「JAGAT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月6日日本印刷技術協会★フィードバック数:0社会/政治

印刷業の10年の歩みを「印刷統計」で見てみよう

HOME出版・レポート印刷白書印刷業の10年の歩みを「印刷統計」で見てみよう 印刷業の10年の歩みを「印刷統計」で見てみよう工業統計の印刷産業出荷額の推移からデジタル化の影響が明らかになります。印刷統計の生産金額の推移からは出版印刷の低迷や包装印刷の漸増などが見えてきます。(数字で読み解く印刷産業2016その7) 印刷市場の規模を見るときには「工業統計」の製造品出荷額等が使われますが、年に1度の工業統計調査に対して、毎月の「経済産業省生産動態統計」における印刷業を対象とした「印刷統計」では製品別

2015年5月28日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度) 印刷業定点調査 各地の声(2015年2月度)2月の売上高は△3.6%と駆け込み需要の反動減で沈んだ2014年4月以来の大きな落ち込み幅になった。印刷経営を巡る状況は予断を許さないが、統一地方選を控えていることなどもあり、仕事に関しては数字の落ち込みほどの悲壮感はない。地域別に見ると、首都圏と名古屋圏の回復傾向が顕著だ。一方、大阪圏と近畿・四国・中国は前年を割り込み続け、むしろ状況が悪化している。印刷

2015年5月6日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度) 印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)売上高は△1.4%と10月から4カ月連続のマイナスとなった。マイナス幅は大きくないものの、増税によって名目上の売上高が3%近く押し上げられていることを考慮すると、印刷経営の実態は厳しさが続いている。昨年2~3月は消費増税前の駆け込み需要で空前の賑わいだったため、対前年比で見た印刷経営は3月まで落ち込み幅が大きくなることが確実視される。地域別に見ると、名古屋

2015年3月4日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 2014年「年末アンケート総評」

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 2014年「年末アンケート総評」 印刷業定点調査 2014年「年末アンケート総評」JAGATでは毎年、会員企業のうち印刷を主力とする印刷会社に「今年はどのような年だったか」「来年の業績予想」「来年の重点施策」「来年の抱負」などについてアンケートを実施している。2014年末アンケート(38社回答)の一部を紹介する。①2014年はどのような年だったか 消費増税前後で状況が一変したとの指摘が目立つ。「厳しい」と表現した会社が1/4の9

2014年12月23日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度) 2014年8月の売上高は+0.6%と2カ月連続でプラス。徐々に改善してきていた売上高伸び率の改善は4カ月ぶりに腰折れした。しかし5月以降、売上高伸び率は前年同水準近辺(±2%前後)でのわずかな増減であり、特筆するような大きな変化はなく横ばいである。ただし消費税の影響について、実質的な売上高は増税分3%程度が上乗せされていることを割引いてシビアに見る必要が

2014年10月30日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度) 2014年6月の売上高は△0.2%と消費増税以来3カ月連続のマイナスながら、ほぼ前年同水準を回復しつつある。マイナス幅は2カ月連続で縮小、売上高は少しずつ回復の傾向を見せている。ただし、消費増税の影響があるから、実質的な売上高は消費増税分3%弱程度が上乗せされていることを割引いて見る必要があるだろう。地域別には、甲信越静と名古屋圏が2カ月連続のプラスと輸

2014年7月30日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

デジタル販促の技術・サービスの導入意向が強く、リモートプルーフの満足度が高い

本記事は、アーカイブに保存されている過去の記事です。最新の情報は、公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)サイトをご確認ください。 デジタル販促の技術・サービスの導入意向が強く、リモートプルーフの満足度が高い 「JAGAT印刷産業経営動向調査」より新技術、サービスの導入状況、満足度、導入意向を紹介する。JAGATが毎年、会員企業を対象に実施している「印刷産業経営動向調査」の2013年度の調査結果から新技術/サービス/システムの導入状況、今後の導入意向についての結果を紹介する。本調査回答企業の

2013年4月26日日本印刷技術協会フィードバック数:8社会/政治

百貨店売上高にみる個人消費の動向と印刷需要

本記事は、アーカイブに保存されている過去の記事です。最新の情報は、公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)サイトをご確認ください。 百貨店売上高にみる個人消費の動向と印刷需要 日本百貨店協会が2013年4月18日に発表した3月の売上高総額は、5447億円で、前年同月比3.9%増であり、7年ぶりに3カ月連続増になった。消費者の購買意欲が高まったのであろうか。 百貨店業界の売上と印刷出荷額の関係 印刷需要拡大の要因はさまざまあるが、景気の動向や個人消費の影響、またそれによって変化する他業界の状

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ