「NIES」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2015年5月) ~中国の「7%成長」のハードルは高いが、全般的に底堅い景気拡大は続く~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2015年5月) ~中国の「7%成長」のハードルは高いが、全般的に底堅い景気拡大は続く~

2015年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2015年2月) ~概ね原油安の恩恵を受けるなか、堅調な景気拡大が続くであろう~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2015年2月) ~概ね原油安の恩恵を受けるなか、堅調な景気拡大が続くであろう~

2014年11月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年11月) ~世界経済の緩やかな回復に伴い、過去には及ばずも堅調な景気拡大が続く~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年11月) ~世界経済の緩やかな回復に伴い、過去には及ばずも堅調な景気拡大が続く~

2014年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年8月) ~先進国主導の景気拡大は追い風だが、リスクを抱えたまま離陸の模様~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年8月) ~先進国主導の景気拡大は追い風だが、リスクを抱えたまま離陸の模様~

世界景気インデックス「5月 NIEs・中国が悪化、アジアは09年7月以来の『嵐』へ」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は1.8ポイント改善――ほぼ世界全域で回復茂木洋之・日本経済研究センター研究本部国際アジア研究部研究員兼予測分析部研究員1月の世界景気インデックスは前月比1.8ポイント高い▲2.7だった。天気は雨のままだった。ほぼ世界全域で回復、特に日米欧の先進国とロシア・ブラジルの資源国の回復が目立った。輸入や生産が伸びた地域が多く、

2014年5月16日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治海外

アジア圏の経済見通しです。

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年5月) ~高外需依存国を中心に景気回復は進むが、その勢いは近年に比して乏しい~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年5月) ~高外需依存国を中心に景気回復は進むが、その勢いは近年に比して乏しい~

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「アジア」にみえる勢いの差とその背景 ~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート「アジア」にみえる勢いの差とその背景~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~発表日:2014年4月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界経済では先進国の景気回復の一方、新興国は一時の勢いを失いつつある。一方、アジアではNIESやASEANの一部など外需依存度の高い国々を中心に景気は勢いを取り戻しつつある。これらの国も昨年半ば以降の国際金融市場の動揺の影

2014年2月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年2月) ~経済構造が景気の勢いに差を生み、跛行色が強まると予想される~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年2月) ~経済構造が景気の勢いに差を生み、跛行色が強まると予想される~

2013年11月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NIES諸国に忍び寄るディスインフレ圧力 ~景気低迷や負の需給ギャップに加えて、不動産市況の行方にも注意が必要~

NIES諸国に忍び寄るディスインフレ圧力 ~景気低迷や負の需給ギャップに加えて、不動産市況の行方にも注意が必要~

2013年5月17日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年5月) ~アジアの経済成長の軸は東アジアから東南アジアに一段とシフト~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2013年5月) ~アジアの経済成長の軸は東アジアから東南アジアに一段とシフト~

2013年4月12日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

回復に転じた中国の輸入

No.2013-0032013年4月12日http://www.jri.co.jp回復に転じた中国の輸入― 投資財比率が高い日本からの輸入は低迷 ―(1)中国では、2012年末から輸入の増勢が加速(図表1)。景気対策により、景気が持ち直しに転じたことが背景(図表2)。(2)もっとも、地域別にみると大きな違い。NIEsやASEAN、米国などからの輸入は急増しているものの、日本とEUからは弱含み(図表3)。これは、足元の回復パターンを反映した動き。すなわち、固定資産投資の抑制スタンスが続くなか、投資

2013年3月19日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

中国・アジア経済持ち直し、リスクは14年に

リサーチ TODAY2013 年 3 月 19 日中国・アジア経済持ち直し、リスクは14年に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は『みずほアジア・オセアニア経済情報』を発表した1。今回は、アジア地域全般の見通しを上方改訂した。それに先立ち我々は『内外経済見通し』の改訂版を発表しているが2、そのリポートにおいても指摘したように、この上方改訂は中国を中心に世界経済の改善を受けた面が大きい。2012年10~12月期は、公共投資の拡大や在庫調整の進展等を背景に中国の景気が加速した。

2012年1月24日内閣府フィードバック数:2社会/政治

輸出の動向

今週の指標 No.1020 輸出の動向ポイント2012年1月23日輸出数量指数(季節調整済、対世界)は、東日本大震災(以下、震災)による減少後、持ち直しの動きが続いていたが、10月から3か月移動平均で減少に転じている(図1)。本稿では、いかなる要因でこのような輸出の鈍化が生じているのかを検討・整理する。まず、輸出数量全体の動きを概観すると、欧州金融不安の影響を受けたEU向けの急激な減少、中国における市況の悪化による中国向けの減少、円高の影響、タイの洪水被害の影響によるASEAN向けの減少が大きく

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ