「Kaspersky Lab」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月24日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2017年のサイバー脅威

[本リリースは、2017年12月14日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)は、年次のサイバー脅威動向レポートで、その年の主要なサイバー脅威をまとめています※1。Kaspersky Labのエキスパートと社内検知システムによって毎日発見される新たな悪意あるファイルの数は、2017年に1日あたり36万件に達し、前年比11.5%増となりました。悪意あるファイルの1日あたりの検知数は、2年連続で増

2018年1月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年を代表するサイバー脅威

■ 2017年のランサムウェアの傾向(カスペルスキー製品での観測※2)2017年に暗号化型ランサムウェアの攻撃に遭ったユニークユーザー数は約95万人でしたが、2016年は150万人前後でした。数が減少した原因は主に、検知手法の反映によるものです(たとえば、暗号化型マルウェアに関連していることの多いダウンローダーは、現在ヒューリスティック検知によってさらに正確に検出されるようになったため、当社のテレメトリーで収集されるランサムウェア関連の判定と同じ区分には分類されないようになりました)。今年猛威を

2017年9月19日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2017年4月~6月

[本リリースは、2017年8月15日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]Kaspersky Labは2017年第2四半期(4月~6月)のサイバー脅威レポートを公開しました。この期間には、ソフトウェアの脆弱性を悪用するエクスプロイトのパッケージがWeb上に公開されたことでサイバー脅威の状況が大きく変わり、このサイバー脅威が強い勢いで拡大し続けています。カスペルスキー製品では、このエクスプロイトによる攻撃を、同期間に500万回以上検知・ブロックしています。エ

2017年1月28日カスペルスキー★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-2

~「いいね」欲しさに他人の秘密を投稿すると回答した男性は女性の2倍以上~[本リリースは、2017年1月12日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labが、日本を含む世界18カ国16,750人の男女を対象に実施したソーシャルメディアに対する調査※1 の結果、12%が「いいね」の数を増やすため、投稿内容を脚色したり誇張したりすると回答しました。総体的に、男性の方が女性よりも「いいね」の数に敏感であり、「いいね」数を稼ぐためであれば、他人の秘密や

2015年1月20日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年にサイバー脅威の標的となった企業は、2013年の2倍以上に

[本リリースは、2014年12月9日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(GReAT)※1は、2014年の脅威の状況を特徴づける主な出来事を総括しました。昨年もさまざまなセキュリティインシデントが発生しましたが、特にその規模および企業、政府、公的/私的機関に対する影響の面で、標的型攻撃と悪意のある攻撃が際立っていました。GReATが過去12か月間に発見、報告した7件のAPT攻撃においては、標的となった企業は少なくと

2014年1月16日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る 2013年:1日に315,000個もの新種のマルウェアが発生

数字で振り返る 2013 年:1日に315,000 個もの新種のマルウェアが発生数字で振り返る 2013 年:1日に315,000 個もの新種のマルウェアが発生 本リリースは、2013年 12 月 10 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。2013 年におけるITセキュリティの状況を数字の側面から振り返ってみましょう。 2013年にはカスペルスキー製品ユーザーのコンピューターの 41.6% が 1 回以上の攻撃を受け、世界全体におけるインターネット上の脅威のレベルが 6

2013年12月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期-データを狙う脅威の増加に懸念

本リリースは、2013年 11 月 13 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。2013 年第 3 四半期(Q3)は、モバイルプラットフォームに特化したマルウェア作者にとって転換期となりました。6 月には、新種のトロイの木馬 Svpeng が発見されました。これは、ユーザーのスマートフォンから銀行口座への直接アクセスを可能にするマルウェアです。このタイプのマルウェアで使用されてきたスマートフォンとコンピューターの組み合わせによる従来型のアクセスに比べ、これは非常に簡素化さ

2013年12月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

65% の企業が IT セキュリティ教育に社内リソースを使用

本リリースは、2013年 9 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。今春、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した2013 Global Corporate IT Security Risks surveyにより、多くの企業が IT セキュリティに関する従業員教育を行う際に、外部の IT コンサルタントや IT セキュリティに関するプロへの業務委託を行うのではなく、自社内の IT 部

2013年12月11日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期のスパム:ユーザーのデータを標的とする悪質なスパムが急増

本リリースは、2013年 11 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。すべてのメールトラフィックにおけるスパムの割合は、前四半期(Q2)から 2.4 ポイント減少し、68.3% となりました。一方で、悪質なスパムの割合は、1.5 倍以上に増えています。また、E メールにより拡散されるマルウェアの大半が、ユーザーのログイン情報やパスワード、金融情報を狙うものでした。2013 年 Q3 には、フィッシングメールの割合が前期比で 3 倍に増加しました。E メール経由で広

2013年3月8日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

モバイルにおける脅威の動向:Android を中心に急増し、スパイ活動もさかんに

本リリースは、2013 年2月 28 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Lab では、Android のぜい弱性を利用して秘密裏にマルウェアをダウンロードさせるドライブバイダウンロード攻撃を、まだ検知したことがありません。これは一見すると朗報のように聞こえるかもしれませんが、実際はそうではありません。ユーザーは怪しいサイトで積極的にソフトウェアを検索し、提供元不明のプログラムを起動する時も何ら注意を払いません。つまりサイバー犯罪者が容易にデバイスを

2013年1月22日カスペルスキーフィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

2012年度スパムレポート

本リリースは、2013年 1月21日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 Kaspersky Lab のデータによると、E メールトラフィック内のスパムの割合は、2012 年を通して着実に減少し、5 年ぶりの低水準となりました。この年の平均は 72.1% で、2011 年より 8.2% ポイント下落しています。これほど長期的かつ大幅なスパムの割合の減少は前例がありません。スパム量減少の主な理由は、アンチスパムによる保護レベルの向上です。今や無料サービスを含むどのような E

2012年8月15日カスペルスキーフィードバック数:10セキュリティ/ネットワーク

ユーザーの33%がセキュリティの弱いモバイル端末に個人文書を保存している

本リリースは、2012 年 5 月 21 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 ユーザーは自身のデータのほとんどをパソコンに保存していますが、より多くの人々が個人ファイルをスマートフォンやタブレットに移行しつつあります。しかしながら、これらの端末はパソコンよりも明らかにセキュリティが弱い傾向にあり、これらの端末に情報を保存する事は非常に大きなリスクを抱える事になります。この傾向は、Harris Interactive社が世界中の約9,000人のユーザーを対象に2012年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ