「Maru-Jan」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月12日シグナルトークフィードバック数:0エンタテインメント

オンライン麻雀が脳の認知機能に良い影響を与える可能性

ニュースリリース 2014年9月12日日本初、オンライン麻雀が脳の認知機能に 良い影響を与える可能性について学会で発表株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文 所在地:東京都大田区)は、同社サービスのWeb上で脳の認知機能を測定できる「脳測」(のうそく)を使って、オンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)を日常的にプレイしている男女「484人」を対象に、脳の認知機能との相関関係について2013年5月~7月に検証を行い、「視覚性注意力(物事を処理する際に、視覚情報に注意をする能力)」「短

2013年11月28日シグナルトークフィードバック数:0エンタテインメント

Maru-Jan×脳測調査分析レポート

Maru-Jan×脳測調査分析レポート2013.10.25 樋田大二郎(青山学院大学教授)、五藤博義(レデックス認知研究所 所長)前回の分析(橋本&五藤)は、脳測の得点と、年齢及びMaru-Janの利用状況の関係について主に調べたが、今回は利用者の属性(職業、生活習慣:アンケート結果)と脳測の得点の関係について調査を行った。 ●結果とその解釈1.全体クラスタ分析を行ったが、全体がひとつのクラスタ(同一の傾向をもつ人の集団)という結果になった。今回の参加者は、Maru-Janの最近1年間の取組回数

2012年6月19日シグナルトークフィードバック数:4エンタテインメント

一緒に麻雀を打ちたい有名人ランキング

一緒に麻雀を打ちたい有名人ランキング 第1位は人気フリーアナウンサー高島彩さん 株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、運営するオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」の会員ユーザーを対象にアンケート調査を実施いたしました。その中で、特に「Maru-Jan」のサービス開始から八周年ということで、一緒に麻雀を打ちたい有名人を聞きましたところ、麻雀好きとして知られる俳優の萩原聖人さん、タレント明石家さんまさん等を抑えて、元フジテレビアナウンサーで、現在はCM等でも活躍されてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ