「ITR」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月28日シャノン★★フィードバック数:0マーケティング

BtoBマーケティングに関するアンケート調査

ホームプレスリリース・お知らせシャノン BtoBマーケティングに関するアンケート調査結果を発表 進むマーケティングオートメーション格差 シャノン BtoBマーケティングに関するアンケート調査結果を発表 進むマーケティングオートメーション格差統合型マーケティング支援SaaS市場で7年連続シェア1位*1の株式会社シャノン(代表取締役社長:中村 健一郎、所在地:東京都港区、以下シャノン)は、国内BtoBマーケティングの意識・課題や現状について、マーケティング・販促担当の方を対象に今年で通算6回目となる

ワークスタイルとITに関する意識調査2015

シトリックス、「ワークスタイルとITに関する 意識調査2015」 の結果を発表テレワークを日常的に実践している人はその効果をポジティブに捉えており、 効果の実感度には制度面やIT環境などの企業サポートが、 今後のテレワーク継続および拡大意欲には 評価制度が最も関連していることが明らかに シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、以下、シトリックス) は本日、「ワークスタイルとITに関する意識調査2015」の結果を発表しました。この調査は、従業員数20名以上の

2015年1月14日インフォテリアフィードバック数:0ビジネス

タブレット利用動向に関するアンケート調査

普及期に入ったタブレット、85%の企業がタブレットを導入〜Windows 8タブレットが前年比89%成長と最も高い伸びを示す~  インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、昨今注目を浴びる法人でのタブレット導入について「タブレット利用動向に関するアンケート調査」を実施し、そのレポートを本日公開しました。今年で2回目となる本調査は国内におけるタブレット導入・運用業務に携わる方を対象にアンケート調査を実施。「タブレットを何

企業におけるファイル転送とオンラインストレージの業務利用と期待

[レポート] 意外と多い?!業務でメール添付と同様に多用されるファイル転送・オンラインストレージ ~オンラインストレージを「業務でも使いたい」約7割~ トライポッドワークスは、企業におけるファイル転送やオンラインストレージの利用実態の把握を目的として、日常的にファイル転送サービスやオンラインストレージサービスを使った経験がある従業員数100名以上の「民間企業」にお勤めの会社員を対象に、インターネットパネル調査を利用して実態調査を実施しました。調査レポートのトピック ・ファイル転送サービスやオンラ

2012年6月29日アイティメディア★フィードバック数:16企業情報システム

企業の情報系システムについての分析です。

企業のデータ分析力を支える3本柱

前回は日米のIT投資を比較し、今後国内企業がビジネスを活性させるためのIT活用を行うには、これまでの基幹系システムから情報系システムに対する投資が鍵となると述べた。情報系システムをうまく活用するためには、ハードウェアなどのインフラもさることながら、ソフトウェアの活用が重要となるとも述べた。 今回は情報系システムに関する現状と、今後どのような対応をするべきかを考えてみたい。情報系システムの現状図1 主要なIT動向に対する重要度(出典:ITR) アイ・ティ・アール(ITR)では、2001年度から継続

2012年5月31日アイティメディア★フィードバック数:19企業情報システム

IT投資の効果についての記事です。

ビッグデータ活用とソフトウェア投資は売上増のカギとなるか?

実に173年ぶりに首都圏で見られる金環日食と東京スカイツリーの開業に沸いたこの5月だが、日本経済に目を向けると、英米系格付け会社によ る日本国債の格下げ、テレビ事業を主力とする国内電機大手3社が合計で2012年3月期は1兆6千億円を超える赤字の発表、4月の貿易収支が 1979年以降で最大の5202億円の赤字など、引き続き厳しい状況であることを再認識させられるニュースが報じられた。 国内市場の飽和感や円高デフレへの懸念、グローバルでの競合の激化など依然として経営の先行きは不透明な状況が続いている。

2011年12月28日アイティメディア★フィードバック数:29モバイル

スマートフォン等の業務利用についての調査です。

業務利用が進むスマートデバイスだが、未導入企業の課題はどこに?

ITmedia エンタープライズと調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は、「企業のモバイル活用」に関する調査を実施した。スマートフォンやタブレット端末に対する企業の利用意欲は高く、約半数の企業がスマートデバイスへの来期予算を拡大することが分かった。一方、スマートデバイスを導入しないという企業も多く、「セキュリティへの不安」や「用途が分からない」などが理由に挙がった。調査概要目的:企業のモバイル活用に関する動向の分析、考察調査方法:Web上でのアンケート。調査票の作成と結果の分析はITRが担当調

2011年8月22日アイティメディア★フィードバック数:52マーケティング

ソーシャルメディアの企業利用についての調査結果です。

ソーシャルメディアの企業利用、浮かび上がるセキュリティ面の課題とは?

ITmedia エンタープライズと調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は、「ソーシャルメディア」に関する読者調査を実施した。ソーシャルメディアの業務利用について、全体のうちの約7割の回答者が「顧客サービス向上」「企業や商材の認知度向上」といった広報・マーケティング目的の価値を見出していた。また、従業員数の多い大企業ほどソーシャルメディアの業務利用に慎重な傾向があり、業務利用を認めない理由のトップは「情報漏えいにつながる可能性が高いから」だった。調査概要目的:ソーシャルメディアの企業利用に関する

2011年4月5日アイティメディア★フィードバック数:7企業情報システム

デスクトップ仮想化をテーマとした調査結果です。

デスクトップ仮想化に対するユーザーの期待度は?

ITmedia エンタープライズと調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は、「デスクトップ仮想化」に関する読者調査を実施した。デスクトップ仮想化に注目が集まっているものの、2010年末時点ではデスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化の違いも含めて理解している企業のIT部門は半数に満たない。だが導入企業は着実に増加し、今後の主流がデスクトップ仮想化であることが明確になった。調査概要目的:デスクトップ仮想化の認知度および利用に関する意向の分析、考察調査方法:Webによるアンケート。調査票の作成と結

2011年3月10日インプレス★フィードバック数:3企業情報システム

ITRによるCIOに関する調査結果です。

CIOとIT人材を巡る日本の現実

IT Leaders トップ > テクノロジー一覧 > 業界動向 > 市場動向 > CIOとIT人材を巡る日本の現実 (Part 2)業界動向業界動向記事一覧へ[市場動向]CIOとIT人材を巡る日本の現実 (Part 2)2011年3月8日(火) 低水準が続くCIO設置率厳しさが増すIT人材確保IT施策の成否を左右するCIOの存在。 一部の調査で先進諸国に比べると低水準なままだ。 IT部門の現状を示すデータから、IT人材確保の方向性を見ていく。栗原 雅 (編集部)IT部門の貢献度 CIOの設置の

2011年2月21日アイティメディアフィードバック数:15企業情報システム

グローバルビジネスとクラウド――ユーザーとベンダーが実践すべきモデル

アイ・ティ・アール(ITR)主催による「メディア横断企画 クラウド討論会2011」が1月下旬に行われた。主要IT系メディア(ITmedia/CNET Japan/TECH.ASCII.jp/ITLeaders/日経コンピュータ)のトップがクラウド時代と向き合うためのポイントについて活発な議論を交わした。 ユーザー企業はクラウドに対する漠然とした不安を抱きつつも、ビジネスへの活用はもはや不可欠となっている。本特集の最後として、今回は日本企業が直面するグローバル化とクラウドの関わりについて取り上げた

2011年2月14日アイティメディアフィードバック数:12企業情報システム

クラウドに期待される“攻め”のビジネス活用

アイ・ティ・アール(ITR)主催による「メディア横断企画 クラウド討論会2011」が1月下旬に行われた。主要IT系メディア(ITmedia/CNET Japan/TECH.ASCII.jp/ITLeaders/日経コンピュータ)のトップがクラウド時代と向き合うためのポイントについて活発な議論を交わした。 前回はクラウドの導入でユーザーが抱く不安要素について掘り下げた。不安を消し去るには、ユーザーがクラウドに求めるものを明確にするというのが、各メディアのトップが出した提言である。今回は、企業のビジ

2011年2月7日アイティメディア★フィードバック数:13企業情報システム

ITRによるクラウドに関する調査結果の関連記事です。

クラウド活用につきまとう不安――その中身を知る

クラウドの本格普及に求められるものとは――アイ・ティ・アール(ITR)主催による「メディア横断企画 クラウド討論会2011」が1月下旬に行われた。主要IT系メディア(ITmedia/CNET Japan/TECH.ASCII.jp/ITLeaders/日経コンピュータ)のトップがクラウド時代と向き合うためのポイントについて活発な議論を交わした。“ありがちな”不安だけ? 討論会の冒頭は、モデレーターを務めるITR シニア・アナリスト 舘野真人氏から事前に実施したアンケートの説明が行われた。今回の討

2011年2月4日アイティメディア★フィードバック数:15企業情報システム

ITRによるクラウドに関する調査結果です。

クラウド導入に踏み切れない理由

「クラウドコンピューティング」という言葉が登場して久しい。一般社会でも徐々に広がりを見せているが、言葉の認知度に比べて、導入に慎重なユーザーが少なくないと言われる。クラウドの本格普及に求められるものとは何か――アイ・ティ・アール(ITR)主催による「メディア横断企画 クラウド討論会2011」では、主要IT系メディアのトップがクラウド時代と向き合うためのポイントについて活発な議論を交わした。 本稿ではクラウドコンピューティングに対する企業ユーザーのマインドについて、「ITmedia リサーチインタ

2009年5月11日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

「営業マンのモチベーションを保つ」日本型CRM構築を

SaaS専業ベンダーが支えた第3次CRMブーム IT調査会社のアイ・ティ・アールが2008年7月から8月にかけて調査した「ITR Market View:CRM市場2008」では、2009年度の国内CRM市場規模を約180億円、2012年には270億円規模に成長すると予測している。同社シニア・アナリストの甲元宏明氏によると、CRM導入のブームは過去3回あったという。 第1次CRMブームは1990年代後半、いわゆるITバブルのころで、Siebel Systems(現Oracle)、Vantive(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ