「JA共済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

介護保険料、全国平均が初の5,000円超え

高齢社会・福祉トピックス介護保険料、全国平均が初の5,000円超え主席研究員1.はじめに前田 穣円を超えたこと。また、団塊の世代が全て後高齢化が進行するなかで、くらしを支える期高齢者になる2025年度を見据えた計画建て仕組みの再構築が大きな課題となっている。を市町村が行い、全国平均の保険料が8,165その取り組みの一環として、地域で高齢者円まで上昇すると推計されたことである。3を支えるシステム構築と制度の持続を目指す前期では財政安定化基金 から550億円を介護保険制度の2015年度改正が行われて

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の輸出動向について

最近の輸出動向について一般社団法人 JA共済総合研究所 調査研究部 上席研究員古 金 義 洋ふるかねよしひろアブストラクト円安にもかかわらず輸出の低迷が続いている。そのことに関して、①海外景気の停滞、 ②輸出企業が輸出数量増加を狙った価格設定を行っていないこと、③企業の現地生産拡 大による空洞化、④日本企業の輸出競争力減退、などの理由が挙げられているが、以下 ではそれぞれの理由についての妥当性を検証した。 第1の海外景気との関連では、確かに最近の海外景気の停滞が日本の輸出低迷の要因 になっている

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の地域経済動向―アベノミクス効果の検証を中心に―

最近の地域経済動向―アベノミクス効果の検証を中心に―一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 主任研究員きのしたしげる木 下   茂 アブストラクト2013年度の地域経済は、内需・非製造業中心の回復を遂げたものとみられる。特に、公共投資の増額とアベノミクス期待を背景とした株価上昇は、地域経済に一定程度の押し上げ効果をもたらした。もっとも、こうした政策効果中心の成長は持続的とはいえない。中長期的に地域経済が人口減少を背景とした経済規模収縮圧力に直面していることを考えると、潜在成長力を高める政策対

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

最近の物価動向について一般社団法人 JA共済総合研究所 調査研究部 上席研究員ふる かね よし ひろ古 金 義 洋アブストラクトデフレ脱却を最優先課題に掲げた安倍政権の登場を機に、下落していた消費者物価は 予想以上に上昇した。ただ、この先も物価上昇が持続するのか、また、物価上昇によっ て日本経済が再生するのかについては必ずしもはっきりしない。以下では、まず、最近 の物価上昇の特徴について分析し、物価がこのまま上昇していくのかどうかについて考 えてみる。次に、物価と実体経済との関係について、物価下

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ