「MRC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年2月20日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から

ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年1月度)ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から7割以上に、Eコマースの「かご落ち」をした経験あり調査結果サマリーECで「かご落ち」する理由、1位は「送料や手数料が高かったから」直近1年間で「かご落ち」をしたことがある人に、その理由を聞いたところ、最も多くの人から挙がった理由は「送料や手数料などが高かった」でした(35.8%)。次いで、「選べる支払い方法が少なかった」「

2017年2月18日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】

カーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視 シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】カーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視~6割以上が民泊サービスを「安全だとはいえない」と評価~調査結果サマリーカーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視個人間カーシェアリングサービスを利用したことがある人は3.4%でした。利用経験者のうち「オーナーとして自動車の提供をしたことがある」という人は55.3%でした。自動車提供時に重視すること

2017年1月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2016年度総集編

2016年、LINE利用率が6割超で、YouTubeに迫る。インスタ認知率も9割 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2016年度総集編』2016年、LINE利用率が6割超で、YouTubeに迫る。インスタ認知率も9割2016年の全調査を統合した365ページのレポートを無料提供調査結果サマリーLINEの利用率が6割を超え、YouTubeに迫る。Instagramも認知率が約9割にSNSで最も利用率の伸びが大きかったのは「LINE」でした。1月度調査では47.3%だったのに対し、12月度調査

2016年8月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

若者に聞く!関係性の違いによる「SNSの使い分け」に関する実態調査

女性は趣味が合う相手はもちろん、”興味がある相手”でも「Instagram」 若者に聞く!関係性の違いによる「SNSの使い分け」に関する実態調査女性は趣味が合う相手はもちろん、”興味がある相手”でも「Instagram」よく知らないうちは「Twitter」、本音が話せる相手には「LINE」調査結果サマリー女性は相手と趣味が合えば合うほど「Instagram」を交換女性は、相手と趣味や趣向がとても合う場合は「Instagram」を利用する割合が12.8%に対し、趣味や趣向が全く合わない場合は「In

2016年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマホネイティブ世代が常識を駆逐する!?知らないうちにアナタのライフスタイルも”変化”していますよ!

【衝撃の事実】パソコン離れにテレビ離れ。スマホネイティブ世代はマーケティング担当のシゴトをどう変えるのか?【衝撃の事実】パソコン離れにテレビ離れ。スマホネイティブ世代はマーケティング担当のシゴトをどう変えるのか?(この記事は2016年12月14日に更新されています。)【記事要約】私たちの身近な存在となった「スマートフォン」。この記事では、スマホがワカモノのライフスタイルに与えた影響について紹介し、また渦中にいるスマホネイティブ世代を中心に、スマホの利用率や消費行動などの独自調査を交えながら「これ

2016年7月24日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリに関する実態調査

圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持 企業アカウントのフォローが多いSNSアプリは1位「LINE」、2位「Twitter」圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持3人に1人が、災害時のライフラインアプリとして「LINE」が最も必要調査結果サマリー5年後も継続利用していると思うアプリは「LINE」で、4割が支持5年後も引き続き利用していると思うアプリとして、「LINE」を挙げる人が最も多く(38.0%)、次いで「Twitter」(3.4%)、「Y

2016年5月10日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】 約半数が「スマホを使うようになって、テレビの視聴時間が減った」スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】スマホ利用前と比べ、3割以上が「紙のチケットを利用しなくなった」調査結果サマリー約半数が、スマートフォンを利用するようになって「テレビの視聴時間が減った」スマートフォンを利用するようになる前と比べて、視聴時間が減ったメディアは「パソコン」と回答する人が最も多く(52.3%)、次いで「雑誌」(50.6

2015年3月5日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

「タクシー配車アプリ」の利用に関する調査

タクシー配車アプリの利用に関するアンケート 「タクシー配車アプリ」の利用に関する調査タクシー配車アプリの利用に関するアンケート首都圏のタクシー利用者のうち、約2割が「スマホアプリ」から配車依頼の経験あり調査結果サマリー首都圏のタクシー利用者のうち、約2割が「スマホアプリ」から配車依頼の経験あり首都圏在住で直近1年間にタクシーを利用したことがある人のうち、16.3%が「スマートフォンのタクシー配車アプリから、依頼したことがある」と回答しました。「タクシー配車アプリ」使用経験者のタクシー利用頻度を見

2015年3月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

レシートに関する調査

レシートクーポンは、クロスセルに繋がるか? 約6割が、レシートクーポン経由で、商品認知した経験ありレシートクーポンは、クロスセルに繋がるか?半数以上が、「レシートクーポンは他店に行く動機になる」調査結果サマリークロスセルに効果的。半数以上が、「レシートクーポンは他店に行く動機になる」レシートに別業種の他店の商品クーポンが付いていた場合、「商品・サービスを購入するか分からないが、他店へ行った経験がある」人は12.7%、「商品・サービスを購入するか分からないが、他店へ行く動機にはなる」人は45.7%

2014年7月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

スマートフォン広告に関する調査

今、話題のネイティブ広告は、「騙された気分になる」 スマホユーザーに受け入れられやすいのは、画面下部の「定番広告」今、話題のネイティブ広告は、「騙された気分になる」広告のミスクリックを誘導していると感じた場合、約2割がそのアプリを削除調査結果サマリー今、話題のネイティブ広告は「騙された気分になる」ネイティブ広告のクリック経験があるユーザーに、ネイティブ広告は騙された気分になるかを聞いたところ、46.9%が「あてはまる」、30.4%が「ややあてはまる」と回答し、約8割のユーザーが騙された気分になっ

2014年2月24日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

消費税に関する調査

消費増税による支出控え、「それほどではない」が約7割 増税で支出を控えるのは1位「外食」、2位「洋服・ファッション」消費増税による支出控え、「それほどではない」が約7割約半数の人が、消費税8%に慣れるのに「半年を必要としない」調査結果サマリー約7割の人は、消費増税後も、それほど支出控えをしないセルフ型ネットリサーチのFastaskの調査において、消費増税による支出控えについて聞いたところ、「支出は控えようと意識はするがそれほどではない」が65.4%、次いで「あまり支出を控えようとは思わない」が1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ