「KSN」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Security Bulletin:数字で振り返る2016年のサイバー脅威

■ カスペルスキー製品での観測ユーザーのコンピューターの31.9%で、年間1回以上Webベースの攻撃を検知しました。全世界のユーザーの端末で検知されたオンラインリソースからの攻撃は、758,044,650件に上ります。約2億6100万(261,774,932)のURL(重複を除く)が、Webアンチウイルスコンポーネントによって悪意あるURLと判定されました。Webアンチウイルスコンポーネントで検知された、悪意あるオブジェクトの種類は、69,277,289です。カスペルスキー製品によって無害化され

2016年11月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月

~日本は2四半期連続で暗号化型ランサムウェアの標的になった国のトップに ~[本リリースは、2016年11月3日にKaspersky Labが発表したリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labがまとめた2016年第3四半期(7月~9月)のサイバー脅威レポートによると、暗号化型ランサムウェアに遭遇したユーザー数が821,865人にのぼり、2016年第2四半期(4月~6月)比2.6倍となりました。暗号化型ランサムウェアは、感染したデバイス上のファイルを暗号化して、復号と引き替えに金銭を要求

2015年1月15日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーのレポートです。

数字で振り返る2014年のサイバー脅威:悪意ある攻撃は10億件増加

[本リリースは、2014年12月8日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(Global Research and Analysis Team:GReAT)※1が、2014年のサイバー脅威の状況を総括した結果によると、2014年はユーザーのコンピューターやモバイルデバイスに対する悪意のある攻撃が大幅に増加しただけでなく、金融関連のマルウェアがさらに進化しました。Web攻撃のベクトルには変化がみられ、2013年はWeb

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ