「LNG輸出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

豪経済に新たな原動力『LNG(液化天然ガス)』

豪経済に新たな原動力『LNG(液化天然ガス)』■ 『鉄鉱石』と『豪ドル』に底入れ感オーストラリアの輸出構成比率(2013年)のトップ3は『鉄鉱石26.5%』『石炭15.2%』『LNG6.0%』である。輸出全体の4分の1を占める鉄鉱石の価格変動は『豪ドル』相場に大きな影響を与える。昨年来、最大消費国である中国の景気減退から鉄鉱石価格が下落、『豪ドル』も連れ安となった。中国は昨年来、鉄鉱石の在庫削減に取り組んでいる。ブラジル鉱山会社ヴァーレ社CEOは6月10日の講演で『中国は深刻化す

中間選挙後の米国エネルギー政策

平成26年度第8回海外石油天然ガス動向ブリーフィング中間選挙後の米国エネルギー政策平成26年11月21日ワシントン事務所事務所長 村松秀浩1本日の話題••••••1.米中間選挙2.(1)LNG輸出⇒ (2)コンデンセート輸出⇒ (3)原油輸出3.クリーン発電計画(Clean Power Plan)/石炭4.再生可能エネルギー5.原子力6.外交21.米中間選挙(1)共和党民主党上院定数合計100議席(50州×2)改選前45名53名(無所属2名)中間選挙後53名(+8名)46名(▲7名)(ルイシ

2014年4月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シェール革命後の北米のエネルギー需給からみた天然ガス輸出シナリオの定量的検証

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y13023 タイトルシェール革命後の北米のエネルギー需給からみた天然ガス輸出シナリオの定量的検証A Quantative Examination of Natural Gas Exports from North America Over the Shale Gas Revolution 概要本報告書では、米国、カナダを合わせた北米のエネルギー需給、天然ガス輸出に関するシナリオを整理し、米国を中心に北米におけるエネルギー需給動向の変

豪州の鉱業の状況について

平成25年度第7回金属資源関連成果発表会豪州の鉱業の状況について平成25年12月2日JOGMEC シドニー事務所伊藤 浩1目次・ 政権交代による制度変更・ 豪州の資源ブームは?(昨年の状況)・ 豪州の鉱業の特徴・ 鉱物資源価格・ 鉱業分野の投資額:民間投資額、探鉱投資額:主要な資源・エネルギー・プロジェクト投資額・ 鉱業輸出:輸出額(収益額)、輸出量・ 豪州の資源ブームは?2政権交代による制度変更◆2013年9月、連邦議会選挙(下院全数、上院半数改選)実施。◆保守連合(自由党・国民党)が6年ぶり

シェールガスについてのレポートです。

シェール革命と米LNG輸出

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ