「JDA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

経営者の視点2017:小売企業の変革

JDAとPWCが毎年実施している経営者への調査によると、本年の傾向は、顧客満足の提供を軸としてデジタル変革に対する投資の優先度が最も高いという結果が見られました。しかし、52%の小売企業が、デジタル変革戦略の取組を開始していないと回答しています。更に、ネット通販ビジネスの成長はあるものの、78%のCEOは、店舗への投資を削減する予定はないと考えています。更に複雑化している注文への対応(フルフィルメント)、顧客データの活用、店舗への投資等小売業界のトレンドを考察しています。是非ご一読ください。

2015年12月15日JDA Softwareフィードバック数:0マーケティング

ヨーロッパでは成人の半数近くがメーカーから直接購入、顧客の期待を満たす直販チャネルが不可欠に

ヨーロッパでは成人の半数近くがメーカーから直接購入、顧客の期待を満たす直販チャネルが不可欠に 消費者の直接購入が増える中で、メーカーの最大の課題は収益性の確保*本プレスリリースは、2015年12月2日 、英国発のプレスリリースの抄訳です。JDA Manufacturing Pulse Report によると、イギリス、ドイツ、フランス、スイスの成人6,146人に実施したオンライン調査の結果、5分の2以上(42%)が過去12カ月間にメーカーから直接製品を購入していることが分かりました。しかし、4

2015年5月19日JDA Softwareフィードバック数:0マーケティング

The Omni-Channel Fulfillment Imperative

消費材・小売企業はオムニチャネルへの投資が重要と考えるも、課題は物流と在庫計画 JDAの最新調査で、オムニチャネルへの投資を増額しているにもかかわらず、利益を確保できていると回答したのはわずか16%※2015年4月14日 アリゾナ州 スコッツデール発のニュースリリースの抄訳です。JDAの最新調査によると、小売業や消費財メーカーでは、オムニチャネルに対応したフルフィルメント(オーダー受注からお客様の手元に商品が届くまでの一連のプロセス)の能力改善が「最重要もしくは重要課題である」と回答したのは、

2015年3月12日JDA Softwareフィードバック数:0企業情報システム

JDA Vision 2015 Supply Chain Market Study

企業のサプライチェーンの最優先課題は「S&OP実現による最適な需給調整」 JDAの最新調査「JDA Vision」で現在のサプライチェーンへの取り組み動向が明らかに* 本プレスリリースは、2015年2月24日発表の米国発プレスリリースを再編しました。JDAがグローバルに実施した最新の調査結果によると、メーカーや小売企業は自社のグローバルサプライチェーンが非常に複雑化していると認識しているにもかかわらず、多くは依然として旧式のツールや効果がないプロセスでその複雑なバリューチェーン全体を管理してい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ