「LINE利用者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

SNS利用に関する実態調査

複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割が、広告に肯定的 SNS利用に関する実態調査複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割が、広告に肯定的~Instagram Stories利用者の7割に、「ライブ動画」の視聴経験~調査結果サマリー複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割は、広告に肯定的複数のTwitterアカウントを持っている人のうち、26.5%が「趣味趣向に合った広告を見ることが多いので不快感は感じない」と答えました。また、「プライベートアカウントとは使い分けている

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム 無料通話・チャット(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間の無料通話・チャット利用者は全体の4割弱。LINE利用者は全体の3割強で、過去調査から増加傾向。利用端末は「スマートフォン/iPhone以外」「スマートフォン/iPhone」が各4割強、「パソコン」が2割。最頻利用無料通話・チャット利用頻度は1日1回以上が直近1年間利用者の4割強、10代の6割 スマートフォンからの最頻利用無料通話・チャット利用理由は「音声通話が無料」が1位。2位以下は、LINE主利用者では「家族や友人・知人が利用

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム SNSの利用(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへSNS利用者は5割強で、過去調査より増加傾向。利用サイトは「LINE」「Facebook」がSNS登録者の各6割、「Twitter」「mixi」が各3〜4割。LINE利用者は過去調査と比べ増加傾向、今後利用したいSNSでも1位 SNS利用者の6割強は毎日アクセス。過去調査よりも利用頻度が高い層が増加傾向。「スマートフォン」でアクセスする人はSNS利用者の7割弱、10・20代の8〜9割。LINE利用者では9割弱 SNS利用場面は「自宅でくつ

2015年8月3日アイブリッジフィードバック数:0マーケティング

SNS(アプリ)に関する意識調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施したSNS(アプリ)に関する意識調査結果。 企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。 SNS(アプリ)に関する意識調査2015年7月24日SNS(アプリ)に関する意識調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国に住む、20歳以上の男女、合計600名を対象に

2015年7月29日ICT総研フィードバック数:0マーケティング

2015年度 SNS利用動向に関する調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 【業界トピックス】 2015年SNS利用率は普及率65%の6,451万人へ、利用率ではLINEが57.5%でトップ【業界トピックス】 2015年SNS利用率は普及率65%の6,451万人へ、利用率ではLINEが57.5%でトップ ■ 日本のSNS利用者は2015年末に6,451万人、2017年末には6,912万人へ拡大■ ネットユーザーに占めるLINE利用率は58%、ツイッター 37%、フ

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム 無料通話・チャット(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間の無料通話・チャットのサービス・アプリ利用者は全体の4割弱で、10・20代で多い。LINE利用者は全体の3割弱、スマートフォン主利用者の6割弱。男性10代、女性10〜20代では7〜8割にのぼる 最頻利用無料通話・チャットアプリ・サービスの利用理由は「音声通話が無料」が1位で、「スマートフォンで使える」「家族や友人・知人が利用」「使い方が簡単」「複数の人とチャットができる」などが続く。iMessage主利用者では「スマートフォンで使

2014年11月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

アプリCMに関するアンケート

アプリのテレビCMの方がストアランキングよりダウンロードの動機になる人は約3割 アプリのテレビCMの方がストアランキングよりダウンロードの動機になる人は約3割アプリのテレビCMの方がストアランキングよりダウンロードの動機になる人は約3割アプリのテレビCMに触れる機会が増えてきたと感じる人は、6割以上調査結果サマリーアプリのテレビCMの方が、ストアランキングより、ダウンロードの動機になる人は約3割「テレビCMは、アプリストアのランキングよりもダウンロードする動機になる」かについて、「あてはまる」と

2014年5月2日マッシュメディアフィードバック数:0マーケティング

学生LINEユーザーの3人に1人が退出したいグループ有り。噂の『通知疲れ』とは?

学生LINEユーザーの3人に1人が退出したいグループ有り。噂の『通知疲れ』とは? 10代~50代のスマートフォンユーザー男女500人に、LINEのグループトークに関する心境調査を行った結果、スマホ社会が生んだ新たな“精神病”の存在に気がつきました。学生のLINE利用者、3人に1人が「退出したいグループ有り」スマートフォンユーザー500人中、LINEを利用している割合は全体で68.8%、学生に限定すると88.7%となりました。さらに、学生のLINE利用者の中でのグループトーク利用率は89.4%、

2014年4月7日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

ビジネスパーソンのコミュニケーションツールに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 約4割のビジネスパーソンが仕事でスマートフォンを利用 約4割のビジネスパーソンが仕事でスマートフォンを利用 MMD研究所は、スマートフォンを所有している20歳~49歳のビジネスパーソン557人を対象に「ビジネスパーソンのコミュニケーションツールに関する調査」を2014年3月28日(金)~3月30日(日)にかけて実施致しました。事前調査にて

2014年4月3日アイブリッジ★フィードバック数:0マーケティング

LINEについての調査です。

LINEに関する調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施したLINEに関する調査結果。企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。LINEに関する調査2014年3月5日LINEに関する調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国400人を対象に、LINEに関する調査を実施いたしました。 調査対象:全国の20〜50代の男女4

2014年2月18日LINE★フィードバック数:0モバイル

LINEが調査を実施しました。

スマートフォンでの音声通話と無料通話アプリ・IP電話/格安通話サービスの利用傾向についての調査

[LINE] LINE、全国のLINEユーザー3,000名に対し、スマートフォンでの音声通話と無料通話アプリ・IP電話/格安通話サービスの利用傾向についての調査を実施2014.02.18LINE 音声通話機能選択の最重視点は「通話料金」“5分未満”の短時間通話は「一般音声通話」、”30分以上”の長時間通話は「無料通話アプリ」用途・対象に応じて「一般音声通話」「無料通話アプリ」を使い分けている傾向が読み取れる結果にLINEの無料通話機能に今後求める機能としては、「LINE利用者以外への発信」LIN

2013年5月30日ICT総研★フィードバック数:16マーケティング

サービスごとの利用状況を見ています。

2013年 SNS利用動向に関する調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 ■ 日本のSNS利用者は4,965万人(普及率52%)、2015年末に6,321万人へ■ スマホユーザーのLINE利用率は54%、フェイスブック47%、ツイッター35%■ 利用者満足度1位はスカイプで75.9ポイント、2位はLINEで74.6ポイント■ LINE利用者の54%がほぼ毎日利用、フェイスブックとツイッターも高い利用頻度■ SNSの価値はコミュニケーションの利便性だが、様々な弊害も目立つ  株式会社 ICT

2013年2月18日ジャストシステムフィードバック数:5マーケティング要登録

シニア男性のライフスタイル調査

PCでインターネットを利用している60代~70代の男性900人に調査シニア男性のライフスタイル調査スマホ・タブレットで何にお金を使い、リアル店舗ではどこでお金を使っているのか調査結果サマリースマートフォン利用者は2割。次の買換はスマートフォンにしたい人が4割セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、スマートフォンの利用について聞いたところ、現在の利用率は19.7%で、「次の買換ではスマートフォンにする」人が40.2%もいることがわかりました。スマートフォンはシニア層の年代でも強い関心があるよ

2013年2月6日ジャストシステムフィードバック数:5マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2013年1月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年1月度) 電子書籍利用者の約3割が「Kindleストア」を利用。モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年1月度)スマートフォン利用者の半数以上が、「LINE」を使用調査結果サマリータブレットPCの所有率が17.4%に上昇最も利用されている電子書籍リーダーは「iPad」(26.8%)電子書籍利用者の約3割が「Kindleストア」を利用。アプリを経由してさまざまな端末で閲覧スマホ利用者の半数以上が、「LINE」を使用株式会社ジャストシス

2012年9月25日ジャストシステムフィードバック数:6モバイル

“SNS化後”のLINE利用者実態調査

LINEのSNS化に対する利用者の意外な本音が明らかに“SNS化後”のLINE利用者実態調査現時点では、6割以上のLINE利用者が、既存機能を中心に利用調査結果サマリー現時点では、既存機能を中心に利用するユーザーが6割以上セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、LINEが続々とリリースしている新機能の認知度や利用経験・頻度を聞いたところ、自分の活動状況の投稿や友だちの近況の確認を行える「ホーム」「タイムライン」の閲覧は、現時点では、ともにLINE利用者の6割以上が使っていない状況で(「利用

2012年9月13日ライフメディア★フィードバック数:7モバイル

話題のLINEについての調査です。

LINEに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイトLINEに関する調査。最もよく使われているのは音声通話ではなく「トーク」。 LINEに関する調査。最もよく使われているのは音声通話ではなく「トーク」。2012年9月 5日 ■テーマ:LINEに関する調査■有効回答:3706件(うちLINE利用者1163件)■調査期間:2012年8月22日から8月23日■対象者:スマートフォン利用者■キーワード:LINE,iPhone,Android,SNS,コミュニケーションアプリ無料音声通話などで人気のコミュニケーション

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ