「NEDO」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日本における風力発電設備・導入実績

「日本における風力発電設備・導入実績」を公表―2017年3月末時点の風力発電設備導入量の情報を提供― 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長 古川 一夫 NEDOは、2017年3月末時点の風力発電設備・導入実績を公表しました。それによると、2017年3月末時点の設備容量は前年度比7.8%増の約336万kW、設置基数は同5.0%増の2,203基となりました。2016年度単年度では、設備容量約24万kW、設置基数105基の風力発電設備が導入されたことになります。なお、これらの数値は

市場データです。

「日本における風力発電導入量の推移」速報版

「日本における風力発電導入量の推移」速報版の公開NEDOは、日本国内における風力発電設備の導入・撤去に関する定期的な導入実績調査を1990年度から行い、2013年度末までの調査結果を下記のページにて公開しています。この度、2014年度末までの導入実績調査を完了しましたので、速報版として、各年度における総設備容量と総設置基数の推移をグラフに取りまとめました。下記リンクよりご覧ください。2014年度末までの総設備容量は約293万kW、総設置基数は2,034基となっています。前年末と比べ、総設備容量は

NEDOのレポートです。

NEDO水素エネルギー白書

NEDO水素エネルギー白書情報を更新しました書籍版の案内を追加しました。また、PDF版を一部修正し、差し替えました。主な更新箇所・FCVの国内一般販売開始に関する情報を反映しました(全体)。・図表の体裁を統一しました(全体)。・主な自治体の取り組み情報を更新しました(2-2-5)。・フランスの取り組みを新たに追加しました(3-1-5)。 NEDOは、将来の水素社会の実現に向け、水素エネルギーに関する社会の理解を一層深める観点から、「NEDO 水素エネルギー白書」を取りまとめました。白書では

2014年7月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

熱中症予防強化月間に考える節電行動

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 政府は2013年から、7月を「熱中症予防強化月間」と設定して、熱中症対策の周知に努めている。熱中症の正しい知識と予防・対処法や、暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)に関する情報提供などを行っている。一方、今夏は原発が1基も稼働しないと予想されていることや、原発の代わりとなる古い火力発電所などをフル稼働させざるを得ないギリギリの状況であることなどから、政府は引き続き節電するよう求めている(図表1)。熱中症

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ