調査のチカラ TOP > タグ一覧 > JVCケンウッド

「JVCケンウッド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年11月16日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2017年8月分)

うち、放送装置52億円(同16.1%減)、固定通信装置68億33百万円(同1.7%増)、基地局通信装置86億70百万円(同48.8%減)、移動通信装置400億25百万円(同46.7%増)、無線応用装置122億34百万円(同53.3%増)となった。(1)移動通信装置では、移動局通信装置の内需が前年同月比175.7%増加し、移動通信装置で同10.2%増となった。(2)超音波応用装置では、医療機器の内需が前年同月比31.8%増加し、また、同外需が9.5%増加し、全体で同18.8%増となった。※品目別の

2017年10月5日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2017年7月分)

うち、放送装置39億50百万円(同37.9%減)、固定通信装置144億03百万円(同9.35%増)、基地局通信装置64億57百万円(同69%減)、移動通信装置422億93百万円(同33%増)、無線応用装置44億99百万円(同48.8%減)となった。(1)放送装置では、テレビ放送装置の内需が前年同月比38.4%減少し、放送装置で同37.9%減となった。(2)超音波応用装置では、医療機器の内需が前年同月比0.4%減少し、また、同外需が52.9%増加し、全体で同17.7%増となった。※品目別の過去2年

2011年9月4日ケンウッドフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

総務担当者500名に聞く「震災時のトランシーバー使用」に関するアンケート調査

総務担当者500名に聞く「震災時のトランシーバー使用」に関するアンケート調査を実施震災直後、会社で電話が通じにくかった事が最も不便 78.2%電話や電気が使えない時、トランシーバーが役立つと思う 67.8%JVCケンウッドグループの事業会社であるケンウッドは、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の社員数100名以上の、BCP(事業継続計画)策定企業とBCP未策定企業の総務担当者各250名、計500名を対象に、「震災時のトランシーバー使用」に関するアンケート調査を行いました。今回の調査では

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ