「MLA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2014年12月のフィードロット飼養頭数、過去最高の96万5000頭(豪州)

豪州フィードロット協会(ALFA)は2月16日、豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)と共同で、全国フィードロット飼養頭数調査の結果(2014年10〜12月期)を公表した。これによると、2014年12月のフィードロット飼養頭数は96万4968頭(前年同期比19.1%増、前回調査比6.3%増)と、これまでの記録(94万97頭:2006年6月)を上回り、過去最高となった。同時に、収容能力に飼養頭数が占める割合を示すフィードロット稼働率も84%と、前回調査(同年9月)時点から4ポイント上昇し、過去の記録を

2014年11月18日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014年9月のフィードロット飼養頭数は、史上3度目となる90万頭台(豪州)

豪州フィードロット協会(ALFA)は11月11日、豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)と共同で、全国フィードロット飼養頭数調査結果(2014年7〜9月期)について公表した。これによると、継続する干ばつと海外市場からの高まる需要を反映し、2014年9月のフィードロット飼養頭数は90万8118頭(前年同期比15.3%増、前回調査比7.4%増)となった(図1、表)。90万頭台となったのは2006年12月以来であり、史上3度目のことである。また、稼働率も、2006年12月以来の80%台となった。ALFAは

2014年8月21日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度の生体牛輸出頭数、過去最高を更新(豪州)

豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)が8月15日に公表した生体輸出統計によると、2013/14年度(7月〜翌6月)の生体牛輸出頭数は113万3456頭(前年度比78.9%増)と、過去最高を更新した(図)。国別では、最大の輸出先であるインドネシア向けが前年度から2.3倍の62万4749頭となった他、ベトナム向けが13万1367頭(同8.3倍)、イスラエル向けが10万8053頭(同60.7%増)、中国向けが9万4211頭(同59.0%増)、マレーシア向けが5万5438頭(同43.8%増)、ロシア向けが

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ