「NHKテレビ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月1日中央調査社★フィードバック数:0マーケティング

新聞を中心とした調査です。

第7回「メディアに関する全国世論調査」(2014年)結果の概要

■「中央調査報(No.688)」より ■ 第7回「メディアに関する全国世論調査」(2014年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2014年9月に「第7回メディアに関する全国世論調査(2014年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,270人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

2014年7月1日NHK★★フィードバック数:0マーケティング

教師のメディア利用についての調査です。

メディア変革期にみる教師のメディア利用

メディア変革期にみる教師のメディア利用~2013年度「NHK小学校教師のメディア利用に関する調査」から~NHK放送文化研究所では、全国の小学校現場におけるメディア環境の現状を把握するとともに、放送・ウェブ・イベントなどNHK教育サービス利用の全体像を調べるために、「小学校教師のメディア利用に関する調査」を実施した。この調査は、1950年から2012年まで定期的に行ってきた、学校を単位とする「学校放送利用状況調査」にかえて、教師個人(1~6年生の担任)を対象として実施したものである。テレビ受像機や

2014年3月2日中央調査社★フィードバック数:0マーケティング

新聞中心です。

第6回「メディアに関する全国世論調査」(2013年)結果の概要

■「中央調査報(No.676)」より ■ 第6回「メディアに関する全国世論調査」(2013年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2013年9月に「第6回メディアに関する全国世論調査(2013年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,297人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

2013年4月2日中央調査社★フィードバック数:9マーケティング

メディアの利用や信頼性についての調査です。

第5回「メディアに関する全国世論調査」

■「中央調査報(No.665)」より ■ 第5回「メディアに関する全国世論調査」(2012年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2012年9月に「第5回メディアに関する全国世論調査(2012年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,404人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ