「MSCI」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」 ■ROEとは、株主の持分である自己資本に対する利益率を指し、どれだけ効率よく利益を上げているかを株主の目線で見た指標です。ROEは株式投資において以前からたびたび注目されていましたが、それでも「数ある株価指標の中の一つ」という感がぬぐえませんでした。 ■昨今のROE重視の動きは、政府による様々な働きかけを伴う点で、これまでとは大きく異なっています。例えば、政府は「日本版スチュワードシップ・コード」やコーポレートガバナンス・コードの導入など、さまざまな

2015年3月22日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

RRPIマンスリーレポート2015年3月号

われわれの日常生活において欠かすことのできない「住まう」ことに対する経済的な対価。つまり、住宅価格や住宅賃料の動きを適切に把握したいという潜在的な需要はきわめて大きなものがあります。さらに、近年急速に発達しようとする不動産金融市場においては投資判断のベンチマークとなる価格インデックスに対する需要が年々大きくなってきました。そこで(株)リクルート住まいカンパニーは、住宅市場の透明度を高め、住宅市場が活性化し、よりよい住環境の創造を促進することに少しでもお役に立てるよう住宅市場の動向を適切に把握でき

Market eyes No.117【新しい株価指数『JPX日経インデックス400』】

情報提供資料2014年1月14日No.117新しい株価指数『JPX日経インデックス400』¾1月6日、日本株式に新しい株価指数が誕生した。日本企業は歴史的に株式持ち合いの比率が高「日本取引所グループ(JPX)」と「日本経済新聞社」かったため、株主に対する意識が薄かった。そして、が共同開発した『JPX日経インデックス400』である【図【図バブル崩壊後は景気低迷やデフレ経済の影響から、表1】。新指数は東証上場銘柄から『ROE(株主資表1】企業は利益成長のための投資に消極的であった本利益

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ