の重要性を説いてきたが、今になってモバイル端末、特にタブレット端末の急速な普及を受け、モバイルセキュリティが一般的なIT部門にとっての重点課題となっている。 米TechTargetが毎年実施している読者調査によると、2011年は2010年比で予算割合の増加が予想される上位3分野はタブレット端末、スマートフォン、モバイルセキュリティ

2011年6月27日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRがJIPDECの調査について速報を発表しました。

「企業IT利活用動向調査」の速報

東日本大震災の影響により、国内企業の3分の1が今年度IT予算の見直しに着手 今後のIT投資意欲は弱含みも、プロジェクトの中止・停止は一部にとどまる ― 「企業IT利活用動向調査」の速報を発表 ―2011年6月27日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長:牧野力)からの依頼に基づき、国内企業500社を対象に実施した「企業IT利活用動向調査」の一部結果を本日、速報として発表いたします。 調査結

2011年4月14日矢野経済研究所★フィードバック数:4企業情報システム

震災によるIT産業への影響です。

東日本大震災に伴う国内企業のIT投資動向~国内民間企業IT市場規模は前年度比0.4%減に~

2011年04月14日 東日本大震災に伴う国内企業のIT投資動向 ~国内民間企業IT市場規模は前年度比0.4%減に~ 調査要綱 矢野経済研究所では東日本大震災がIT投資に与える影響について、2011年度の国内民間企業のIT市場規模予測における暫定値を公表する。1.調査期間:2011年4月13日2.調査対象:国内の民間企業全般3.調査方法:矢野経済研究所のIT投資動向調査(2010年8月発表)をベースに内閣府資料等を活用し、影響を検討した。調査結果サマリー◆ 東日本大震災により、国内民間企業IT市

2011年2月22日アイティメディアフィードバック数:10企業情報システム

2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再び

2010年は企業のIT投資が例年になく落ち込んだ。米国と欧州が1930年以来最悪の経済危機から脱出できなかったからだ。しかし2011年は一部で景気回復の兆しも見え、米TechTargetが実施した「2011 IT Priorities Survey」(2011年IT優先度調査)に協力した世界各国(今後重点調査を予定している中国を除く)の2300社の回答企業によると、2011年のIT投資は約2.8%増加する見込みだ。関連記事経営トップはだまされている? “見かけ上”IT投資成功の裏側「目的」と「時

2010年8月31日矢野経済研究所フィードバック数:5企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査結果 2010

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2010年7月6日矢野経済研究所フィードバック数:3企業情報システム

ユーザ企業の海外拠点へのIT投資に関する調査結果 2010

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2010年5月31日野村総合研究所★フィードバック数:10企業情報システム

NRIによるユーザー企業調査です。

ユーザ企業のIT活用実態調査(2009年)

「ユーザ企業のIT活用実態調査(2009年)」を実施 ~IT投資は2009年が底、中期的には俊敏(アジャイル)な経営にむけたIT活用へ~2010年5月26日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、日本企業におけるIT活用の実態を把握するためのアンケート調査を、2003年から毎年継続して実施しています。2009年11月に7回目の調査を実施し、全業種にわたる527社の企業から回答を得ました。今回の調査結果に見られる特徴は、以下のとおりで

2010年5月17日アイティメディア★フィードバック数:4企業情報システム

キーマンズがIT投資に関するアンケート結果を発表しました。

景気が回復したら実施したいIT投資とは?

景気が回復したら実施したいIT投資とは?  2010年4月6日〜4月13日にかけて、キーマンズネットでは「2010年度のIT投資」に関するアンケートを実施した(有効回答数:358)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の65.9%、一般部門が34.1%という構成比となった。今回、アンケートで聞いたのは「景況の悪化で見送ったIT投資は?」「実施したITコスト削減策とは?」「景気が回復したら実施したいIT投資とは?」など、IT投資の現状を把握するための質問。集計結果から、景況が悪化した場合、ど

2010年2月16日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ITproによるIT投資動向調査です。

景況・IT投資動向調査

2010年、IT投資動向の潮流が大きく変わりそうだ。各社は先が見えない経済状況を“常態”として受け入れ、IT投資をむやみに増やさずに、業績に直結する情報化を推進しようとしている。 日経コンピュータと日経BPコンサルティングは、システム・ユーザー企業のCIO(最高情報責任者)やシステム部長を対象に四半期に1度「景況・IT投資動向調査」を実施している。最新の調査は2009年11月27日~12月7日に実施し、272社・団体から有効回答を得た。官公庁や公共団体を除いた民間企業250社の集計結果から、IT

2010年2月8日日経BPフィードバック数:2企業情報システム

2009年度IT予算は平均で前年度比20%減、9月調査からさらに5ポイント回復

日経マーケット・アクセスが企業の情報システム担当者を対象に2009年12月中旬に行った調査で、2009年度(2009年4月~2010年3月)のIT投資予算の前年度比増減率の予測を聞いたところ、平均は-19.6%(平均の算出方法は下の「調査概要」参照)だった。 年度単位の前年比予算増減率を調査し始めた2008年12月調査での平均-14.7%以後、2009年3月調査での平均-22.9%、2009年6月調査での平均-27.1%と拡大しつづけていた予算の削減率が、前回の2009年9月調査で-25.0%と

2009年6月22日日経BP★フィードバック数:1企業情報システム

ガートナーによる調査結果のレビューです。

調査で判明、日本企業が抱えるIT投資の課題とは

景気の不透明感がぬぐえない現在、企業にとってコスト削減は切実な経営課題である。システム関係者は、ITにかかわるムダを排除すると同時に、ITを活用することで業務の効率化を図り、会社全体のコスト削減に寄与することが求められている。ここでは、企業がITコストやビジネス・コストの削減に取り組むための考え方や具体的なアプローチ、留意すべき点などを、ガートナー ジャパンでリサーチ ディレクターを務める片山博之氏が3回にわたって解説する。まず今回は、アンケート調査の結果を基に、日本企業が抱えるIT投資の課題を

2009年6月8日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

出荷数が減少していますが来年には回復するとのことです。

わが国におけるサ-バ・ワ-クステ-ションの平成20年度出荷実績

わが国におけるサ−バ・ワ−クステ−ションの平成20年度(平成20年4月〜平成21年3月)出荷実績 平成21年6月4日社団法人 電子情報技術産業協会サーバ事業委員会 平成20年度(平成20年4月〜平成21年3月)のサ−バ・ワ−クステ−ションの出荷実績は以下のとおりとなった。上半期は、メインフレ−ムが金額で前年同期を上回り、需要の中心であるIAサ−バも台数で前年同期を上回ったが、年度後半に発生した世界同時不況の影響によりサ−バ需要も急速に悪化し、下半期・年度では、サ−バ各機種で台数・金額とも

2009年4月14日野村総合研究所★フィードバック数:0企業情報システム

NRIによるITのユーザ企業調査です。

ユーザ企業のIT活用実態調査

不況下で問われる、「真に有効なIT活用」の舵取り ~ 「ユーザ企業のIT活用実態調査」を実施 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、日本企業におけるIT活用の実態を把握するためのアンケート調査を2003年から毎年継続して実施しています。第6回目となる2008年は、11月にこの調査を実施し、全業種にわたる515社の企業から回答を得ました。今回の調査結果から見られる特徴は、以下のとおりです。毎年の調査で、自社のIT投資について前年度からの増減を聞い

2009年3月30日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

「ユーザ企業のIT投資」に関する調査です。

ユーザ企業のIT投資実態に関する調査結果 200

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2009年3月16日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

危機の時代のコスト意識,IT活用積極派も2割超

金融・経済危機が深刻化するにつれ,企業では業務効率化やコストカットが,喫緊の経営課題になりつつある。読者の会社でも,昨秋以降,そうした取り組みが活発化しているのではないだろうか。IT関連業務も例外ではない。既にIT予算を削減したり,システム開発プロジェクトの延期・凍結に踏み切ったりする企業が出てきた。 そこでITproの会員読者を対象にアンケート調査を実施し,企業のIT投資やコスト削減に関する現状と意識を探ることにした。実施期間は2009年2月23日~3月3日。1495人から回答を回収した。回答

2008年11月4日日経BPフィードバック数:1企業情報システム

2010年の投資額予想伸び率トップ3はシンクライアント,グリーンIT,10Gイーサネット

日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に行った中短期のIT投資計画調査で,話題の40分野(10月27日付け記事の「■調査概要」を参照)を挙げてIT投資額の2010年の予想増減率を聞いたところ,平均投資増加率の1位は「シンクライアント」の平均43.5%。やや差があって,今回から対象に加えた「グリーンIT」と「10Gビット/秒イーサネット(10GbE)」の2項目が,平均投資増加率約40%で続く,というトップ3になった。 8カ月前の前

2008年4月7日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

緊急調査 SMB市場に臨むSIerと顧客の本音

互いに理想と現実のギャップがありすぎて、新たな取引関係の構築になかなか踏み出せない──。中堅・中小企業の情報システム担当者とITサービスの営業担当者約4100人を対象に、ITサービスに対する意識や新規取引への意欲などを聞いたところ、ユーザー企業とソリューションプロバイダの間に横たわる意識の溝が鮮明になった。 互いに理想と現実のギャップがありすぎて、新たな取引関係の構築になかなか踏み出せない──。本誌は10月上旬、中堅・中小企業の情報システム担当者とITサービスの営業担当者約4100人を対象にイン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ