「LED電球」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年10月10日リサモビフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エコ、節電に関するインターネット調査 2012/9/1

エコ、節電に関するインターネット調査ECO、節電に関するインターネット調査のデータはクロス集計を行うことで、住宅事業者はもとよりプレゼント戦略や景品などの販促グッズとしても効果的なデータ抽出を見込むことが出来ます。調査の主旨本「エコ、節電に関するインターネット調査」は、震災(東日本大震災)から間もなく1年を迎えようとするタイミングでのECOや節電に関する意識調査を行うとともに、太陽光発電の普及やそれらの興味関心に関するデータを収集エコ、節電商品について興味をお持ちの商品をお知らせくださいLED電

2011年12月8日マイボイスコム★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

LED照明についての調査結果です。

LED電球・照明の利用 震災後の節電対策でLED電球を使い始めた人は、使用者の1割

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへLED電球照明の使用者は28.6%。利用意向は75.1% LED電球は「廊下、階段」「リビング、ダイニング」「トイレ」などで使う。メーカーは「パナソニック」「東芝ライテック」 LED電球を2010年以降に使い始めた人は使用者の7割弱。きっかけは「電球が切れた・交換のタイミング」がトップ LED電球のイメージは「寿命が長い」「消費電力が少ない」「価格が高い」がトップ3 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】

2011年4月21日価格.com★フィードバック数:10製造業/エレクトロニクス

価格コムによる節電に関するアンケート結果です。

ご家庭の節電対策 -あなたの節電方法は?-

まずは、3月に起こった「東日本大震災」による、節電に対する意識の変化について聞いた。まず、震災前の節電への意識であるが、「もともと節電を意識していた」という人が7割を超えており、残る約3割弱の人は、もともと節電の意識が低かったという結果になった。しかし、震災後には、どちらの層についても節電意識が非常に高まってきており、全体の97.2%の人が「節電を意識している」という結果になった。もともと節電を意識していた人の半数以上が「さらに意識が高まった」としている一方で、もともと節電の意識が低かった人の約

2010年5月24日アイシェアフィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

LED電球に関する意識調査

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

2010年1月12日東京電力フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネ型電球への切り替え~電球形蛍光ランプとLED電球~

省エネ型電球への切り替え〜電球形蛍光ランプとLED電球〜

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ