「Kaspersky Lab」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年度 企業の情報セキュリティリスク調査

[本リリースは、2017年9月14日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]~ 一方で、セキュリティインシデント最大のコストは、サードパーティのサイバーセキュリティの失策に起因。自社への投資だけでなく、ビジネスパートナーのセキュリティ管理体制に注意を払う必要も ~Kaspersky Labとグローバル調査会社のB2B Internationalは、世界30か国の企業に勤務する5,000人以上を対象に、情報セキュリティリスクに関する年次調査を実施しました。※1

2017年9月19日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2017年4月~6月

[本リリースは、2017年8月15日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]Kaspersky Labは2017年第2四半期(4月~6月)のサイバー脅威レポートを公開しました。この期間には、ソフトウェアの脆弱性を悪用するエクスプロイトのパッケージがWeb上に公開されたことでサイバー脅威の状況が大きく変わり、このサイバー脅威が強い勢いで拡大し続けています。カスペルスキー製品では、このエクスプロイトによる攻撃を、同期間に500万回以上検知・ブロックしています。エ

2017年2月2日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-3>ソーシャルメディアの利用が親子関係にも影響、21%の親が子供に気まずい投稿を見られて関係が悪化と回答

ドイツのヴュルツブルク大学のメディア心理学者、アストリッド・カロルス博士は次のように述べています。「調査の結果、デジタルコミュニケーションが実際のコミュニケーションを補っていることが明らかになりました。パートナーや家族と離れて暮らすこともあります。このような物理的な隔たりをデジタルコミュニケーションは埋めてくれます。しかし、デジタルコミュニケーションは直接的なコミュニケーションにはかないません。デジタルコミュニケーションは感覚的な部分が欠如しているので、感覚面で物足りなさを感じてしまうのです。」

2017年1月28日カスペルスキー★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-2

~「いいね」欲しさに他人の秘密を投稿すると回答した男性は女性の2倍以上~[本リリースは、2017年1月12日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labが、日本を含む世界18カ国16,750人の男女を対象に実施したソーシャルメディアに対する調査※1 の結果、12%が「いいね」の数を増やすため、投稿内容を脚色したり誇張したりすると回答しました。総体的に、男性の方が女性よりも「いいね」の数に敏感であり、「いいね」数を稼ぐためであれば、他人の秘密や

2016年11月28日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:デジタル健忘症

ホーム カスペルスキーについて ニュース マルウェア 2016 <Kaspersky Labレポート:デジタル健忘症>日本のネット利用者の7割以上が「デジタルデバイスへの依存により昔に比べ記憶しなくなった」と回答、その傾向は30代未満でさらに強く

2016年8月18日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

6年で100件を超える世界中の標的型攻撃に関するインテリジェンスレポートを提供

[本資料は、2016年7月26日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]~ 85カ国における民間企業や政府機関を標的とした攻撃を追跡・調査 ~Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)※1 は、85カ国の民間企業や政府機関を標的とした、100以上のサイバー犯罪組織と悪意のある活動の動向を追跡、調査しています。高度な技術を持つサイバー犯罪者達は積極的に攻撃手段の改良や拡張を進めており、新たな犯罪者達も多数参入するなど、サイバー組織の数と脅威の

2016年2月2日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2015年のサイバー脅威

[本リリースは、2015年12月15日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab は、グローバル調査分析チーム(Global Research and Analysis Team:GReAT)※1 によるサイバー脅威の状況を総括したレポート「Kaspersky Security Bulletin:2015年脅威の統計概要」※2 を発表しました。これによると、新たなトレンドとして、Androidデバイスを狙うモバイルバンキング型マルウェアが、金融系マ

2015年1月20日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年にサイバー脅威の標的となった企業は、2013年の2倍以上に

[本リリースは、2014年12月9日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(GReAT)※1は、2014年の脅威の状況を特徴づける主な出来事を総括しました。昨年もさまざまなセキュリティインシデントが発生しましたが、特にその規模および企業、政府、公的/私的機関に対する影響の面で、標的型攻撃と悪意のある攻撃が際立っていました。GReATが過去12か月間に発見、報告した7件のAPT攻撃においては、標的となった企業は少なくと

2015年1月15日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーのレポートです。

数字で振り返る2014年のサイバー脅威:悪意ある攻撃は10億件増加

[本リリースは、2014年12月8日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(Global Research and Analysis Team:GReAT)※1が、2014年のサイバー脅威の状況を総括した結果によると、2014年はユーザーのコンピューターやモバイルデバイスに対する悪意のある攻撃が大幅に増加しただけでなく、金融関連のマルウェアがさらに進化しました。Web攻撃のベクトルには変化がみられ、2013年はWeb

2014年3月14日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年1月のスパムレポート: WhatsApp を装う偽の通知と本物の星のバレンタインプレゼント

本リリースは、2014 年 2 月 27 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 カスペルスキーは 2014 年 1 月におけるスパムの監視結果を発表します。1 月のトップストーリー 3 件有名なスマートフォン向けメッセンジャー WhatsApp を騙る E メールを検知しました。メールに添付の圧縮ファイルは「友達」からの写真であると書かれていますが、実際には悪質なプログラムが格納されていました。Kaspersky Lab ではこれを Backdoor.Win32.And

2014年2月28日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

モバイル向けマルウェアの進化

〜2013年には1ユーザーあたり3回の感染攻撃〜本リリースは、2014 年 2 月 24 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 Kaspersky Lab のエキスパートが「モバイル向けマルウェアの進化 2013」と題した調査レポートを発表しました。 数字で見る 2013 年2013 年には、モバイルデバイスを標的とした 143,211 の新種の悪性プログラムが検知されました。これは、2012 年のサンプル数 40,059 の 3 倍以上にあたります。2013 年に検知

2014年2月6日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

悪質なスパムの標的:3年連続で金融関連のデータがトップ

悪質なスパムの標的:3 年連続で金融関連のデータがトップ悪質なスパムの標的:3 年連続で金融関連のデータがトップ 本リリースは、2014 年 1 月 23 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Lab のエキスパートは 2013 年におけるスパムの活動状況を次のようにまとめました。2013 年の E メールトラフィック内のスパムの割合は 69.6%(2012 年から 2.5 ポイントマイナス)悪質な添付ファイルを伴う E メールの割合は 3.2%(20

2014年1月16日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る 2013年:1日に315,000個もの新種のマルウェアが発生

数字で振り返る 2013 年:1日に315,000 個もの新種のマルウェアが発生数字で振り返る 2013 年:1日に315,000 個もの新種のマルウェアが発生 本リリースは、2013年 12 月 10 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。2013 年におけるITセキュリティの状況を数字の側面から振り返ってみましょう。 2013年にはカスペルスキー製品ユーザーのコンピューターの 41.6% が 1 回以上の攻撃を受け、世界全体におけるインターネット上の脅威のレベルが 6

2014年1月14日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年の脅威の展望を決定付けた主なセキュリティインシデント

本リリースは、2013年 12 月 3 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 2013 年には、ITセキュリティ上の新事実がいくつも発見され、今日のインターネットとの付き合い方や私達が直面するリスクについて問題を投げかけました。2012年に引き続き、2013年も高度な脅威をもたらす犯罪者が大規模な活動を行いました。ゲリラ型の攻撃を専門とする「雇われ」APT 集団であるサイバー傭兵部隊の出現も確認されました。ハクティビストと共に「流出」という言葉が常にニュースを賑わし、シ

2013年12月26日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年10月のスパムレポート:サンタ、詐欺、そして魔術

本リリースは、2013年 11 月 21 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。10 月、スパマー達はこれからやってくる祝日や、有名な通信事業者の名前、シリアでの内戦をテーマに利用しました。また恋愛成就の儀式や呪いといった魔術のサービスの広告メールも出回りました。その結果、すべてのメールトラフィックにおけるスパムの割合は、前月から 6.6 ポイント増加し、月平均で 72.5% となりました。E メールで拡大したマルウェアランキングでは、Trojan Fraud が引き続き

2013年12月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期-データを狙う脅威の増加に懸念

本リリースは、2013年 11 月 13 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。2013 年第 3 四半期(Q3)は、モバイルプラットフォームに特化したマルウェア作者にとって転換期となりました。6 月には、新種のトロイの木馬 Svpeng が発見されました。これは、ユーザーのスマートフォンから銀行口座への直接アクセスを可能にするマルウェアです。このタイプのマルウェアで使用されてきたスマートフォンとコンピューターの組み合わせによる従来型のアクセスに比べ、これは非常に簡素化さ

2013年12月16日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

34% のユーザーは Wi-Fi ホットスポットで情報の保護を行っていない

本リリースは、2013年 10 月 9 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Wi-Fi ホットスポットを利用してインターネットを楽しむことは、ごく普通のことになりました。しかし、そうしたネットワークに接続することには危険が伴う場合もあります。それにもかかわらず、3 分の 1 以上のユーザーが公共の Wi-Fi にログインする際に特別な対策をとらないことが、今夏、Kaspersky Lab と ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International

2013年12月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

65% の企業が IT セキュリティ教育に社内リソースを使用

本リリースは、2013年 9 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。今春、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した2013 Global Corporate IT Security Risks surveyにより、多くの企業が IT セキュリティに関する従業員教育を行う際に、外部の IT コンサルタントや IT セキュリティに関するプロへの業務委託を行うのではなく、自社内の IT 部

2013年12月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットユーザーの約3分の1が銀行を装った偽メールを受信

本リリースは、2013 年 10 月 1 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。今夏、Kaspersky Lab と ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した、Kaspersky Consumer Security Risks Surveyによると、回答者の約 30% が銀行を装った偽メールを受信した経験があることが明らかになりました。多くの場合、詐欺師は銀行を装ってユーザーからアカウントの認証情報を手に入れ、預金をだ

2013年12月11日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期のスパム:ユーザーのデータを標的とする悪質なスパムが急増

本リリースは、2013年 11 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。すべてのメールトラフィックにおけるスパムの割合は、前四半期(Q2)から 2.4 ポイント減少し、68.3% となりました。一方で、悪質なスパムの割合は、1.5 倍以上に増えています。また、E メールにより拡散されるマルウェアの大半が、ユーザーのログイン情報やパスワード、金融情報を狙うものでした。2013 年 Q3 には、フィッシングメールの割合が前期比で 3 倍に増加しました。E メール経由で広

2013年11月19日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

被害者の3分の1以上が予定外の出費を余儀なくされている

本リリースは、2013 年 9 月 17 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。ウイルス感染やマルウェア攻撃に遭遇してもPCのパフォーマンス低下や管理するWebサイトのクラッシュなどの被害以外には特に問題はない、という誤った理解が広まっています。しかし、実際には、ウイルスやマルウェアによる被害はユーザーの出費の原因となっています。たとえば、犯罪者が電子決済やオンラインバンキングでの攻撃を1度でも成功させれば、被害者の貯金はすべて盗まれてしまう可能性があります。また、金銭を

2013年11月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年8月のスパムレポート:スパマー達も夏季休暇?

2013 年 8 月のスパムレポート:スパマー達も夏季休暇?2013 年 8 月のスパムレポート:スパマー達も夏季休暇? 本リリースは、2013 年 9 月 23 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Lab の 8 月の調査によると、世界のメールトラフィック内のスパムの割合は 67.6% を占めました。これは 7 月の数字より 3.6 ポイント減となっています。しかし夏休みシーズンに休暇に出かけたのは無害なタイプのスパマーだけだったのでしょう。実際、

2013年10月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

61%のユーザーは被害をうけたデータを完全には復元できない

本リリースは、2013 年 9 月 4 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。大事なデータがマルウェアの攻撃によって壊滅的な被害をこうむることがあります。さらに悪いことに、一旦壊滅的な被害をうけたデータは元に戻せる保証がありません。今夏、Kaspersky Lab と ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査では、マルウェアの攻撃によって失われたデータをすべて復元できたユーザーはわずか39%でした。残りの61%のユ

2013年10月23日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業はITセキュリティ分野で深刻な予算不足を抱えている

本リリースは、2013 年 8 月 29 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。今春、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した2013 Global Corporate IT Security Risks surveyにより、IT 意思決定者の 60% が、IT セキュリティポリシー策定のための時間や予算不足を感じていることがわかりました。逆に、脅威に対処するためにしっかりと体系的なプロセス

2013年10月21日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

オンライン詐欺被害者の41%は被害金をまったく取り戻せず

本リリースは、2013 年8 月 21 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。今夏、Kaspersky Lab と ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施したKaspersky Consumer Security Risks Surveyにより、ネット詐欺によって金銭的な被害を受けたユーザーの約41%は、その被害金を一切取り戻せていないことが明らかになりました。理論上では、たとえ詐欺師によってオンラインバンキングや電子決

2013年9月5日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データ盗難、従業員の過失が発生原因の上位を占める

本リリースは、2013年 8 月 5 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。今春、Kaspersky Lab と ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した 2013 Global Corporate IT Security Risks Surveyにより、企業の機密データの漏えいを引き起こすITセキュリティインシデントの主な原因の1つが従業員の過失であることが分かりました。同調査に参加した企業にITセキュリティインシデ

2013年8月16日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

45%の企業がITインフラへの複合的な攻撃を懸念

45% の企業が IT インフラへの複合的な攻撃を懸念45% の企業が IT インフラへの複合的な攻撃を懸念 本リリースは、2013年 7 月 9 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。2013年2月に調査会社のIDCが世界中の大手企業を対象に実施したWorldwide Security Productsの調査で、半数近くの企業が、ますます高度化する攻撃によって自社のITインフラに深刻な脅威がもたらされることを懸念していると回答しました。サイバー犯罪者たちの間では、企業攻

2013年8月13日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年6月のスパムレポート:スティーブ・ジョブズから成功の秘訣を学ぼう

本リリースは、2013年 7 月 29 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Lab の調査によると、すべてのメールトラフィックにおけるスパムの割合は、5 月から 1.4 ポイント増加し、月平均 71.1% となりました。また、すべてのメールトラフィック内で検知された悪質なファイルの割合は、5 月から 1 ポイント減少し、1.8% となっています。6 月、スパマー達はアップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズの名前を積極的に利用しました。スパムメール

2013年8月9日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃後の復旧に要する費用の平均は6,400万円に

本リリースは、2013年 6 月 25 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した2013 Global Corporate IT Security Risks Surveyにより、サイバー攻撃を受けた大企業がその復旧に要したコストの平均額は 64 万 9,000 ドル(およそ 6,400万円)に達することが分かりました。サイバー攻撃は、規模や種類の違いは

2013年8月8日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

フィッシング攻撃の5件に1件がオンラインバンクのアカウント情報を狙っている

~犯罪者からアカウント情報を守るための適切な保護の必要性が浮き彫りに~本リリースは、2013年 6 月 26 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Lab がクラウドベースのKaspersky Security Networkを使用して調べた結果、2012 年 5 月から 2013 年 4 月下旬までに行われたフィッシング攻撃の うち20.64%、つまり5 件に 1 件は、銀行などの金融機関を利用する個人のアカウント情報を狙ったものであることが明らかに

2013年7月30日カスペルスキーフィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

過去1年間で3,730万人がフィッシング攻撃を経験

~頻繁に使われるのは偽の検索サービス、メールサービス、SNS、金融機関、オンラインストア~本リリースは、2013年 6 月 20 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Lab は、2013 年 7 月に Kaspersky Security Network クラウドサービスのデータを基にした 調査 「The evolution of phishing attacks 2011-2013」を実施しました。その結果、過去1年間にフィッシングの攻撃に遭遇した

2013年7月26日カスペルスキーフィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

世界の約半数の企業が集中管理ツールの重要性を理解していない

本リリースは、2013年 6 月 5 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。多くの企業、特に小規模企業にとって、ワークステーションの導入や管理、モバイルデバイスの保護を行う事は容易な仕事ではありません。この問題に対して解決を手助けするのが、集中管理ツールです。しかし、この度 Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査により、その有効性を理解する企業はわずか半数であるということが判明しました

2013年7月24日カスペルスキーフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

子供にとって最も危険なオンライン上の“遊び場”であるソーシャルネットワークに注意

~保護者の許可なく子供がソーシャルネットワークへアクセスを試みた回数は過去 1 か月間で5,200 万回~本リリースは、2013年 6 月 3 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。夏休みが始まりましたが、Kaspersky Lab から保護者の皆様にお願いがあります。夏休みは子供たちの外出が増えると同時に、インターネットを使用する時間も増える期間です。学校の授業中は有用な情報や知識の宝庫だったはずのWebも、制約が解かれた途端、小さな子供たちにとって大変危険な環境に変わ

2013年7月10日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

57%の企業が社員の利用するアプリケーションをコントロールできず

本リリースは、2013年 5 月 15 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。サードパーティ製のアプリケーションの起動を制限することは、企業のワークステーションのセキュリティを向上させ、従業員の業務効率を高めることに繋がります。しかし、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査によれば、企業の 57% がアプリケーションコントロールのためのツールを使用していないことが分かりました。サイバー

2013年7月5日カスペルスキーフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

世界の企業の30%がクライアント管理ツールを使用せず

本リリースは、2013年 4 月 24 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査により、世界の企業の 30 % が最新の自動クライアント管理ツールを導入していないことが分かりました。今でも多くの企業は専用ソリューションを使わずに、ソフトウェアやハードウェアの資産管理やソフトウェアのライセンス管理、OSやアプリケーションのアップデートなどの作業を行って

2013年6月27日カスペルスキーフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

企業の41%がデータ漏えいの防止を優先タスクに

本リリースは、2013 年 4 月 2 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。機密データの漏えいは、偶発的なもの・悪意によるものに関わらす、すべての企業に深刻な影響をもたらします。最悪の場合、企業の倒産の原因となる可能性さえあります。2012 年 12 月に IDCが行った調査によると、企業の多くはこの問題の重大さを認識していることが分かりました。全体の41 %の企業 がデータ漏えいの可能性について考え、その防止対策を最優先事項としています。IDC は、データ保護において

2013年6月25日カスペルスキーフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

41%の企業がセキュリティソリューションの複雑化を大きな問題として認識

本リリースは、2013 年 3 月 27 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。企業にとって必要とされるセキュリティソリューションは、日々ますます複雑化しています。IDC の調査によると、41% に上る企業が、2013 年にこの複雑化が大きな問題になる可能性があると考えているようです。サイバー脅威は目まぐるしく変化しており、犯罪者たちは攻撃の拡散を狙って攻撃ツールの配備を着々と進めています。さらに今では、モバイルを含むあらゆるデバイスが重要なシステムへの「入り口」として使

2013年6月17日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

脅威に対して本当に効果的な技術を採用している企業は5社中2社にとどまる

本リリースは、2013年 3 月 20 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。不要な通信やマルウェアに対する保護対策の必要性は今やほとんどの企業で認識されています。Kaspersky Lab とビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が 共同で実施した調査では、世界の 82% の企業がマルウェア対策製品を導入し、80% がスパム対策技術を使用しているとの結果が出ています。しかし、情報を盗むサイバー犯罪者たちのテクニックがますます高度に

2013年3月21日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

35%の企業がITセキュリティ対策の不備によりデータ漏えいの被害に

本リリースは、2013 年 1月 10 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。B2B International 社のアンケート*により、35%もの企業がマルウェア感染によるデータ漏えいの経験があることが分かりました。もっとも、データ漏えいの原因はマルウェアだけではありません。また、漏えいの結果、被害は企業や従業員だけでなく、顧客にも及びます。こうした事態を防ぐためにも、企業はITインフラ全体に強固なマルチレベル(多層)の保護を導入する必要があります。主な調査結果:データ

2013年3月13日カスペルスキーフィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

約半数の企業が、機密情報の保護に暗号化技術を採用している

本リリースは、2012 年 12月 10 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。B2B International 社のアンケート*により、世界の約半数の企業が機密情報の保護対策として、暗号化技術を採用していることが分かりました。その一方で、暗号化のシステムは導入が難しいという問題があるため、簡単に導入ができ、効果の高い暗号化技術を含む統合セキュリティソリューションが求められています。主な調査結果:44 % の企業が機密情報を守るために暗号化技術を採用したと回答36 %

2013年3月8日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

モバイルにおける脅威の動向:Android を中心に急増し、スパイ活動もさかんに

本リリースは、2013 年2月 28 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Lab では、Android のぜい弱性を利用して秘密裏にマルウェアをダウンロードさせるドライブバイダウンロード攻撃を、まだ検知したことがありません。これは一見すると朗報のように聞こえるかもしれませんが、実際はそうではありません。ユーザーは怪しいサイトで積極的にソフトウェアを検索し、提供元不明のプログラムを起動する時も何ら注意を払いません。つまりサイバー犯罪者が容易にデバイスを

2013年2月13日カスペルスキー★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

アクセスデータを利用したブラウザについての分析です。

個人ユーザーのWebブラウザーの利用パターン

本リリースは、2012 年 11 月 8 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Labの調査によって、新しいバージョンのブラウザーがリリースされても、ほとんどのユーザーは1か月以上アップグレードしないという現状が明らかになりました。Webブラウザーは、最も広く利用されているソフトウェアの1つで、ほとんどすべてのコンピューターにインストールされています。現在発生しているサイバー攻撃の多くはWeb経由で行われ、Webブラウザー自体のぜい弱性やブラウザー内の

2013年1月31日カスペルスキーフィードバック数:9セキュリティ/ネットワーク

グローバルITセキュリティリスクに関する調査

本リリースは、2012 年 11 月 22 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。B2B International 社が実施したグローバル IT セキュリティリスクに関する調査により、たとえ先進国であっても、企業の IT セキュリティ課題に対する意識は総じて低いという結果が明らかとなりました。現在最も早急な対応が必要とされるサイバー脅威ですが、世界各国の企業のうち約 50 % は一般的に認識していない、または効果的な対策をとっていないと回答しています。米国でさえ、その割

2013年1月22日カスペルスキーフィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

2012年度スパムレポート

本リリースは、2013年 1月21日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 Kaspersky Lab のデータによると、E メールトラフィック内のスパムの割合は、2012 年を通して着実に減少し、5 年ぶりの低水準となりました。この年の平均は 72.1% で、2011 年より 8.2% ポイント下落しています。これほど長期的かつ大幅なスパムの割合の減少は前例がありません。スパム量減少の主な理由は、アンチスパムによる保護レベルの向上です。今や無料サービスを含むどのような E

2012年11月2日カスペルスキーフィードバック数:1モバイル

48%のユーザーが休日にスマートフォンを使用

本リリースは、2012 年 8 月 22 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。ワイヤレスによるインターネット接続(セルラーネットワークの使用も含む)のが一般的になるにつれ、デスクトップ・コンピューターの代わりに携帯電話を使用するユーザーが急増しています。Kaspersky Labの依頼を受けてO+K Research社が2012年5月に実施した調査によると、iPhoneユーザーの17%、Blackberry ユーザーの7%、そしてその他のスマートフォンユーザーの48%が

2012年9月14日カスペルスキーフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

ユーザーの62%が個人情報を守るために最高のセキュリティを求めている

本リリースは、2012 年 7 月 2 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 ITセキュリティソリューション市場では、PC用の普遍的かつ専門的なアンチウイルスソフトウェアを提供しています。しかし、その理想的な保護技術を選択する機会を与えられても、ユーザーの62%は個人情報やビジネス情報の流出を防ぐために最高の保護を求めるでしょう。これはHarris Interactive 社が2012年2月から3月にかけて実施した調査から分かった重要な結果のひとつです。この調査によると

2012年8月15日カスペルスキーフィードバック数:10セキュリティ/ネットワーク

ユーザーの33%がセキュリティの弱いモバイル端末に個人文書を保存している

本リリースは、2012 年 5 月 21 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 ユーザーは自身のデータのほとんどをパソコンに保存していますが、より多くの人々が個人ファイルをスマートフォンやタブレットに移行しつつあります。しかしながら、これらの端末はパソコンよりも明らかにセキュリティが弱い傾向にあり、これらの端末に情報を保存する事は非常に大きなリスクを抱える事になります。この傾向は、Harris Interactive社が世界中の約9,000人のユーザーを対象に2012年

2011年8月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「グローバル IT セキュリティリスク」に関する調査結果の第 3 弾

~数字で見るセキュリティ:72%の企業がソーシャルネットワークサービスへのアクセスを制限~本リリースは、2011 年 7 月 14 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 Kaspersky Lab がビジネス調査を専門にするグローバル調査会社 B2B International と共同で実施した「グローバル IT セキュリティリスク(Global IT Security Risks)」*1に関する調査から、従業員の活動で最も頻繁に制限されている対象が明らかになりました。

2011年7月25日カスペルスキーフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

「グローバル IT セキュリティリスク」に関する調査結果の第 2 弾

~数字で見るセキュリティ: 30 % の企業がサイバー攻撃の標的となっていると実感~本リリースは、2011 年 7 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。 Kaspersky Lab がビジネス調査を専門にするグローバル調査会社 B2B International と共同で実施した「グローバル IT セキュリティリスク(Global IT Security Risks)」 *1 に関する調査から、新たな結果が明らかになりました。ビジネス上で最もよく見られた脅威はマ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ