「MBS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月6日参議院フィードバック数:0社会/政治海外

米国「量的緩和政策」終了

経済のプリズムコラム No4日銀の「出口戦略」の参考になるか?米国「量的緩和政策」終了(問)米国連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和政策第3弾(QE3)を 2014年 10 月末に終わらせたそうですが、そもそも量的緩和政策とは何ですか。(答)大量の通貨量を供給することを目標とする金融緩和政策のことです。通常、中央銀行の金融緩和政策は、政策金利をターゲットにして金利引下げを行うのですが、近年の先進国では金利がゼロに近づき、これ以上の引下げができなくなったことから、日本、米国、英国、欧州で採用され

足踏み状態が続く米国の住宅市場~持ち直しの兆しがみられ、先行きはやや回復へ~

分析レポート海外経済金融足 踏 み状 態 が続 く米 国 の住 宅 市 場∼持 ち直 しの兆 しがみられ、先 行 きはやや回 復 へ∼木村軟調な住宅市場図表1 住宅販売件数の推移(年率・百万件)米国の住宅市場は、俊文(%)95013 年半ば以降、回復40←前年比(右目盛)8の動きが弱まり、年30新築住宅明け以降、足踏み状72010態となった。以下で60は、住宅販売や着工の動向を概観した後、5住宅市場が停滞した4▲ 10中古住宅▲ 20▲ 30要因を整理するとと302/04もに、先行きを展望してみ

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3減額には13年後半の成長率加速と持続性の確認が必要に(13年7月30、31日FOMC) ~成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な意見が増加している模様~

Fed Watching米国 QE3減額に減額には13年後半13年後半の年後半の成長率の成長率の加速と加速と持続性の持続性の確認が確認が必要に必要に(13年7月30、30、31日31日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20132013年7月31日31日(水)~成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な意見が増加している模様慎重な意見が増加している模様~意見が増加している模様~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ