「InfoCom」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

コネクテッドカー:米国通信キャリアが狙う次の市場

情報通信の最新トレンドをわかりやすく解説するICR - 情報通信総合研究所 コネクテッドカー:米国通信キャリアが狙う次の市場 米国通信市場ではスマートフォンの普及率が80%を超えており、通信キャリアは各社ともにARPU向上の施策としてタブレットの普及に力を入れている。さらに、タブレットの次の市場としてIoT(Internet of Things)に向けた準備を既に整えている。IoTの中でも米国通信キャリアが力を入れているのは、スマートホーム(オートメーションテクノロジーが備わった住宅)とコ

ガラケー出荷台数が7年ぶりに前年を上回る:今でも根強い人気のガラケー

情報通信の最新トレンドをわかりやすく解説するICR - 情報通信総合研究所 ガラケー出荷台数が7年ぶりに前年を上回る:今でも根強い人気のガラケー MM総研は2015年2月3日、2014年1月~2014年12月まで1年間の日本国内携帯電話端末における出荷台数調査結果を発表した。総出荷台数は前年比2.5%減の3,828万台で、2012年から2年連続で減少した。スマートフォン出荷台数は前年比5.3%減の2,770万台だが、フィーチャーフォン出荷台数は前年比5.7%増の1,058万台となった。フィ

地方公共団体における無料の公衆無線LANサービスの動向と今後の展望について

InfoCom REVIEW第 64 号目次CONTENTS論文●●オフショアリングの発展とその要因に関する実証分析―ネットワーク理論からみた人的交流の強さと対米サービス貿易の拡大―Offshoring driven by personal networks: Evidence from theinternational service trade to the U.S.末永 雄大2Yudai Suenaga閔 廷媛Jungwon Min篠﨑 彰彦Akihiko Shinozaki●「通信の自由

ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題

Issue(巻頭”論”)ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題平田 正之(株)情報通信総合研究所 顧問 情報通信総合研究所では、情報通信(ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために「InfoCom ICT経済報告」を四半期毎に公表しています。2014年4-6月期について、9月に「ICT経済、想像以上だった消費税増税後の反動減―アベノミクス下での回復力が問われる来期―」との標題で発表したところです(詳しくは当社ホームページをご覧ください)。次回の7-9月期の報告発表は、この11月号の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ