「LNG輸入」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年4月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

2013年度の原油・LNG輸入額の増加は円安が主因-数量要因による押し上げは、今後も限定的にとどまる見込み

2013年度の原油・LNG輸入額の増加は円安が主因-数量要因による押し上げは、今後も限定的にとどまる見込み

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(1)~原発停止で4兆円赤字拡大

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易収支赤字の要因①~原発停止で4兆円赤字拡大原発停止は2013年のエネルギー輸入金額を4兆円程度押し上げ ◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、比較可能な中で過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第1弾である。◆原発が停止してから、火力発電への依存度は急速に高まり、液化天然ガス(LNG)の輸入量が急増した。さらに、LNG調達の急増は、スポット取引の増加を通

2013年3月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本への影響を解説しています。

シェール・ガス革命の見方(産業界への影響と日本への示唆)

今月のトピックス No.186-1(2013年2月19日)シェール・ガス革命の見方(産業界への影響と日本への示唆)1.はじめに米国発のシェール・ガス革命(※)は、さまざまな観点から注目を集めている。本稿ではシェール・ガス革命の全体像を時系列とともに整理し、米国での天然ガス供給増加といった側面だけではなく、米国産業界への影響分析を通して、日本企業へのインプリケーションを考察していくこととしたい。<本稿で触れるポイント>①米国天然ガス市場の動向、天然ガス貿易収支への影響②日本のLNG(液化天然ガス)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ