「Interactive」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

コンタクトセンターに関するアンケート調査

[インテラクティブ・インテリジェンス・インク] ,コンタクトセンター コールセンター InIn インタラクティブ・インテリジェンス PureCloud Interactive Intelligence

Corporate Recruiters Survey 2016

Home>Market Intelligence>GMAC® Surveys>Corporate Recruiters SurveyExplore this SectionMarket IntelligenceCandidate Pipeline DemandCurrent GMAT VolumeGMAT Interactive ProfileGMAC Geographic Trend ReportsProfile of GMAT TestingGlobal GME Candidate Segm

中国人はこの夏、日本で何を買ったのか--インフォグラフィックで解説

中国人はこの夏、日本で何を買ったのか--インフォグラフィックで解説 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク)  訪日中国人の間で日本のお土産として定着しているもの、それは「炊飯器」「温水洗浄便座」「魔法瓶」「セラミック包丁」の4つで、中国では「四宝」と呼ばれています。しかし、昨今は医薬品、化粧品、食品など人気製品が多様化しており、ソーシャルメディアの書き込みでもその傾向を確認することができます。 今回は、実際に訪日して何を購入したか、ソーシャルメディアの書き込みから集計した

2014年下半期売れ筋ランキング「ビデオカメラ編」

2014年下半期売れ筋ランキング「ビデオカメラ編」  ウェアラブルタイプの小型モデルが2013年以上にビデオカメラ市場をにぎわせた2014年。360度全方向の撮影ができるモデルや低価格モデルなど、より多様化され、参入メーカーも相次いだ。売れ筋はフルHDモデルが主流で、ソニー、パナソニックの2社で上位を独占している。「全国の有力家電量販店販売実績を集計/GfK Japan調べ」(集計期間:2014年6月30日~12月7日) The Japanese edition of 'CNET' is

2014年12月10日エクスペディア★フィードバック数:0キャリアとスキル

国際比較です。

有給休暇国際比較調査2014

7年連続最下位に終止符!有給休暇国際比較調査2014こちらは2014年の調査結果です。2016年最新版はこちらから→有給休暇国際比較調査2016過去の調査結果2014年の調査概要サンプル数 :計7,855名/25カ国年 齢: 18歳以上の有職者男女(フルタイム、パートタイム、自営業)調査対象:日本、インド、アラブ首長国連邦、オーストラリア、韓国、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、ニュージーランド、米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、

2013年12月25日IABフィードバック数:0マーケティング海外

Q3 2013 Internet Advertising Revenues Climb To Landmark High Of Nearly $10.7 Billion, Marking 15% Year-Over-Year Growth, According To IAB And PWC

Q3 2013 Internet Advertising Revenues Climb To Landmark High Of Nearly $10.7 Billion, Marking 15% Year-Over-Year Growth, According To IAB And PWC 12.23.13 Represents a 4.2% Increase Over Previous QuarterNEW YORK, NY (December 23, 2013) — Internet adv

ソーシャルメディアに関する調査結果です。

ソーシャルメディアに関する調査--個人が発する情報を信頼するのは40%

ソーシャルメディアに関する調査--個人が発する情報を信頼するのは40%  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。 前回のソーシャルメディアに関する調査では、ネットサービスの利用度合いと、ソーシャルメディア上の友人との付き合い方について調査した。この結果、約半数がソーシャルメディア上の友人を実際の友人にしても抵抗がないと回答した。その一方、ソーシャルゲームの課金に関しては90%の人がまだ抵抗感を持っている

ソーシャルメディアに関する調査--ソーシャルゲーム課金に抵抗がないのは10%

ソーシャルメディアに関する調査--ソーシャルゲーム課金に抵抗がないのは10%  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。前回の「ソーシャルメディアに関する調査」ではそれぞれのソーシャルメディアの利用具合と利用目的、得ていると考えている恩恵や効果についてまとめた。 今回のソーシャルメディアに関する調査(下)では、ネット上で利用されているサービスについてや、ソーシャルメディアとリアルのつながりなどについて尋ね

SNSに限らずソーシャルメディア全般に関するまとまった調査です。

ソーシャルメディアに関する調査--メディア別の利用率、認知率の違いと利用のされ方について

ソーシャルメディアに関する調査--メディア別の利用率、認知率の違いと利用のされ方について  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。 ここ1、2年足らずの間に“ソーシャルメディア”という言葉を聞く機会が多くなり、広告出稿メディア、自社媒体(サイト)に次ぐもう1つのメディアの総称として、ようやく多方面から注目が集まるに至った。 ソーシャルメディアに関する定義はあいまいで、人によりけりとなっているが、ざっくり

広告に関する意識調査です。

広告に対する意識調査(特別編)--男女、年代にみる広告に対する意識の違い

広告に対する意識調査(特別編)--男女、年代にみる広告に対する意識の違い  今回の特別編では、「広告に対する意識調査(上)」と「広告に対する意識調査(下)」で明らかになった事実とさらに深堀し、性年代別にどのような意識の違いがあるのかをみていきたいと思う。【調査結果サマリー】年代が若くなるほど、広告に対して不快感を感じたことのあるユーザーが多い傾向にある女性は誇大表現の使われた広告を迷惑だと感じる傾向が強い男性は、行動ターゲティングに対する許容度が高い 調査対象は、10代〜50代の男女500人。

まだメリットが感じられていないのかもしれません。

広告に対する意識調査--約70%のユーザーは行動データの収集を迷惑に感じている

広告に対する意識調査--約70%のユーザーは行動データの収集を迷惑に感じている  前回の「広告に対する意識調査」では、「60%以上のユーザーが広告から得をした経験がある」ことや「最も購入につながりやすい広告はメールマガジン」だということが明らかになった。今回の調査では、ユーザーの広告に対する“意識”にふれていきたいと思う。【調査結果サマリー】半数以上のユーザーが、広告に対して不快感や不安感を覚えたことがあるユーザーが最も嫌うのは「誇大表現を使った広告」約70%のユーザーは、ウェブ上での行動デー

電通とグーグルの広告効果に関する共同調査です。

YouTube投稿動画の広告効果はいかに--電通とグーグルが共同調査

YouTube投稿動画の広告効果はいかに--電通とグーグルが共同調査  動画共有サイトに動画を投稿し、プロモーションに活用する企業が増えている。しかし、その効果を計測する指標はまだ完全に確立されてはいない。  インターネット上の動画の再生回数とその認知率にはどのような関係があるのか、また、動画は購買行動に結びつくのだろうか――こういったインターネット動画の効果を調べるため、電通とグーグルがYouTubeのデータをもとに共同で調査した。その結果、再生回数と認知率の相関度合いや、YouTube上で

やはりプッシュ型の効果は高いとのことです。

広告に対する意識調査--最も購入につながりやすいネット広告は「メールマガジン」

広告に対する意識調査--最も購入につながりやすいネット広告は「メールマガジン」  「広告離れ」という言葉をよく耳にするようになったが、消費者は広告に対してどのような意識を持っているのだろうか。 インターネット広告は、市場の拡大とアドテクノロジの進化により、その形態が少しずつ変化してきている。ユーザーの行動履歴をもとに広告配信を行うターゲティング広告などはその最たる例である。ターゲティング広告は、効果的にターゲットをセグメント出来る一方で、どこまで個人の情報を記録・特定して良いのかというモラル上

eコマースサイトの利用に関する調査--一番のストレスは「サイトの重さ」

eコマースサイトの利用に関する調査--一番のストレスは「サイトの重さ」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCの検索とモバイルの検索の比較調査を行った。また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して調査を行った。 前回の「eコマースサイトの利用に関する調査」では、eコマースサイトの利用頻度をはじめ、商品ごとの購入経路などをまとめた。その結果、60代以上のシルバー層もほかの世代と比べて遜色がないほどeコマー

PCとモバイルの検索に関する比較調査--10代でもPCほど積極的に利用しないモバイル検索

PCとモバイルの検索に関する比較調査--10代でもPCほど積極的に利用しないモバイル検索  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCの検索とモバイルの検索の比較調査を行った。本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して実施された。 モバイルの利用方法は年々多様化しており、「ケータイ白書2009」によるとパケット定額制加入率の上昇もあり、ウェブサイトの利用率は高まっているという。また2月に発表された「2008年(平

ブックマークよりも検索です。

ブックマークに関する調査--検索エンジンの普及によってブックマークはなくなる?

ブックマークに関する調査--検索エンジンの普及によってブックマークはなくなる?  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、ブックマークに関する調査を行った。また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫最も多いブックマーク件数は「10個以上〜20個未満」直近1カ月でのブックマーク数は5個未満が60%以上50%弱のユーザーがこの1年で検索エンジンの利用が増えたと回答約6

PC/インターネットがTVよりも先に電源を入れてもらえるようです。

習慣に関する調査--家に帰って最初に使うのは「テレビ」より「PC」

習慣に関する調査--家に帰って最初に使うのは「テレビ」より「PC」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、テレビやPCの習慣に関する調査を行った。  また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫40%以上のユーザーは、家に帰るとまず「PC」を立ち上げる80%以上のユーザーが、PCを立ち上げるとまず「メール」を確認する 今回の調査対象は、15歳〜59歳までの男女

携帯電話の請求書に関する調査--携帯料金の明細書にみる携帯市場の今後

携帯電話の請求書に関する調査--携帯料金の明細書にみる携帯市場の今後  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、携帯電話の請求書に関する調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫携帯電話の請求書、66%が郵送。ウェブ明細は22%に止まる。約80%のユーザーは毎月の請求書を確認する。郵送に比べウェブ明細は確認率が7ポイント程度低い傾向にある。80%以上のユーザーは料金プランの見直しを考えたことがある。 調査対象者は、15歳から49歳のモバイルユーザー

若年層の携帯電話の支払い料金と消費行動に関する調査--携帯電話の支払いは、親任せ?

若年層の携帯電話の支払い料金と消費行動に関する調査--携帯電話の支払いは、親任せ?  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、支払い料金と消費行動に関する調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫自分で携帯電話を購入したことのあるユーザーは70%弱。自分で毎月の通話料金を支払うユーザーは半数以下。若年層は、ショッピング代や娯楽費よりも携帯電話料金を重視する傾向が強い。自分で携帯の支払いをするユーザーは、支払わないユーザーに比べ消費意欲が高い。 調査

進化するユーザビリティテスト~「ユーザー行動観察調査」の効果・効能

進化するユーザビリティテスト〜「ユーザー行動観察調査」の効果・効能 ◆本コラムのサマリ ・ユーザーインタフェースの課題を抽出するだけのユーザビリティテストでは、サイトの本質的な改善はできない ・ユーザー行動観察調査をプロジェクト初期段階から実施し、ターゲットユーザーとその行動原理(インサイト)を正しく把握することがプロジェクトのROIを最大化させるユーザビリティテストは誤解されている!? 「ユーザー中心」「ユーザーエクスペリエンス」といった概念の浸透に伴い、近年のウェブサイトリニューアルプロジ

携帯電話の待ち受けに関する調査--最も利用される画面は「自分で撮影した写真」

携帯電話の待ち受けに関する調査--最も利用される画面は「自分で撮影した写真」  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、携帯電話の待ち受け画面に関する調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫ほぼ全てのユーザーが待ち受け画面を変更した経験がある。変更頻度は、「数カ月に1回程度」が半数以上を占める。また、年齢が上がるにつれその頻度は少なくなる。10・20代は飽きやすく待ち受け画面を頻繁に変更する傾向にあり、30・40代は季節感や臨場感を重視する。待ち

セプテーニによる電子マネーに関する調査です。

電子マネーによるライフスタイルの変化に関する調査--男性はEdy、女性はSuicaに偏る傾向

電子マネーによるライフスタイルの変化に関する調査--男性はEdy、女性はSuicaに偏る傾向  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、電子マネーによるライフスタイルの変化に関する調査を実施した。 2007年度の主要6電子マネー(IC型)の利用状況は、発行枚数が8000万枚を超え、決済件数は810百万件、決済金額は5636億円とそれぞれ大幅に増加した。また、FeliCaチップ搭載の「おサイフケータイ」では、電子マネーEdyやSuicaのほか、最

ジェネレータコンテンツに関する調査--ジェネレータコンテンツはユーザーの興味喚起に効果的?

ジェネレータコンテンツに関する調査--ジェネレータコンテンツはユーザーの興味喚起に効果的?  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、「顔ちぇき!」などに代表されるジェネレータコンテンツに関する調査を行った。 前回のジェネレータコンテンツに関する調査では、ジェネレータコンテンツの利用経験率は30%を超え、男性に比べ女性の利用率が高いことがわかった。また、ジェネレータコンテンツの認知経路としては「友人・知人からの紹介」が中心となっていることも明

ジェネレータコンテンツに関する調査--キャンペーン成功のカギはクチコミと・・・

ジェネレータコンテンツに関する調査--キャンペーン成功のカギはクチコミと・・・  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、「顔ちぇき!」などに代表されるジェネレータコンテンツに関する調査を行った。≪調査結果サマリー≫ジェネレータコンテンツの利用経験率は31.6%。男性に比べ女性の利用率が15ポイント以上高い。SoftBankユーザーにおける利用率が最も高く、auユーザーが最も低い。95%以上のユーザーは「5個未満」のジェネレータコンテンツしか

ケータイの利用実態調査--迷惑メール専用フォルダを用意しているユーザーは20%

ケータイの利用実態調査--迷惑メール専用フォルダを用意しているユーザーは20%  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、携帯電話の利用実態についての調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫60%以上のユーザーが「左ボタン」で1つ前のページに戻る。男性は「戻る」、女性は「左」を利用して前のページに戻る傾向が強い。携帯電話メールのフォルダ分けを行っているユーザーは約72%。その内、20%弱のユーザーが「迷惑メールフォルダ」を用意している。 調査対象

10代の消費行動に関する調査

10代男女の消費行動に関する調査--男性は“付き合い”、女性は“自分”に投資する  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同調査のもと、10代の消費行動に関する調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫10代男女の平均お小遣いは「1万4700円」で、男性に比べ女性の方が高い傾向にある男女ともに、携帯電話への支払額は減少傾向にある男性はファッション、女性は飲食代にお金をかけない傾向が強い今後節約したいのは、「携帯電話」が86.7%でトップ。次いで、「飲食」の

オンラインスーパーに関する調査--「送料を払ってまで利用する」という主婦はわずか

オンラインスーパーに関する調査--「送料を払ってまで利用する」という主婦はわずか  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、オンラインスーパー(ネットスーパーとも)に関する調査を行った。 食品業界は、賞味期限の偽装問題や餃子問題、そして最近では牛乳類は3-10%度、食用油としょうゆに関しては10%程度の値上げが予定されるなど、明るい話題があまりない。 そんな中、食材販売と食品情報を紹介するサイト「Oisix(おいしっくす)」では、餃子事件の後から資料

成熟に向かう携帯電話市場--あなたはメーカーで携帯端末を選びますか?

成熟に向かう携帯電話市場--あなたはメーカーで携帯端末を選びますか?  三菱電機が3月3日、携帯電話端末事業からの撤退を発表しました。撤退の理由を「市場が成熟化し、携帯電話端末の需要の伸びが見通せない中で、顧客の嗜好がますます多様化する非常に厳しい事業環境の下、足下の出荷台数が減少するとともに、今後の業績改善を見通すことが非常に難しくなっている」としています。  さらに3月10日には、ソニー・エリクソン・モバイルがNTTドコモ向け端末の製品計画を見直すと発表しています。  日本の携帯電話の契約

残業と仕事の効率化に関する意識調査

ワークライフバランス「根付かない」が約半数--業務効率化には社員・企業ともに努力が必要  今回のテーマは「残業と仕事の効率化に関する意識調査」。 2007年12月に、政府によるワークライフバランス憲章とその行動指針が策定され、ますます仕事と生活のバランスに注目が集まるなか、残業が多いとされる日本でビジネスパーソンの意識はどのようになっているのでしょうか。  今回の調査は2008年2月22日〜2月24日で行い、全国の20歳以上のビジネスパーソン1080人(20〜29歳24.5%、30〜39歳24

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ